メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「田勢康弘の週刊ニュース新書」は眠たくなる
田勢康弘の週刊ニュース新書(テレビ東京)
長年、新聞記者をされてきた田勢さんの番組。
土曜の午前11時~の1時間の生放送の報道番組ではあるが、位置づけとすれば、大物政治家を中心に、いま注目の人を毎回生ゲストに読んで、お話を聴くコーナーが前半

後半は、特集(おもに経済ニュースの特集VTR。最近は、セブンイレブンの値下げ販売の闇についての独自取材を、シリーズで取り上げている)、そして、今週1週間の出来事をボードで取り上げ、また、日経ヴェリタスの記事からピックアップして紹介するコーナー、報道スタジオからの最新ニュース、エンディングは田勢さんのあとがき(コラム)と続く。

まさに、「報道2001」「サンデープロジェクト」のテレビ東京版といったところだろうか。

ただ、それらの番組と絶対的に違うのが、このニュース新書、とにかくゆったり、のんびり感を大切にしている。

セットも、大人の男の大きな書斎のようで。
出演者は、田勢さんと、大江真理子アナウンサーの2人

なにより、このセットには、一匹の猫が放たれている。
番組の顔「まーご」
このまーごが、どんな大物政治家が来ても、おかまいなしに、テーブルや部屋を歩いたりしている。
先週の中田・横浜市長が出演したとき、中田さんはまーごを気に入ったのか、タイトルバックの時、まーごの話を、司会の2人としてるようだった。ちなみに、スタジオに猫を自由に放ってみようというアイデアは田勢さんのアイデアらしい。

テーマソングも、ジャズだったり。

大人のニュースショーという、コンセプトのまま。

テレ東だからこその力の抜けようです。


ただ・・・個人的には、あの田勢さんの、ゆっくりした、なんとも低い語り口は、
土曜の午前としては、とにかく眠たくなる・・・
田勢さん自身のお顔も、どことなく眠たそうな。

抑揚の激しい田原総一郎さんとは、まったく対照的です。

田勢さんも、ときに厳しいことを言うけれど、厳しく感じない、あの眠たくなる語り口は、いいような悪いような・・・

(以前、田勢さん、男子高校生が女子高校生を刺殺したニュースの時「高校生は恋愛してはいけない法律を作るべき」と一蹴していたのが印象的でしたが)
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-10 00:16 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 「敗犬女王-My Queen」... 桑田佳祐の音楽寅さん「声に出し... >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧