メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
民放各局・衆院選選挙特番を見比べてみる
○日本テレビ系
ZERO×選挙2009第1部=24・7%
ニュースZEROのフォーマットに、島田紳助が加わった形。1時間遅れで放送スタート。
今回、この番組が視聴率トップとなった。24時間テレビ32愛は地球を救うで、イモトアヤコさんが、放送時間内にゴールしなかったのが、幸いして、視聴者がそのままここにとどまって、ゴールシーンを楽しみにしていたことが影響したみたいです。ただ、ゴールシーンは、生中継とはならなかった。キャスターとして嵐の桜井くんも出演していましたね・・・島田紳助さんがいる意味って、あったのだろうか?と、ちょっぴり想った。



○テレビ朝日系
選挙ステーション2009第2部=12・0%
民放で、もっとも早く19時56分にスタートした。
毎回、番組冒頭に、田原総一郎さんがいたような気がして、20時ジャストの予想議席数発表のとき、コメントしていた気がしたが、今回は、古館さんと赤江さんの司会がメインで、冒頭に、田原さんはいなかった。
テレ朝は、とくに事前CMに力いれていて、各ニュース・情報番組でひっきりなしに流していた。あからさまに朝日新聞との協力で、どこよりも早く、正確な出口調査による獲得議席数を出すということをアピール。
さすがに、安定した内容だったと思います。
深夜の討論の部になったら、田原さんが登場した。ただ、やはりこの人の「自民党びいき」はあからさまでしたが。冒頭から、「民主党は勝ちすぎ!」「勝ちすぎで、鳩山さんも小沢さんも、戸惑っているはずだ」「日本の国民はこれでいいのか?」と言い放っていた。こうした報道番組のアンカーが、自民党のある議員の応援に行ったりとか・・・これはどうなのだろうと、ちと疑問に思うものだが。田原さんではないけれど、堂々と、企業のテレビCMに出演するキャスターも、やはり同じように疑問に思っている。



○TBS系
乱!総選挙2009・第2部=9・5%
意外と、数字取るかなぁって想っていたのに・・・特設セットも、とても豪華でしたし。ビートたけしさんも出演していたのもあって。キャストで数字を取るのがTBSっていつも思っていた。(以前、久米+筑紫というのもびっくりのキャストの選挙特番もあったが)
小林麻耶さん、安住さんのコンビよりも、その後にバトンタッチした、田丸美寿々、杉尾秀哉のコンビのほうが、やっぱり安心してみることできた気がします。各議員との中継のやりとりなんかも含めて。
番組冒頭の、オープニング(いままでの日本の政治の歴史を振り返る長い映像)は、ドラマチックに見せる演出としては、なかなかでしたが。



○フジテレビ系
FNNスーパー選挙2009 審判の日=8・5%、
前回、視聴率トップだったフジテレビ系。ここ最近は、フジテレビのバラエティをそのまま使った演出が目立つ、バラエティ色というか、演出過多の構成が目立つ。たしかに若い人などには、見やすいかもしれないが。今年も、ザ・ベストハウス123を模して、麻生さんや鳩山さんなどの、ちょっとした秘蔵映像やトリビアを、紹介していた。この局で唯一楽しみなのは、はやり三宅久之氏がコメンテーターで座っていることかもしれない。この人のコメントは、生で聞きたいものです。・石原良純さんが司会で登場していたから、その特権で、父上の都知事と中継してコメントやりとりしていた。「自民党は自業自得だ」とバッサリ。
セットも、報道番組とは思えない感じで、三宅さんや桜井よし子さんとか、浮いている印象も受けた。



○テレビ東京系
TXN総選挙特番・ニッポン戦略会議~あすへの提言=2・4%
今回は、とくに政権交代という注目度の高い総選挙だったということで、放送開始時間を他局と合わせてきた。
テレ東の選挙特番恒例のドラマも、今回はなし。
司会は、ワールドビジネスサテライトの小谷真生子さん、週刊ニュース新書の田勢康弘さん、池上彰さん(テレビ東京というより、BSジャパン「20世紀を見に行く」でおなじみということでの起用だろう)
系列局が他局より少ないということで、全国の選挙事務所での中継というのはとても少なく、また、番組自体は今回、戦略会議=討論スタイルとなっているので、ライブ感には、他局より欠けるところはあった。しかし、きちんと当選速報は、随時表示されていたし、各党本部の中継ももちろんつながれていたので、最新の情報を得ることに困ることはないのだが
猪瀬直樹・東京都副知事、姜尚中さん、 塩川正十郎さん、竹中平蔵さん、田中均さんら、
会議のメンバーとの討論は、他局とは一線を画していて、オリジナリティーはあったと思います。
なかなかこのメンバーのやりあいはおもしろかった。
鳩山さんの記者会見の生中継のあとだったか、いつもは抑揚のない語り口の田勢康弘さんが、会見場の記者に怒っていたのは、印象的でした。まったく質問しようとしない、おとなしい記者たちに、「記者がこんななさけないようじゃだめ。もっと鋭く突っ込んで聞けないのか」「政権交代とともに、今後は、マスコミも、意識改革していかないと全くだめだ」と。
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-31 20:27 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 24時間テレビへのちょっとした違和感 派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧