メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
坂の上の雲・第1話~壮大なスケール感だけでも評価できる
坂の上の雲 第1話

NHKのスペシャルドラマ。制作費は数十億円とも言われ、3年間かけて放送される。司馬遼太郎による長篇歴史小説が原作。

正直ね、最初は、かなりお堅いドラマになるんじゃ?歴史考証の映像など織り交ぜながら・・・って思ってみましたが、比較的見やすい構成になっていた。第一回の登場人物が単純明快だったからかもしれない

秋山真之らの、少年時代・松山の地から、物語は始まる。
秋山真之(本木雅弘)、秋山好古(阿部寛)、正岡子規(香川照之)の3人が軸となるのだろう。それに、正岡律(菅野美穂)をはじめとする、超豪華なキャストが、今後脇を固める

1回90分という長い放送時間を感じさせないクオリティーを感じました。
ストーリー・脚本以上に・・・

とにかく、壮大なセットを組んだり、ロケを多様したり、半端じゃないエキストラを登場させたり
なにからなにまで豪華なのがわかる。
ラストシーンの、イギリス戦艦のシーンも、わざわざ巨大な船のセットを海に組んだのだろうし、外国人のエキストラもたくさん。どのシーンも、きちんとロケをして、リアリティを追究しているのがすごく伝わりました。それだけで、満足させられますね。まさに映画並み、いや、映画以上のものがあります。

渡辺謙さんが、ナレーションというのも、もったいないくらい。

今後、軍・戦争のシーンも数多く登場するのでしょうが、
おそらく、海外での大規模なロケにより、迫力のあるものとなるのでしょう。その点も注目です。そう、テレビドラマでここまでやれるのか!!という意味で。


ラストのサラブライトマンの「Stand Alone」も、おそらく、このドラマのための曲でしょう。(久石譲・小山薫堂の作詞作曲)美しい歌声と、坂と雲を映し出す映像は、とても合っていて、ドラマの最後まで壮大なスケール感を緻密に映像化していると想います。

真之の、生き生きした表情や雰囲気は、すがすがしいものを感じます。
彼が、今後どう成長していくのか・・・


このドラマの制作段階で、いろいろ不運もあったけれど
なんとか、作品として形に仕上げられてよかったですよね。


こちらを、レギュラーの大河ドラマにすればよかったのにと想います。
(「天地人」が、ますますチープに感じてしまった)

今年、5話を見て、また来年後半、4話、そして再来年・・・
そういう放送形態が、どう評価されるのか?も、気になるところです。
これが足を引っ張ってしまうのはもったいないんですよね。
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-01 06:03 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 報道ステーションは、報道番組な... 外事警察 第3話~このドラマは... >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧