メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
気の強い女性は、ちょっと苦手で
「苦手なものはありますか?」

「気の強い女性がちょっと」

「意外と贅沢」

大森南朗さんと麻生久美子さんのCMで交わされている会話ですが

僕も、どちらかといえば、気の強い女性がちょっとだけ苦手です。


仕事上で、いろんな方と接しますが、
気の強い女性に対しては・・・

僕は、基本的に男性も女性も、愛嬌はあったほうがいいと思っています。ユーモアであったり、かわいらしさであり。それが、人とのかかわりの中で、潤滑油となるはずです。

たしかに、仕事はシビアで厳しい部分もあるし
女性だって、気の強い部分があってもしかたないけれど
それだけが強すぎると、「近寄りがたいな」とか「指示しにくい、受けにくい」ということになりがちです。

ちょっとしたことで、ふっと感じることって大きい。
たとえば、ドアの開け閉めとか(ひどく開け閉めする)、荷物の扱い(ひどい扱い)とか、指示・指導の仕方や言葉遣い(効率優先で、つねにキツキツな指示)、言葉の速さ・・・ほんのちょっとしたことで、その人について受ける印象って大きく決められてしまいます。仕事上だと、深くその人を知る時間などありません。


だからこそ、第一印象を意識することも必要だし、ちょっとした言葉や態度も、毎日積み重ねると、大きいと思うのです。

気の強い女性って、いままでで思うところ
合わない人とは、とことん必要最小限のことだけしかしゃべらず、挨拶もなかったりする。逆に気の合う人とは、ごく普通だったり。その差がけっこうあって。前者に自分が当てはめられたときは、こちらは嫌な想いをすることもあります。どういうスタンスで接していいのか・・・そこが難しい、悩ましい。


気の強い女性でも、やはり誰とでも同じように向き合っている、気の強さならいいのです。愛嬌も持ち合わせてればいいのですけどね。そっけないタイプの女性は、昔から苦手なのかもしれません。



僕は・・・まぁ、できるだけおだやかに、ここちよく誰とでも接していたいと思うので、基本は笑顔でいますが。仕事で真剣なときでも、冗談や笑顔という部分も、必要なときに出せる人であるべきと思っています。

さて、あのCM、麻生さんは、気の強い女性・・・ということではないんだろうね。きっと。
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-29 21:25 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 輝く日本レコード大賞をレビューする 全日本フィギュアスケート選手権 >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧