メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
生誕100年2週連続松本清張スペシャル「霧の旗」のキャスティング、軽すぎないか?
生誕100年2週連続松本清張スペシャル「霧の旗」
日本テレビが、2週連続で放送する、生誕100年2週連続松本清張スペシャルの1本目の作品

松本清張の作品といえば、重厚な演出と最高のキャスティングでドラマ化されるのが常なのですが、
今回の「霧の旗」に関しては、どうなんでしょう?

主人公の大塚欽也を演じたのは、なにかと話題の市川海老蔵
これ、たぶん小林真央さんとの婚約発表より前に、キャスティングされてたのだろうとは想うけれど、話題性を狙いすぎのような。演技にしても、現代劇にはちとなじんでいないという気がする、いや、あの素の海老蔵さんをみなが知っているから、この役とのギャップになじめていないのでは?


それに、重要な役どころに、東貴博、カンニング竹山、柳原可奈子、青田典子・・・
お笑い芸人やタレントにしては、シリアスに熱演していたのは認めるけれど、ここまでお笑いを並べなくても
熱演していても、こういうあざといキャスティング、それだけで、松本清張作品の格は下がらないかなぁ?


どうも、松本清張作品をしっかり映像化することよりも、
数字とるため、若い視聴者層をも取り込むため、安易なキャスティングにしてしまった面をちょっとだけ感じてしまう。

いままでのサスペンスでは数字がもう取れない・・・と、日本テレビは想いすぎなのでは?

かつて、この枠は、「火曜サスペンス劇場」の枠だったが
それも、「数字が取れない」ということで、既存のドラマを捨てて、「ドラマコンプレックス」のような話題性を狙う、奇をてらったドラマに変えて、案の定大失敗して、結局、「火曜ドラマゴールド」を経て、撤退してしまった。どうも、それを引きずっている感覚がする、今回の松本清張ドラマだったような気がしました。

来週の「書道教授」は、主演に船越英一郎。そちらのほうに期待・・・


ちなみに・・・

「霧の旗」では、ホステス役で、柳原可奈子、青田典子が登場していた。
それを見ていて、どうせホステス役を芸人がするのならば、クワバタオハラが適任じゃ・・・元々オハラさんって、そういうお仕事してたんだし。と想っていたら、

クワバタオハラ、「書道教授」に出演するんですね。ホステス役かな?(笑)
[PR]
by broadcast-press | 2010-03-16 22:55 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< RCCラジオ 2010年春改編速報 CMから感じる、宮崎あおいさん... >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧