メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
イブニングふぉー、改編でも変わらなかった見識
RCC夕方ワイド「イブニングふぉー」
4月から、多少はリニューアルするだろうと想ったけれど、セットを含めほぼ変わらず。
どんなに、TBSが大改編して、夕方のニュース枠を移動させようが、ローカル局が巻き込まれるのはゴメン!という感じだろうか。とても賢明な選択だと想います。ただ、夕方5時台が、水戸黄門の再放送に当てたため、生放送の流れが、5時台で一旦途切れてしまうのはマイナス。(TBSと一部の系列局で放送している5時台の生番組「サカスさん」は、広島県内の視聴者にはなじまないと判断したのだろう)

夕方4時台から、イブニングファイブのネットを含めた、3時間生ワイド編成「イブニングワイド」として、一定の人気を得ていたRCC。その創り上げたものを、こういうキー局の都合で、解体させられるのは、ちと残念であろう。


ところで、イブニングふぉーの番組タイトルのデザインは、イブニングファイブに準じたものでした。
4月改編で、そのもともとのデザインだったイブニングファイブの方が終了してしまって、デザインに準じた方のイブニングふぉーが、キー局のデザインをそのまま使い続ける。なんとも特異なケースになってしまっている。



それだけ、イブニングふぉーが、定着したということを物語っている、下手な変化を避けたということでしょう。
かつて、RCCの夕方ワイドの歴史は、4時台編成(「広島大百科」「イブニングふぉー」)はどれも成功している。逆に5時が魔の時間帯。

かつて、4時台で放送していた「広島大百科」の成功に気をよくして、4時台に加え5時台まで放送時間を拡大した「ときめきストリート」は大惨敗。
その後、「ごじテレ」「ごじごじテレビ」と、4時台を撤退し、激戦の5時台で勝負するも苦戦は続き、どれも短命に。そして

「イブニングふぉー」として、再度4時台に移動・・・他にライバルがいないため、もちろん成功して現在にいたる。

RCCは、長年、5時台にローカルワイドを編成すると、数字が取れないというジレンマを抱えていた。
初めて4・5時台にローカル生ワイドを編成した「なんでもワイド3時間」からずーっと。
(5時台でしのぎを削る、広島テレビ「テレビ宣言→旬感テレビ派」と、ホーム「Jステーション」という大きなライバルに勝てないまま)
だから、もう再び、その過ちは繰り返さない・・・ということで、5時台を再放送にしてまでも、4時台にとどまったのでしょう。

まぁ、いまのご時世、ムダに新番組を立ち上げるのも大変でしょうし。キー局TBSの編成も、ずっとこのままか、当てにならないから。「総力報道THE NEWS」も、短命に終わる可能性もありそうだから。
[PR]
by broadcast-press | 2009-04-03 23:11 | ローカル番組
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 新球場グランドオープン鯉祭りの... JET STREAMのパーソナ... >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧