メインホームページ
最新の記事
お気に入りブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:BSデジタル( 58 )
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

吉田類の酒場放浪記・類さん、とうとう始球式へ
BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」が大好きで、
毎週見ているのですが

最近は、僕の周りでも、この番組のファンを見つけることができるようになったけど、それでも、いまもまさに知る人ぞ知る人気番組ですよね。どこか謎を秘めた、でも人柄のよさがにじみ出てる類さんが、通な人気の一端なのでしょう

類さん、このごろはパンシロンのCMに出演してたりして
だんだん、じわじわ認知度が上がってきてるけど

あす、横浜×巨人戦で、なんと始球式をされるそう。
はたして、どんな球をなげるのだろうか
と、いうより、横浜スタジアムの観客が
「この人だれ?」って・・・シーンとしやしないか・・・気になるなぁ。
[PR]
by broadcast-press | 2010-10-04 05:20 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

小山薫堂 東京会議 クリエイティブなゆるーい内容がおもしろい番組
BSフジ、土曜23時から放送している「小山薫堂 東京会議」

ゆるーい、クリエイティブな番組、まさに小山薫堂さんらしさが出ている

台本はすべて白紙。企画は番組収録中に検討。
いきあたりばったりで収録がすすむ。

テーマは会議。
会議をテーマにした番組は、おそらく初めてだろう。


とにかくゆるい。

小山薫堂さんと、辛酸なめ子さん、小宮山雄飛さんが、机を囲んで、
あれこれ企画会議(というかたわいのない雑談)
それがとてもおもしろい!
辛酸なめ子さんが描いた番組ロゴも、ゆるーくつくられ、テーマソングもとりあえず出来上がる。

話は、「会議に食べたいパン」という話題に

そこで、じゃあ、会議がはかどるパンを作ってもらおうということになり、
外に飛び出し、まずは、車で移動中に見つけた本屋さんにたちより、

適当に、「頭のよくなる食べ物」にまつわる本を数冊購入。

それをゆるーく読みながら、どんなパンにするか考える。

(本には結局、パンよりご飯の方が頭にいいとかかれてて、じゃあ、米粉パンにしよう!と

その後も、行き当たりバッタリでオフィス街のパン屋さんに飛び込み、店長さんにパン作りを依頼し、またしても、店長さんを囲んで会議・・・


違う回では、小宮山雄飛さんが、「ツイッター」をしているという話しから

薫堂さんが、「じゃあ、30分後に、東京タワーの中のカレー店で、僕らといっしょにカレーを食べませんか?って、ツイッターで募集かけたら、だれかやってくるか、試してみよう」と、言い出し、本当にその30分後、3人は東京タワーのカレー店の前で、待ち続けて・・・でも、結局だーれも来ず、3人は寂しくカレーを食べた・・・


さりげなく?BSは、通販番組が多すぎると批判した末、「この番組も通販番組にしてみようか」って話に展開してみたり・・・

この番組を取材にきた、テレビ誌や新聞社の記者たちを、3人が逆に質問攻めにしたり

3人のゆるい企画会議は、妙におもしろいのです。




「都会での生活を豊かに楽しくするための方法を探り、食、住、衣、車、環境などの生活に直結するあらゆる事柄を取り上げて検討・提案する」という番組説明なのだが。

現在、一般視聴者から、「会社・組織から、家庭まで、あらゆる会議に小山薫堂が参加します。参加を希望する方は・・・」と募集している。

あなたの会議を、もっと知的に、魅力的にするため、この「東京会議」は、立ち上がる・・・みたいです。
みなさんも、応募されてみては?

会議にいいパン、ぜひ食べてみたい!!



昨年まで放送していた、みうらじゅんさんの「デザインの森」しかり、「東京会議」しかり
BSフジは、都会派のインテリな内容で、ゆるーい面白さを追求した番組を、コンスタントに放送されていますよね。
[PR]
by broadcast-press | 2010-02-13 07:17 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ルビコンの決断 1964東京五輪を招致せよ~祖国復興に賭けた男達~
「ルビコンの決断」を見ていて

1964東京五輪を招致せよ
~祖国復興に賭けた男達~

最初の東京オリンピック招致と、開催決定までの物語を、再現ドラマで伝えていたのを、興味深く見ましたが(都庁の職員役を、金剛地武志さんが演じてたのが気になった・・・この人の一番の肩書きはなんでしょう?)
いかに、投票する各国の委員への根回し(この番組では、宅麻伸さんが根回し役を演じていた)が大切か、こころをつかむかが、非常に大切かってことがよくわかった。実際、中南米諸国の票固めには、いろんなハプニングもあって。でも、復興の象徴としてのオリンピックを、なんとしてでも実現しなくてはという熱意が、当時の岸首相をはじめ、国民全体にあったってことが、一番の力になったことだけは確かのようです。

今回落選した東京に足りなかったのは、こういうことなんでしょうね。
[PR]
by broadcast-press | 2009-10-03 23:45 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

台湾ドラマ 敗犬女王
「敗犬女王」
http://www.bs4.jp/guide/drama/makeinu/
前番組「ハートに命中100%」を、結局最終回まで見続けてしまった流れで、このドラマも見ている。
引き続き、主役はイーサン・ルァン。25歳のアルバイトの達人で医学生のルーカス役。相手役シュアンはシェリル・ヤン。33歳の雑誌記者で、気が強くトラブルばかり、それで、美しいのに、いまだ結婚できない敗犬女という役。(ひとりでいるときは、ふとこのまま一生ひとりで生きるのかと、寂しくなる)

ハートに命中100%のほどのコメディ度はないまでも、洗練された、おしゃれな、落ち着いたラブコメディドラマ。クリスマスの日、週刊誌の記者のシュアンは、15年前に自分が来ていたセーラー服を身につけ、女子高生に装って、政治家のスキャンダルのスクープ写真を撮影。それを急いで会社に届けるため、たまたますぐ近くで、サンタクロースのアルバイトしていたルーカスの自転車(孤児院の子供へのプレゼント)を奪ってしまう。ルーカスたちは、会社に押しかけて、悲しんでいる子供たちに謝れと、詰め寄るものの「サンタなんているわけない」と、子供たちに超現実的なことをいいはなって、謝ろうとしないシュアン。子供たちは泣き出してしまう・・・

そんな年齢差のある2人が、こうして出会ってしまって、運命の糸に導かれる・・・日本でいう「アラウンド40」の台湾版のような、そんなドラマ。オープニングやエンディング、テーマソングも、日本のドラマより、洗練されている気がした。 ちなみにオープニングテーマソングは、青山テルマの曲「そばにいるね」のカバー(中国語版で、アレンジもけっこう変わっているが、いい曲になっている)

ハートに命中100%の出演者が、このドラマにも出ていたり(シンディのお母さんだった人が、今度は、シュアンのお母さん役、シンディの元上司役の人が、雑誌社でのシュアンのライバル、シンディの一番上の姉が、シュアンの同級生だった親友、、シンディの二番目の姉の旦那さんが、その親友の旦那・・・シンディつながりの役者さんが、4人もサブキャストで出演!)


ハートに命中100%の最終回は、ストーリーの途中でBS日テレは、バッサリ切って、不自然なラスト(本当のラストを放送しなかった)になっていたので、今度はそういうことにならなければいいのですが。このドラマも全34話。長い!! 最終回は、来年の初夏くらいかな。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-18 08:07 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

BS11(日本BS放送) 「inside out」はなんとか維持を
BS11(日本BS放送) 「inside out」
開局からまもなく2年、唯一残っている、帯の生放送番組。
22時からの1時間、独自の切り口で、政治家らを一人招き、毎日新聞の委員と日替わりの司会者で、討論していくスタイルの報道ニュース番組
一応、番組のオープニングの後、同局の女性アナウンサーが、きょうの毎日新聞夕刊からニュースを伝える。もちろん生放送なので、最新のニュースも。日替わりの司会者も、雑誌や新聞の編集長が務めているのも、あるのかもしれないが、とても安定していると想う。出演者が最低限だからこそ。それなりの議員も出演している。

本当に、この番組ってよく頑張っていると想います。
看板番組として、放送していた3時間の帯番組「大人の自由時間」も打ち切られて、
ゴールデンタイムで、唯一残った生放送番組です。これを打ち切ったら、本当にBS11の看板番組がなくなるわけですもの。

現在、BS11の19~21時台は、韓流ドラマ専門チャンネル化していますからね・・・
あれだけ1日たくさん放送していた、定時ニュース「BS11ニュース」も、1回だけになっちゃいましたしね。広告収入が厳しく、経費削減の末の、いまの番組編成です。
次の秋の改編、もしくは12月1日の開局記念日ころには、またなにか番組改編が行われると想いますが、なんとか自社制作作番組の充実をはかってほしいものです。夕方にも、ニュースの大人向けの帯の生番組いいと想うのですが。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-04 22:43 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「敗犬女王-My Queen」BS日テレで放送開始へ
BS日テレの台湾ドラマ枠、そのうち、水曜23時枠は、
現在、「ハートに命中100%」が放送されている。

台湾ドラマ史上、最高視聴率を記録したラブコメディーであるが、
たしかに秀作である。ハマってしまった。
現在30話を過ぎたが、まったく飽きることなく見続けてしまうのです。
ジェイとシンディの恋の行方が気になる。

さて、この人気ドラマが来月終了し、
その後番組はどうなるのか・・・気になっていたのだが、


「敗犬女王-My Queen」
2009/9/16(水)23:00~スタート
http://blog.iset.com.tw/queen/(台湾のテレビ局サイトの番組HP)

2009年1月4日より2009年5月31日まで台湾で放送され、高視聴率を上げた

そして、その主人公を演じるのが、イーサン・ルァン
そう、ハートに命中100%から続投ということ

ハートに命中でジェイを演じていたのだが、そのイメージがあまりに強いので、
新ドラマにて、切り替えるのが大変そうです。


共演は、シェリル・ヤン。
イーサン・ルァン演じる医学生と、彼より8歳年上・「負け犬」である雑誌の女性編集者・・・
2人のコミカルなラブストーリーということ。
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-13 07:05 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「田勢康弘の週刊ニュース新書」は眠たくなる
田勢康弘の週刊ニュース新書(テレビ東京)
長年、新聞記者をされてきた田勢さんの番組。
土曜の午前11時~の1時間の生放送の報道番組ではあるが、位置づけとすれば、大物政治家を中心に、いま注目の人を毎回生ゲストに読んで、お話を聴くコーナーが前半

後半は、特集(おもに経済ニュースの特集VTR。最近は、セブンイレブンの値下げ販売の闇についての独自取材を、シリーズで取り上げている)、そして、今週1週間の出来事をボードで取り上げ、また、日経ヴェリタスの記事からピックアップして紹介するコーナー、報道スタジオからの最新ニュース、エンディングは田勢さんのあとがき(コラム)と続く。

まさに、「報道2001」「サンデープロジェクト」のテレビ東京版といったところだろうか。

ただ、それらの番組と絶対的に違うのが、このニュース新書、とにかくゆったり、のんびり感を大切にしている。

セットも、大人の男の大きな書斎のようで。
出演者は、田勢さんと、大江真理子アナウンサーの2人

なにより、このセットには、一匹の猫が放たれている。
番組の顔「まーご」
このまーごが、どんな大物政治家が来ても、おかまいなしに、テーブルや部屋を歩いたりしている。
先週の中田・横浜市長が出演したとき、中田さんはまーごを気に入ったのか、タイトルバックの時、まーごの話を、司会の2人としてるようだった。ちなみに、スタジオに猫を自由に放ってみようというアイデアは田勢さんのアイデアらしい。

テーマソングも、ジャズだったり。

大人のニュースショーという、コンセプトのまま。

テレ東だからこその力の抜けようです。


ただ・・・個人的には、あの田勢さんの、ゆっくりした、なんとも低い語り口は、
土曜の午前としては、とにかく眠たくなる・・・
田勢さん自身のお顔も、どことなく眠たそうな。

抑揚の激しい田原総一郎さんとは、まったく対照的です。

田勢さんも、ときに厳しいことを言うけれど、厳しく感じない、あの眠たくなる語り口は、いいような悪いような・・・

(以前、田勢さん、男子高校生が女子高校生を刺殺したニュースの時「高校生は恋愛してはいけない法律を作るべき」と一蹴していたのが印象的でしたが)
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-10 00:16 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

BS朝日「うたの旅人」~池上線~
朝日新聞「be」に連載されている「うたの旅人」がBS朝日で、テレビ化された。
今月スタートの新番組「うたの旅人」
1時間、ひとつの「歌」の誕生のドラマ、歌詞の世界を辿り、旅をする1時間。

第2回は、「池上線」。

東京大田区、東急池上線沿線を、1975年に歌い大ヒットした西島三重子さんが旅する。
当時の雰囲気を残す沿線や駅を訪ね、列車に乗り、当時の思い出やこの歌の真実を紐解いていく。

この曲は、純愛の曲か、不倫の曲か、歌詞で登場する駅はどこの駅か?この曲のファンの間で、
ずっとずっとあれこれ語られてきた。

それを、番組では明らかにしてしまった。(作詞をした佐藤さんを、山形に訪ね、インタビューで明かしていた。当時付き合っていた彼女が池上線沿いに住んでいた。その彼女との別れの時も、池上線にのって。これは、西島さん自身も、この詩の裏側を知らなかった)


とても切ない曲ですよね。池上線。
もう、あなたと池上線に乗ることは無いのね・・・そんな若い2人の別れの曲
沿線のノスタルジックな情緒を挟んで、詩の世界はどんどん広がっていった。


番組は1時間。うた1曲の世界を描くにしては、ちと長いかな?と思ったりもしたが、
旅番組としての要素として、当時走っていた電車の、現在の行き先とかも取材。
また、作詞した佐藤さんの「詩の真実のドラマ」を、並行して伝える手法で、意外と1時間うまくまとめていたと思います。


曲のセレクトにもよるでしょう。
この池上線のような、70年代の歌謡・フォークソングなんかは、なかなか面白いのでは?
青春時代の思い出を馳せる団塊の世代の人向けがいいのでは?

逆に、第一回の「千の風になって」、次回の「かあさんの歌」
ちと優等生っぽい曲のセレクトは、入り込めない人もいるかもしれない。

ちなみに、ナレーターは渡辺美里さんです!
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-21 07:37 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

台湾ドラマ「ハートに命中100%」
見るドラマといえば、日本のドラマばかりの私ですが、

ちとはまってみている作品がある。

台湾ドラマ「ハートに命中100%」
http://www.bs4.jp/drama/heart100/index.html
BS日テレの、水曜夜に放送しているのだが、これがとても面白い。
いわゆるラブコメディーなのだけれど。笑えるけれど、でも、胸に詰まるシーンもあったり。(妹が、台湾ドラマにハマっているので、ついつられてみていた)

客船の中で、ある画策にはまって、暗い部屋の中、お互い相手を間違えてベットをともにした、若き社長のジェイと、こころ優しいけれど不器用なダメダメOLのシンディ。で、シンディが妊娠してしまい、ジェイとシンディは、遠くにいるジェイの彼女に内緒で、結婚するハメになるが・・・という話から、ずーっとずーっと続く。実に全38話。台湾では、昨年、テレビドラマ史上最高の視聴率を取ったそうです。

台湾ドラマが日本で放送されるときは、アイドル主演が多い。このドラマはそうではないけれど、みなかっこいいしお綺麗ですけれどね。

いま25話まですすんだけれど、あっという間な感じがする。
(交通事故で、シンディは流産してしまい、シンディはジェイに何も告げず去ってしまってから2年。上海で、強い女性に生まれ変わったシンディとジェイが偶然再会してしまう)


どうなんだろう?韓国のドラマは、マッチョな男性主人公と、運命に翻弄されてよく泣く女性主人公が出てる、まじめで、パターン化された悲哀劇の傾向なので、ちと日本の若い人にとっては、重たい、濃い・・・という印象になってしまって、敬遠するかもしれません。一方、台湾のドラマは、ラブコメディーが多くを占めていて、それも、日本から輸入されたプロット(原作が日本のドラマやコミック)だし、深刻な気持ちになるような重さがない作品ばかり。出てくる主人公たちも、日本に比較的近い雰囲気の人たち(スマートないわゆる超イケメンアイドル)だから、とても見やすいのがあるのかもしれないね。実際、台湾ドラマにハマッテイル若い女の子はとても多い。

韓国や台湾のドラマ(どちらも、1作品30話前後ある。そもそも週2回放送の国だから)を見ると、いかに、日本のドラマって、少ない回数で、薄い作りをしてしまっているかということを思わされる。ま、俳優さんを長く拘束できないので、こうなるのだろうけれど。

以前、脚本家の橋田寿賀子さんが、こんなことを言っていた
「連続ドラマは、長ければ長いほどいい
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-13 21:30 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ホリケンの結婚~会見直前に放送した「ホリペイ」を見て思う
ホリケンが結婚して、会見しましたよね。

僕は、意外にもびっくりしたんですよ!

と、いうのも・・・

堀内健と、有田哲平が、30分、一つのテーマで、2人とも「素の顔」で、いたってまじめにトークしてるだけのシンプルな番組「ホリペイ」、(BSジャパン)毎週見ていているのですが、

つい会見の2日前・日曜日の深夜に放送された回は、「プロポーズ」がテーマで、2人は切々と語ってたんですよ。

それでね、婚約指輪をどう渡しプロポーズするか?という話題になって、ホリケンが

「2人で釣りに行って、こっそり竿についた針に、婚約指輪をつけて、海に投げて。「かかったかかった」と大物を釣り上げたみたいに、2人で竿をひくと、そこには指輪。彼女が「なにこれ!」とびっくりすると、「オレはキミという大物を釣り上げた、結婚してくれ・・・」

あははは!私、これを見てて大笑いして。

(当然、有田さんは「もし指輪が針から外れて海に落ちたらどうするの?」「もし、魚が食いついたらどうするの?魚とともに釣り上げて、魚の中から指輪ださなくちゃならないの、かっこわるいじゃない」と指摘されたけれど)


でね、きょうの婚約会見で明かされたホリケンのプロポーズの言葉は

「ちょくちょくしていた」というプロポーズは「良かったら家族になって下さい」と自ら“草の根運動”で口説き落とした。飲み会で、婚姻届もっていったり・・・

いたって普通じゃん!(笑)



17歳年下ですか・・・ふーむ。
最近、お笑い芸人さんの結婚が続くねぇ。でも、ダウンタウンの松ちゃんの時は、別段驚かなかったけれどね。
[PR]
by broadcast-press | 2009-05-26 22:58 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧