メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:CM( 18 )
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

JR東日本のCM・MY FIRST AOMORI はじめての青森
http://www.jreast.co.jp/myfirstaomori/

MY FIRST AOMORI はじめての青森。はじまる。

このJR東日本のCM、最近とてもすきなんです。
もちろん、マッキーの新曲「林檎の花」も流れていますし
ドラマ仕立ての映像も美しい。

青森駅に配属になった三浦春馬くんや、先輩駅員の吉幾三さんや、駅長の泉谷しげるさん・・・たちが展開するドラマ。
青森の美しい景色やお祭り、新幹線の新しい駅舎・ホームが場面として登場する。

JR東日本のCMは、どこか、JR西日本やJR東海のCMとは違ってて
ただ、観光地を映すのではなくて、駅員や、乗客、土地の人の人間ドラマを凛とした映像で伝えるものが多い。

かつて、「その先の日本へ。」キャンペーンのCM(井上陽水さんの「結詞」が流れて、東北地方の実際の駅長さんが登場して、美しい景色や地元の人をバックにして語りかけるもの)は、今見てもこころがジーンとくる、秀作のCMと想っています。
http://www.youtube.com/watch?v=a6-8YacEVBU
http://www.youtube.com/watch?v=K1zANMgbzMU&feature=related

そこのラインが、いまの青森新幹線のCMにどことなく続いているんでしょうね。

おとといだったか、新しい青森への新幹線の新しい客車・シートが発表されていた。

国内新幹線発のファーストクラス座席「グランクラス」を、先頭車両に新設する。お酒やドリンク飲み放題、シートも最上級。料理も、上りと下りでメニューを変えて(新青森発は、東京の食材、東京発は青森の食材)

12月4日開業したら、ここ広島から新幹線で繋がるわけですよね。来年には、鹿児島と青森が、新幹線で・・・

すごいなぁって想う反面、のんびり、寝台特急に乗って旅行するというのが、遠い昔のものに変わっていくことに、寂しさも感じたりします。

早く目的地に到着するだけが、旅じゃないですから。

でもでも、新青森まで、新幹線で旅してみたいな。
[PR]
by broadcast-press | 2010-11-18 06:32 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

トリスのCMといえば
ハイボールが好きな私。
昨年、サントリー角のハイボール缶が発売されたときは、「やっと出たか!」と想ったものです。予想を上回る売り上げだったとか。
ただ、ちょっぴり値段が高めというのもあった。

だったら、低価格版を作ればいいのに・・・
なーんて想ってたら、やっぱり!

ウイスキーで低価格といえば、やはりトリス。
トリスでハイボールを作ればいいんだ。

ワールドビジネスサテライトだったか、この商品のニュースをしてて、
サントリーの方が
「角とトリス、料理にあわせて飲み分けて欲しい。トリスはさっぱりしているので、それにあった料理に、そしてトリスは手軽に飲める味ということをアピールしたい」

と、語られていた。

角は、小雪さんが作るような艶っぽい大人のイメージ、トリスは吉高さんが、仲間たちと気軽に飲むイメージ。CM戦略も、すみ分けている。


たしかに、トリスを飲むと、ウイスキー独特の苦さが、さらに消されてるきがした。若い女性には飲みやすいかもしれないね。


ところで、ここにきて、ハイボール人気に乗って、トリスが復活ですか?
僕が学生のころ、広告のゼミで、ずいぶんこの「アンクルトリス」というキャラクターが、教材に出てきてた。それだけトリスが誕生した時代、アンクルトリスというキャラクターは新鮮であったし、たしか「トリスを飲んでハワイに行こう」なる海外旅行懸賞なんてのもやっていたはずだから。時代に刻まれる広告だったのでしょう。


僕にとっての、トリスのCMといえば・・・
やっぱり、これ

http://www.youtube.com/watch?v=XDEzFPzUfUM&feature=PlayList&p=71027349F8EFCAA8&index=0&playnext=1


トリスCM「子犬編」。そう、「トリスの味は人間味」というコピーが印象的な、美しい映像のCM。僕は、幼い頃、日曜日の夕方、「笑点」を見ていると、よくこの作品が流れていて、胸がキュンとしたものです。たしか、カンヌ国際映画祭のCF部門で金賞を受賞した作品だったはずです。

このCMのワンちゃんが、本当にかわいい。いまみても、つい涙してしまう映像です。

トリスハイボールのCMで、ドリフターズの「ドリフ大爆笑」のテーマソングを替え歌にして「トットットリスのハイボ~ル~♪」って。

あれを見てると、キリンのビールのCMに出てた、外人版ドリフターズ(キリン版のCMは、8時だよ!全員集合の曲が流れてたけど)を出演させたいなぁって僕は想っちゃって!!

まっ、サントリーのライバルの会社だから、きっと無理かな(笑)
[PR]
by broadcast-press | 2010-09-30 05:15 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

金鳥「キンチョール」ことしのCMは
好印象のCMではないけれど・・・
毎回、金鳥のCMは、シュールで明快でおもしろい。
今年は・・・井川遥さんのキンチョールのCMは、意外なキャスティングだからこその、いっそうシュールな面白さを作っている。2本のCMそれぞれに、2つの女性を演じているけれど、セット、そして衣装もまったくそのまま同じ。ある意味、チープで大雑把なところも、金鳥のCMらしい。キンチョリンコって単語が離れなくなるね。

蚊がいなくなるスプレーの場合も、「君も一発屋になってみないか」と、鼠先輩とダンディー坂野さんが、薄暗いアパートの一室で、暗く語っていると、あまりにシュールだ。


わかりやすくて、印象に残る、そんな面白さが、金鳥のCMの醍醐味なんだろうね。(学生のころ、授業の題材に、としまえんや、金鳥のCMがよく取り上げられてたなぁ。)
[PR]
by broadcast-press | 2010-07-11 07:47 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

好印象のCMをあげると・・・
最近、気になるCMを・・・

東京電力のCM(「switch!」のCM)、いままで、男の子(龍馬伝で、小さいときの竜馬を演じてた子役さん)が、出演してたけれど
最近、新しいCMで、突如、お父さんとお母さんが登場した。

それが・・・

父親役が、西島秀俊さん、母親役が本上まなみさん。

正直、理想的な夫婦ですよねぇ。あくまで、僕の中で思うに。

知ってる人は知ってるだろうけれど、僕は昔から、本上さん好きなんですよ。はい。で、西島さんも、飾らない自然体な、すばらしい役者さんだと想うし。(ちなみに、僕の妹は西島さんの大ファン)

ただ、CMでは、ちょっと2人のキャラクターと傾向がちと違う。
とにかくコミカルな明るい両親という設定。息子のガールフレンドのお家へ招いてもらったのに、本上さんは、電化キッチンで大いに料理始めるは、西島さんは、ひとりお風呂に入ってしまうは。

でもほんと仲の良い楽しい家族を演じている。ある意味、2人の普段のドラマ・映画とかでのキャラクターとは違い、新鮮に感じるんですよね。

妙にこのCM、印象に残ってしまって。

西島さんといえば、最近、このCMとは別に、ローソンのCMでも、高嶋ちさ子さんと夫婦役している。理想の旦那さんなんだろうなぁ。




オリンパスPEN PL-1のCMにしても、爽健美茶にしても、
宮崎あおいさんの存在感って、すごいものがある。
凛としていて、でも透明感のある、その佇まいが、うまくCMで表現されている。ファッションとかも含めて、いいなぁって。

earth music&ecologyのCMやPOPにしてもそうだけれど、どれも、ふっと続きを、単館上映のアート系映画ができそうな、そんな雰囲気を感じさせますね。
[PR]
by broadcast-press | 2010-07-07 07:46 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

CMから感じる、宮崎あおいさんの佇まい
ワンピース姿の宮崎あおいさんが、ブルーハーツの「1001のバイオリン」を歌いながら、草野球していたり、街を歩いていたりする、あるファッションブランドのCM、最近よく流れていますが、みなさん、とても印象に残りませんか?僕は、すごく気になってしまって。


強く、凛とした部分と、やわらかくシンプルな部分。
2つを持っている女優さん。


同じように、東京メトロのCMでも、オリンパスのCMでもいえることですが、
すべてに共通するのは、あおいさんが、ただ、街を歩くだけ、なにげない日常の中での様子を映像として描くだけで、見ている人が、ここちよい、やさしい、あしたが素敵に思える、そんな気持ちになる。そういう女優さんって、意外と少ない気がします。


写真は、オリンパスの、あるカメラのカタログ。
宮崎あおいさんと、リリーフランキーさん、2人が、おそらく鎌倉だろう街で、古い家で、なにげなく過ごしている様子を切り取った写真がメイン。妙に印象的な写真集のような1冊。このカタログにも、同じことが言える気がします。


私は、いまはオリンパスのユーザーではないけれど、このカタログ見ると、オリンパスのカメラが欲しくなってしまう。東京メトロのCM見ると、東京で暮らしたら、どんな新しい楽しい生活が待ってるんだろうか?などと、ふっと余韻めいたものを見終えたあと、感じてしまう。
[PR]
by broadcast-press | 2010-03-13 06:22 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

不可解でシュールな、テレビ埼玉のCM
下の3つのシリーズCM(テレビ埼玉の局CM)もし時間あれば、みなさん見てみてくださいな。広島では放送されていないので。

非常に不可解でシュールなCM。
なんかはまってしまう、妙な不思議な面白さがあって。

ちなみに、2009年のACC CMフェスティバルでブロンズと、ジャーナリスト賞を受賞している










チャンネルはそのままで
そのオチも、映像からは洒落になっていないような気がしますが。
3つのうち、2つは、完全にNHKのパロディーだし。



もし、埼玉県・東京都に住んでいたら、このCMみてしまうと、ずっと「テレビ埼玉」見続けてしまうだろうな。もちろん、CMのようなことは、決してしないけれどさ(笑)でも、ひとりくらい、同じことやって、テレビ埼玉しか映らなくしてしまったひと、いそうな、いなさそうな・・・
[PR]
by broadcast-press | 2010-01-24 23:55 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

気の強い女性は、ちょっと苦手で
「苦手なものはありますか?」

「気の強い女性がちょっと」

「意外と贅沢」

大森南朗さんと麻生久美子さんのCMで交わされている会話ですが

僕も、どちらかといえば、気の強い女性がちょっとだけ苦手です。


仕事上で、いろんな方と接しますが、
気の強い女性に対しては・・・

僕は、基本的に男性も女性も、愛嬌はあったほうがいいと思っています。ユーモアであったり、かわいらしさであり。それが、人とのかかわりの中で、潤滑油となるはずです。

たしかに、仕事はシビアで厳しい部分もあるし
女性だって、気の強い部分があってもしかたないけれど
それだけが強すぎると、「近寄りがたいな」とか「指示しにくい、受けにくい」ということになりがちです。

ちょっとしたことで、ふっと感じることって大きい。
たとえば、ドアの開け閉めとか(ひどく開け閉めする)、荷物の扱い(ひどい扱い)とか、指示・指導の仕方や言葉遣い(効率優先で、つねにキツキツな指示)、言葉の速さ・・・ほんのちょっとしたことで、その人について受ける印象って大きく決められてしまいます。仕事上だと、深くその人を知る時間などありません。


だからこそ、第一印象を意識することも必要だし、ちょっとした言葉や態度も、毎日積み重ねると、大きいと思うのです。

気の強い女性って、いままでで思うところ
合わない人とは、とことん必要最小限のことだけしかしゃべらず、挨拶もなかったりする。逆に気の合う人とは、ごく普通だったり。その差がけっこうあって。前者に自分が当てはめられたときは、こちらは嫌な想いをすることもあります。どういうスタンスで接していいのか・・・そこが難しい、悩ましい。


気の強い女性でも、やはり誰とでも同じように向き合っている、気の強さならいいのです。愛嬌も持ち合わせてればいいのですけどね。そっけないタイプの女性は、昔から苦手なのかもしれません。



僕は・・・まぁ、できるだけおだやかに、ここちよく誰とでも接していたいと思うので、基本は笑顔でいますが。仕事で真剣なときでも、冗談や笑顔という部分も、必要なときに出せる人であるべきと思っています。

さて、あのCM、麻生さんは、気の強い女性・・・ということではないんだろうね。きっと。
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-29 21:25 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

麻生久美子さんと大森南朋さんの2人っていいね
麻生久美子さんって、すごく芯が強い大人の女性なのに、かわいいところもあって。


麻生久美子さんと大森南朋さんってね、
数年前に、ユニクロのヒートテックかなにかのCMで共演されていて。
当時、すごくいい感じの2人だなぁって、強烈な印象をうけたんです。(言葉少ないセリフだけれど、2人だけの独特のピーンとした空気感がある、いいCMだった)

麻生さんと大森さんって、すてきな、大人の恋人同士。
そのイメージをずーっと持っていたんですね。

その2人が、再び、CMで共演されている。
今度はサッポロの発泡酒。数日前から流れてる
http://www.sapporobeer.jp/fun/cm/offnozeitaku/index.html


月島の料亭っぽいお店にひとりで訪れたスーツ姿の大森さん。
そのお店で、着物姿のかわいい麻生さんが、ビールを注いでくれる。

「男の人は欲張りね」

そんなこと、言われたら、僕だってめろめろになるでしょう。きっと。

そんな癒し系のCMなのですが、この2人が再び起用されたってことは、かつてのユニクロのCMで、僕と同じように感じてた人がいたってことなのでしょう


吉岡くんと麻生さんのお2人の方が、イメージ強い人がほとんどかもしれないね。たしかにお料理の好きな、この2人の夫婦役も、すてきなんだけれど、僕はやはり、麻生さんと大森さんの、大人の関係の方が、どうもよりぴったりくるんですよねぇ。
[PR]
by broadcast-press | 2009-10-25 07:25 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

CM見ていて、なんとなく気になること
・アッコさん人形(アッコさんが大声で笑い転げる人形)、永谷園の懸賞だけれど、これ応募してほしい!って人、たくさんいるのかな?僕は・・・意外とあったらあったでおもしろいかもしれんけれど。アッコさんの人形を懸賞プレゼントにしようと考えた人が、すごいと思う。


・達川光男の着ボイス・着動画。これを携帯に有料で取ってる人っているのかな?某地元テレビ局が力いれて配信してるんだけれど。いまいち、ターゲットがわからない。これは、僕はいらない。あの達川さんの声が頻繁に携帯から発せられるっていうのを好む人は、すごいと思うけれど。


・湖池屋のコイケ先生のシリーズ。あのコマーシャル大好き!
どんなドラマで、阿部サダヲさんを見ても、どうしても「小池先生」にしか見えない。意味のないハイテンションな先生は、とても印象に残るし、新作を見ると、大笑いしてしまう。(いまの新作、屋根の上で、意味不明な歌を歌ってるのと、あこがれの中嶋朋子さん演じる女性とのやりとりの2バージョン。なんど見ても、笑いが出てしまう。あんな先生、いたら楽しいだろうな。(採点中、食べてたお菓子をテスト用紙にこぼしたから、その子の点数を上げるくらアバウトな先生)


・貴金属刑事。いろいろ、人との会話でも、ブログの日記などでも、「気になる」とみんな思っていて。「そうそう、僕も!」と妙に共感してしまうんです。忘れた頃に、集中的にテレビで流されてますよね。ジャラジャラ貴金属を首にたくさんかけて、犯人追うのも、大変そう・・・それでも、貴金属刑事のポリシーなんでしょうね。渡辺さん、「ファイト一発!」のCMから、ずいぶん間逆のイメージになっちゃったね。


・佐々木希さんたちが出てる、ガムのCMが、ご当地バージョンになってるでしょ。
まんとくんといっしょに「カムントフニャンフニャン♪」って踊ってる・・・でも、個人的には、やはりまんとくんじゃなくて、せんとくんと踊って欲しいな。あっちのほうが愛嬌あるもん。
[PR]
by broadcast-press | 2009-10-20 21:07 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

家庭教師のトライCM「特捜最前線」編は、いいCMだ!
往年の刑事ドラマの名作「特捜最前線」のシーンを
当時の映像のまま、吹き替えだけを変えてパロディー的に制作した「家庭教師のトライ」のCMが非常にイイ!
「取り合い編」「自分で電話しろ編」の2本は、二谷英明と藤岡弘。が、ドラマでは爆弾犯人からの電話であろうシーンなのだが、吹き替えで、わが子への家庭教師を電話で頼むというナレーションに変えられている

※視聴は、家庭教師のトライのホームページでも可能
http://www.trygroup.co.jp/

先日から、「夏休み編」の放送もスタート。大滝秀治さんも登場するシーンが使われる。

こういう吹き替えだけを変えて、面白いCMにするという手法は、目新しいものではない

かつて、リクルートの「HOTPEPPER(ホットペッパー)のCMで同じ手法を使っていた
(こちらは、洋画の名作映画っぽい1シーンをわざわざ制作し、吹き替えを面白いものにしていた。実際の映画は使われていない。あくまでよーく似たものを制作した。ちなみにこちらのナレーションは、すべてホットペッパーのCMのディレクターが自らやっている)


きっと、いま、家庭教師を頼むであろう中高生親の年齢だと、特捜最前線を子供のころみていた世代になんとか入るだろうから、このCMの面白さ、意図が十分理解できるであろう。


手法は新しくないが、なぜ、家庭教師のCMで、特捜最前線というドラマの映像を使ったのか?
その発想を、ぜひ制作者に伺いたいものです。
(セレクトがなかなか渋い・・・普通なら、安易に「太陽にほえろ」あたりを使いたいものだが)


きっと、年末のACC全日本CMフェスティバルにノミネートされ、なんらかの賞を受賞するのでは?って予感がする。
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-02 05:55 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧