メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:報道・ニュース( 26 )
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

報道ステーションSUNDAYの枠移動への影響と違和感
テレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」が、4月以降、10:00~11:45を、16:30~18:00へ枠移動することが明らかになった。
テレビ朝日、ここ1年で、大掛かりな枠移動が目立つ。徹子の部屋や、TVタックルなどが代表的ですが、必ずしも、成功したとは言い難い。徹子の部屋は、報道・ワイドショーをお昼休みに見たい視聴者層を失って、TBSひるおび独り勝ちにしてしまった。

報ステも、この枠移動が成功するのか微妙な気がします。昨年、一度、この時間に放送したことがあって、なんとなく、枠移動の試験的な放送だったのかなと思いましたが。

こと、広島では、この日曜16時台は、長年「開運なんでも鑑定団」を放送していて、視聴者層である高齢者層は、この時間、ホームに合わせるというのが習慣として定着している。このままでいったら、なんでも鑑定団は枠移動させられる。

また、日曜17時は、生放送のローカル番組「恋すぽ」が控えている。こちらも高視聴率番組。
日曜のカープデーゲームの模様をいち早く伝えられるベストな時間枠なのですが。
これも、移動せざるを得なくなる。

報ステを17:30以降のみネットし、他は、そのまま鑑定団を恋すぽを放送しつづけるのか。注目してしまいます。

でもまぁ、サンデープロジェクト→サンデーフロントライン→報ステSUNDAYと続く伝統枠を、あっさり捨ててしまうのはちともったいない。
もっと政治家を出演させて討論させる番組を再びすれば、裏番組と十分差別化できると思いますが。いまのテレビ朝日=朝日新聞では、無理なのかな?
[PR]
by broadcast-press | 2015-03-06 05:01 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

フジテレビ「みんなのニュース」ってどうなの?
フジテレビが、この春、夕方から夜のニュース番組を刷新する。
長年続いた「スーパーニュース」「ニュースJAPAN」から、「みんなのニュース」「あしたのニュース」「こんやのニュース」へ。
フジテレビ、大丈夫?
日本テレビも、急に軟派なニュース番組に刷新して、最初は叩かれたけれど、ターゲットを絞ったことで、新たな視聴者層を開拓、定着している。ここまでの先見性があるのならいいのだが。

フジテレビな、なにか場当たり的な気がしてしまいます。
過去の午後のワイド番組の打ち切りにしても

どんな視聴者層に向け、どんなニュース番組を作るのか。その芯がないと、なかなか難しい。

スーパーニュースはともかく、ニュースJAPANは、夜のニュースとして、唯一、ストレートニュース主体である。
それはいいと思うのですが。長年親しんだ番組名をあっさり捨ててしまうのはちと残念。
滝川クリステルさんがいたころ、デザインや内容がとても洗練されていて、コンセプトがはっきりしていて好きだったですが。
ただでさえ、報道番組に関してのステーションイメージが、多局に比べて希薄な感じしますし。

フジテレビは報道に不向きって気がします。
[PR]
by broadcast-press | 2015-02-24 00:42 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

カンブリア宮殿・宝島社社長の言葉
テレビ東京「カンブリア宮殿」に、宝島社の社長が出演していた。

いま、宝島社は急激に業績を上げている。その原動力が、この1、2年、売れに売れている、「付録つきファッション誌」有名ブランドのバックやポーチ、ミラー、そして極めつけはクルクルビューティーローラーなどを雑誌につけて発売すると、瞬く間に100万部突破するなどなど。

女性の物欲をうまく刺激している。
(もともと、雑誌というのは、付録がついているのがあたりまえだった・・・と社長は語っていたが。根本的に、ファッション誌の付録って、学習雑誌の付録の実験セットとおなじようなものなのだと。)

それは、私が日ごろ感じていたことではあるが、それ以外にも、「雑誌の価格を大幅に下げる」「雑誌の上端から10センチのところに、付録のアイテムの写真や表紙モデルの顔などを、雑誌タイトルを隠してでも配置して、コンビニのラックで、他の雑誌に隠れないようにする」とか、大胆なイベントや、ファッション誌では例を見ない、スポットCMをたくさん打つとかとか、書店内に「宝島社書店」というスペースを期間限定で設けて、いっしょに書店を活性化させようと試みるとか。根本的に紙の雑誌のあり方を転換しようとしている。なるほど・・・


この宝島社の社長の言葉は、すばらしいと想った

「既存の出版社が、電子書籍、電子書籍というのは、いままでお世話になってきた書店への背信行為だ」

本当に、そういう気がします。
どんどん、本離れ、雑誌離れが進み、書店の廃業も深刻なこのときだからこそ、書店を大切にしたい、紙媒体に出来ることはまだある・・・そういう姿勢ってありがたいことです。はい。


私にとって、宝島社といえば・・・
高校生ころ、「宝島」という雑誌をよく読んでいた。このころは、サブカル、そしてちょっとアングラなものを発信してきた出版社ってイメージでしたが。VOWとかね。安斎肇さんや、山田五郎さん、カーツさんらの連載があったりね。
[PR]
by broadcast-press | 2010-11-13 17:29 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

鉄子さんのドキュメントを見て
先日、NHKで、ある鉄道ファンの女の子、いわゆる「鉄子」さんのドキュメンタリーを見ました。

いたって普通の可愛い女子大生が、リュックを背負って、カメラ片手に、全国の鉄道目当てでひとり旅する。通っている大学の鉄道研究会も、男の子ばかりで、女の子はたったひとり。一人暮らしの部屋には、鉄道の写真や模型がたくさん・・・時刻表はもちろん愛読書。

旅先で、お目当ての列車がやってくると、列車全景のみならず、列車の番号のプレートから、国鉄時代のマークが入った扇風機まで、あらゆるもレアな鉄道ものを撮影して、その車両も、そして、運転士さんや駅員さんにたいしても「かっこいい!!」こころから喜んでいる。ただ車両のこだわりも相当で、同じ特急の車両でも、国鉄時代のデザインが大好きで、JRタイプに改造したものは好きではないとかとか。

お金もないので、特急にはあまり乗れず、あくまで普通列車で全国を旅して、特急を外から撮影する。

撮影に行くたび、撮り鉄の男の人たちと出逢い、いろんな鉄道の話で盛り上がる。ただ、ひとつの悩みは、一緒に旅してくれるような女の子が見つからないこと。

ドキュメントの終わりころ、北海道の鉄道を旅していた途中、同じように、列車をたくさんカメラでおさめていた女性を見つけ、勇気を出して声かけた。その彼女も鉄子さんだった。最後には、メアドも交換して。偶然とはいえ、はじめて鉄子さんと友達になった。


この番組、ナレーションがピーコさんなので、やっぱり、この鉄子さんのファッションにダメだししてたけれどね(笑)


まぁ、好きなことに夢中になるのはすてきなことだと思います。
僕も、鉄道に詳しいというわけではないけれど、鉄道にのって旅するのは大好きなので、彼女の気持ちもわかるんです。

鉄子さんって、意外といらっしゃると想うんですよ

写真家の矢野直美さんなんかは、鉄子さんの代表格かも?
「写真家たちの日本紀行」に出演していたときも、
ある日本海側の小さな駅へ再び訪れてシャッターを切っていたが、この駅舎が可愛くてしょうがない!と語っていたのが印象的だった。

かっこいい、可愛いのは、列車だったり、鉄道員だったり、駅舎だったり。


旅が好きな人って、いいですよねぇ。
というか、ここまで夢中になれることに、夢中になれる人って、うらやましくも思えるから。
[PR]
by broadcast-press | 2010-07-04 07:44 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ニュース23クロス(NEWS23X)レビュー。まっとうなニュース番組が復活
今週から、春の改編で、新番組が続々スタートしました。

私は、帰宅したときとか、帰宅途中ワンセグで見てる夜のニュースは
「ワールドビジネスサテライト」か、「ニュース23」のどちらかなのですが

そのひとつ、ニュース23が、再び1時間に拡大して
「ニュース23クロス(NEWS23X)」として再出発した。昨夜初めて見たけれど。


これでいいんです。
まさに大人のためのまっとうな、品のあるニュース番組。
多少、スポーツニュースの時間が長いなぁって感じたりはするけれど。
局のキャスター・アナウンサーと、現場で実際取材した局の記者が、ニュースを淡々と伝えてればそれでいい。
無理に、人気キャスター・タレントとか、どこかの新聞や雑誌の元編集長らを連れてきて、メインにしなくてもいいんです。
数字を取るために、世間の注目を浴びる、くだらない話題だけを、延々と特集するのではなく、たとえ地味でも、この番組だけが取材したってことや、地方局が取材したこと、けっして日の目をみなかったような人たちや出来事のドキュメントを、きちんと特集で取り上げる。弱い立場の人たちにあたたかい目を向ける。権力や諸悪に対して、正しい批判する。検証報道もしつつ、客観的にシンプルにコメントする。そういうまっとうな、志の高いニュース報道っていうのも、これから求められてるような気がして。
(そういう意味で、報道ステーションだけは、ほんと見ないなぁ。どうも古館さんとは、相性が合わないのでしょう)

ニュース23クロスの番組セット、1年前までのニュース23のセットと非常によく似てるけれど、なかなかすぐれたデザインですよね。かっこいい!!

オープニングで、あらゆる外国の人たちの顔のスケッチ映像が映し出されるけれど、世界情勢や経済なども伝える、間口の広い報道番組であってほしいな。これは報道番組なんだという、ピンとした空気感・緊張感を感じられるような。(報道ステーションやNEWSZEROには、そこが感じられない)

番組の最後、きょうのニュース映像とともに、エンディングテーマ曲(Bzの稲葉さんが歌う曲)が流れるのも、かつての筑紫哲也ニュース23を彷彿とさせますね。
[PR]
by broadcast-press | 2010-03-31 06:29 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

Mr.サンデー 宮根誠司と滝川クリステルの起用に想う
4月18日にスタートすることになった、新ニュース番組「Mr.サンデー」(フジテレビ・日曜22時)

司会(キャスター)は、宮根誠司と滝川クリステル

「情報ライブミヤネ屋」が、関東含む全国ネットになって
軽妙かつ、テンポよい司会ぶりが好評になり、視聴率もトップをキープするまでになった宮根さん。
大阪のノリが、関東でも受け入れられた番組として評価できる。

「おはよう朝日です」を、今月末で卒業となって、4月からの動向が気になっていたけれど、フジテレビで新番組ですか!


宮根誠司と滝川クリステル
ある意味、現在、もっとも旬なフリーアナウンサー2人の起用。
とても新鮮なことだけは確か。
キャストはいいと想いますよ。滝川さんも、ある意味、タレント指向が強いのかな?とも想うので、宮根さんとのコンビは、うまく行くのでは。あまり堅苦しい報道番組じゃなくて、バラエティ色のあるニュース番組といったところだろうか。TBSの「ニュースキャスター」のような。


どうもうがった見方をしてしまうと
これは、宮根さんを帯で起用するための、布石なのかも?なんて想ったり。
朝もしくは、夜、いずれこのコンビを起用して、平日帯の報道番組もしくはワイドショーを立ち上げるのでは?なんて想って。そうなったら、きっと他局にとっては、大きな脅威になるかもしれない。


じゃないと、日曜22時に起用って、なんだかもったいない気がします。(フジテレビは、この枠、あまり力入れてないイメージが強い。だから、その証拠に、ここ10年くらい、コロコロめまぐるしく番組が変わっている。)
「Mr.サンデー」なんて、番組名からして、本当に力はいってるのか?って疑問だし。
それとも、先に、大きな番組へと繋がる、「パイロット版」の意味のある番組なのかな?。どうなんだろう・・・って想うのです。
[PR]
by broadcast-press | 2010-03-03 06:15 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ルビコンの決断「サントリーの逆襲・ハイボールはなぜ復活したのか」
テレ東の「ルビコンの決断」で、「サントリーの逆襲・ハイボールはなぜ復活したのか」というドラマの回を放送していて、私も見ました。当時、サントリーの中で、力がいれられていなくて、売り上げ減少の一途を辿っていたウイスキー。サントリーのある若手営業マンが、その現状に立ち上がり、ウイスキーを復活させるためひとり奔走し、その答えとして、ハイボールに注目、「1軒目の飲食店でも飲める酒」を目指して、なんども試作を重ね、モニター調査し、ハイボールにおける、若い人が好む、ウイスキーと炭酸の完璧な比率を探り出す。そして、上司を説得し、ハイボールの新たなスタイルを研究した。最後には、当初、ウイスキーを軽い飲み方にすることに、大反対だった、山崎蒸溜所の主席ブレンダーを納得させ、新しいハイボールは、世に出る。・・・

ハイボールの作り方を店に徹底させ、ハイボールの店を全国に広める。角ハイボール酒場として、看板なども取り付け、ハイボールタワーを店に設置して、ハイボールのジョッキのデザインも研究(若い女性も持ちやすいグリップと、角のデザインを融合)し、ハイボールの世界を確立させる。そして、全国展開の広告・CM・・・緻密な戦略があって、いまのハイボールブームに繋がったのでしょう。

若者に見向きされてこなかったウイスキー市場は、見事V字回復し拡大した。


とにかく、小雪さんの、あのCM、あの「ウイスキーがお好きでしょ?」の歌が大きく牽引したことは間違いないでしょう。


と、いうことで、ハイボールが手軽に缶でいただけることになって、私も、自室で戴くことが多くなりました。部屋を暗くして、スタンドライトだけ灯して、落ち着いた音楽流して、ぼーんやりと。ハイボールとたくさんの氷をいれ、キンキンに冷やしたグラスを見つめながら。


あまりお酒は飲まないのですが、ときどき、軽く酔いたいときもあるのです。
[PR]
by broadcast-press | 2010-02-17 05:17 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

TBSのニュース・4月改編で、夕方はNスタ、夜はNEWS23X(クロス)に
TBSのニュース・4月改編
夕方は、「総力報道THE NEWS」が打ち切られ、「イブニングワイド」が、20分拡大する
つまり、1年前まで放送していた「イブニングファイブ」の枠に、再び戻ることとなった。
(JNN系列各局は、またしても、夕方ローカルニュースの時間を移動させざるを得なくなるのでしょう。ほんと、系列局からしたら、いい迷惑ですね)

新番組名は「Nスタ」
イブニングワイドも、あまりに安易なタイトルだったけれど、Nスタもあんまりだわ。ただ、新聞の番組表では、3文字で済むから、都合がいいかもしれない。個人的には、ほんと、「ニュースコープ」の名を復活すればよかったのにと想うのですが。イブイニングワイドの元NHKの堀尾正明アナウンサーがそのまま継続、そして、TBSの佐古忠彦さんが3年ぶりにキャスター復帰。筑紫哲也NEWS23で活躍されてましたよね。

そして、夜のニュースも、1年前の枠に戻る。つまり22時54分~の23時50分番組に
特集コーナーも再開。ニュースワイド番組に再び戻る。
膳場さんのメインキャスターは変わらず。そして、報道局の松原耕二キャスターが加わる(ニュースの森のキャスターで活躍されていました)特集コーナーは外信部の萩原豊記者。スポーツコーナーの担当が青木裕子アナウンサーが担当されるなど。


番組名は、「NEWS23X(クロス)」に変更される

報道特集が、報道特集NEXTになったのと同じような感じだろうか。



どちらの番組も、
メイン=元NHKアナウンサー
サブ=TBSのキャスターのエース

派手さはないけれど、「安心」して見れるキャストですね。「総力報道THE NEWS」で苦渋を味わったので、一転、手堅い顔ぶれになった感じがします。

報道のTBS、復活となるか?
鍵は、NEWS23X(クロス)。本格的な報道番組として、特集などもきちんと記者が取材し報告するような、どっしりしたものをやっていけるか?かなと想います。かつて、「情報デスクTODAY」という硬派な報道報道番組を、帯で夜11時半過ぎから放送していましたが、TBSだけは、局アナ、記者・報道部が中心となって、ニュースの核心に迫る、まっとうな大人の報道番組を作って欲しい気がします。

Nスタは・・・まぁ、おそらく生活情報なども取り入れた、他局と同じような定番の夕方ワイドになるでしょうから。
ただ、堀尾さんのキャラクターが、視聴者には安心するのか、イブニングワイド、意外と視聴率がいいらしいので、その勢いを、全国ネットになって、変にリニューアルしないで、維持できるかがかぎかな?
[PR]
by broadcast-press | 2010-02-05 06:18 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ルビコンの決断「前代未聞の商店街再生 20年間の軌跡」
ルビコンの決断「~前代未聞の商店街再生 20年間の軌跡~」を興味深く見ました。

以前より、なにかの番組で(ワールドビジネスサテライトだったかな?)高松市にある高松丸亀町商店街が、全国でも画期的な方法で、商店街を再生したというニュースを見たのですが。その再生の過程については、詳しく知らなかったので、今回、ドラマ形式で詳しく知ることができた。

バブル崩壊に加え、大型店の進出・・・
このままじゃ、商店街がシャッター街になってしまう。その危機感を覚えた、靴屋の店主さんが、東京から乗り込んだ都市計画の専門家の女性とともに、商店街を新しく作りなおすという計画を立てた。しかし、商店街の店主のほとんどが、反対し、激しく対立する・・・しかし、その後の不況やたくさんの大型店進出で、シャッターを閉じる店は増えるし、商店街の構成も、どんどん衣服テナントや銀行ばかりになってきた。だんだん、他の店主たちにも、危機感が


いろんな苦労の過程があって、商店街会社が、すべての土地を一括に借り上げて、店を再配置する。そんなリスクを背負ってでも、再開発を進め、商店街の建物をすべて新しいビルに建て直し、商店街をひとつの大きなショッピングモールと考えて、美しいモールのような商店街が、20年かけて作られた。広場やベンチなども設けられ、イベントも開催され。また、街区ごとに、それぞれの業態を集めて、整理し、買物しやくすした。この商店街だけしかあじわえないうどん店や、スゥイーツの店など、商店街全体のいいバランスを作るため、業態変換するお店も。(発案した靴屋さんも、自分がまず率先してやらなくては!ということで、うどんやさんに業態変換した)再開発ビルの上階はマンションになり、商店街に住む住人の数も飛躍的に増え、買物客がまた増えていく。




都市計画を、街全体、商店街全体で考えて、作り変えることで、衰退を食い止めるということ。なかなかできることじゃないけれど、成功した例もあるんですよね。


大型店ができたから、不況だからダメと、あきらめることは簡単だけれど、みなの意識を180℃変え、商店街を無くさないという情熱さえあれば、充分対抗し、魅力ある商店街を作り直すことができるものなのですよね。




商店街・・・
広島の街って、商店街って意外と多いのですが、すごく盛り上がっている商店街って少ないな。本通や金座街を見ていても、老舗は少なくなって、衣料品やドラッグストアがたくさん。商店街としての業態のバランスがあまりよくない気はしますね。


テレビ東京のゴールデンタイム3大経済番組

「ガイアの夜明け」(ドキュメンタリー)
「カンブリア宮殿」(トーク)
「ルビコンの決断」(ドラマ)

どれも、なかなか筆者は好きな、評価できる番組だと想います。
経済を、だれもが見やすく、面白く、でも、まじめにクオリティー高く。
これからの、ひとつの、民放テレビの方向性を示しているように想います。
ドキュメンタリーでも、数字は取れる。
[PR]
by broadcast-press | 2010-01-13 23:08 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NEWS FINEは、地味に改良を加え続けてる
NEWS FINE
テレビ東京(TXN系)の夕方ニュース。大浜キャスターと倉野アナウンサーがメインをつとめる。もともと、民放で先駆けて、午後5時台に全国ニュースを放送し、成功したのが、テレビ東京。その後、他局が午後5時台に進出・追随してからは、とても苦戦をしている時間帯である。視聴率も2パーセント前後を行き来している。

ただ、他局が、ワイドニュースショー化する中で、唯一のストレートニュースをずっと守っている。
系列局の少なさ(取材力の低さ)が、幸いして、潔い、いたってわかりやすいニュース番組になっている。25分で、ニュース・経済・天気をまとめているのですから。(金曜日のみ、「金曜特報」として、冒頭から特集取材のコーナーを放送し、きょうのニュースは後半にもってきている)


視聴率が低迷しているのがあってか、

NEWS FINEを見ていて、きになることがある。

それは、とにかく細かい小変更が激しい!

オープニングテーマソングも、NEWS FINEがスタートして、半年待たずして、新しいものに変更されたし
ニュース項目のテロップのデザインも何度変更されたかわからないくらい、こまかな変更が激しい。

また、そもそも前番組「速ホゥ!」の流れで、2人のキャスターは、スタート直後は、椅子に座って伝えていたのだが、これも、スタートから1ヶ月たたずして、セットのテーブルが変更され、立って伝える形式に変わった。

番組後半の「そのほかのニュース」(番組スタート直後は、「ニュースアロー」というコーナー名だった)での、CGセットでのニュースインデックスデザインも、文字だけだったものが、この1月からは、各ニュースの写真画像を表示するようになり、見やすくなった。


2人のキャスターの後ろのセットも、微妙に随時変更されている。
白を基調に、やさしい青や黄色など使われていて、他局がスタジオらしいセットなのに対して、ニュースらしくないセット。


系列局が少なくても、ニュースというものは、このようにストレートニュースをシンプルに伝えてくれればいい。きょうあったことさえわかればいいのです。

そういう意味で、NEWS FINEは、理にかなっている。
大浜キャスターの簡潔なコメントも好感が持てる。

強いて付け加えるとすれば・・・

せっかくだから、TXNを再び冠につけたらいいのにと想います。
(BSジャパンへの配慮かな?とも想いますが)
いちおう、全国を形的には縦貫している、TXNネットワークを、もっと強調してもいいのでは?
[PR]
by broadcast-press | 2010-01-06 06:48 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧