メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:報道・ニュース( 26 )
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

水曜ノンフィクション、打ち切り終了へ
このブログで、番組開始直後から、酷評していた、TBS系「水曜ノンフィクション・関口宏モトをたどれば」が、今月3日放送分で終了することが、2日後のきのう発表された。ちなみに3日放送の視聴率は、なんと2.8%。全23回の平均視聴率は5.7%
筆者の住んでいる地区では、20時台に移動となってからは放送されていない。3日放送終了時、来週の予告みたいなものはあったのだろうか?この低視聴率を問題視したのだろう。

「水曜ノンフィクション」「総力報道THE NEWS」「ひるおび」
低視聴率番組で話題になっているうちの1角が倒れてしまった。

どれも共通するのは、コンセプトがまったくわからない。どういう番組のカテゴリーなのか不明ということ
水曜ノンフィクションも、本格的な報道番組でもなく、本格的なドキュメンタリーでもなく。
総力報道THE NEWSも、総力報道という割には、芸能やら、スーパーの戦術やら・・・名前負けです。
ひるおびも、ワイドショーなのか、報道なのかよくわからない。ただ、さしさわりないことを、だらだら4時間。
(同じ曜日の久米宏さんの番組も、スタート時はあいまいだったが、4月改編で、トーク対談番組に代わったので、コンセプトがとりあえずはっきりした。数字は相変わらずだが)

明確なカテゴリーをきちんと定めないと、内容が散漫かつ希薄になり、視聴者もついてこない。
前も書きましたが、
本当に質のいい番組を作る気持ちがあれば、
関口さんも、コメンテーターもいらない。はっきりいって、無駄です。
純然たるドキュメンタリーを、報道セクションがつくればいいのです。
スタジオ部分を作るのであれば、現場で取材した記者やディレクターが、出演して伝えるのが基本だと思います。
もしくは、全国最高の系列局を持っているのだから、その系列各社のドキュメンタリーを放送すれば、地方局の士気もあがるし、本当のドキュメンタリー番組になりうると思う。その勇気がいまのTBSにはない。

同時期にはじまった、テレビ朝日の「報道発ドキュメンタリ宣言」という好例を見てもわかることですよね。
こちらは、きちんと作りこんでいるし、報道発という名前どおりの番組だと思う。数字も、そこそこ取っている。


10日から、森三中司会の生活情報番組「激安バラエティー」。
かなりのやっつけ仕事。
タイトルから、すぐわかります。きっと改編期までのつなぎ番組なのでしょう。
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-05 06:09 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

総力報道!THE NEWS第1回、危惧してた通りでがっかり
「総力報道!THE NEWS」
TBS開局以来の大改編の目玉番組。民放初のゴールデンタイム2時間帯報道番組として、華々しくスタートした。

さて、あくまで第1回をみた、率直な感想を記します。


危惧していた予感が、的中した!!
総力報道とは名ばかりだ。

以前、このブログにて、こんなことを書いた

========================

高橋尚子さんをスポーツキャスターに起用するなど、話題になってはいますが。
夜7時台にニュースはしんどい。でも、本格的な報道番組にするのならとことんやらないど、きっと大失敗する。中途半端に、ワイドショー的な情報とか、グルメとか、そんなものを入れたりしないで。(イブニングファイブみたいな内容)


2時間、本格的な報道番組。
それを貫けるか。そこですね。ポイントは。きっと夜7時って、主婦が主な視聴者層でしょ?お堅い報道番組では、数字は想うように稼げないと想う。でも、だからって、ワイドショーか、報道かわからないような番組に妥協してしまって、変に主婦ウケするようにしてしまったら、ますますだめだと想う。

「報道のTBS」を復活させる番組にしたければ、妥協しないで、本格的な報道番組に徹したほうがいいと想います。ステーションイメージを上げる意味は大きいから。


========================


危惧していた予感が的中。
それは、この番組が本格的な報道番組に徹していなく、コンセプトが散漫としている

いちばん悪いのは、イブニングファイブの「本日のカワラBANG!」のコーナーを引き継いだこと。これはびっくりです。まさかとは想ったけれど、堂々と、芸能情報コーナーを入れてしまっていた。午後7時台を意識して、主婦ウケするコーナーを入れたかったのはわかるけれど、安易過ぎる。

「本日のカワラBANG!」とともに、とくに気になったのは、延々とどろぼう捕まえたおばあちゃんのニュースを報道したこと。くだらない・・・こんなワイドショーレベルの、下世話な程度の低いニュースを延々つたえるという感覚に疑問??もちろんこのニュースに後藤謙次さんがコメントすることもないし。コンセプトがバラバラなのがよくわかる。

2時間のコーナーの流れも悪い。
こんなに長時間の報道番組なのに、ストレートニュースをしっかり伝えているという感覚がないのです。どれもが散漫としていて、各コーナーがバラバラなコンセプトを、流れを考えず繋ぎ合わせたような。
無駄なコーナーをそぎ落として、もっと報道らしい流れを作っていくべき。他の報道番組では報道しない問題に着目してこそ、本当の報道番組のような気がする。午後7時台に視聴者層を意識してはだめなのです。なにを伝えるか。報道として伝えなければならないかが大切なのに・・・


小林麻耶さんのメインキャスターぶりがたどたどしいのは最初だから仕方ないにしても、
アンカーマンの後藤謙次さんの位置づけというか、扱いがあまりにもお粗末。まったく生かされていない。
ニュース23の格調高い、いい意味での地味なニュース番組から、妙に軽いニュース番組にポンと移動させられたような・・・絶対、ニュース23の時のほうがいいもの。
後藤さんは、番組冒頭で、「現場主義」を掲げたのだが、それとは程遠い内容でした。
2時間フルに、小林さんと後藤さんがし切って、あらゆる国内外のニュースを独自の視点で伝えてほしい。
(まだ、イブニングファイブの三雲さんと杉尾さんの方が、しっかり2時間しきっていたし、おちついて見れた)

そのためには、出演者を減らすべき。芸能コーナーなどいらない。
そうしないと、なんだか落ち着きのない番組のままになる。


第1回を見ると、
他局の「リアルタイム」「スーパーニュース」となにが違うの?というのが率直なところです。

高橋尚子さんのキャスターぶりは、想った以上に上手でした。
きょう、明日の石川遼くんとのインタビューで、ご祝儀的な視聴率は稼げるだろうけれど、その後は、正直このままでは、視聴率は厳しいだろう。


これから期待することは、
・JNN系列が総力を挙げてと歌っているのであれば、各局が取材した特集などを積極的に放送する。

・芸能コーナーはやめる

・後藤さんをもっと全面に出して、ニュースを解説する役割りを強める

・ストレートニュースはストレートニュースとして、きちんと時間をとって、きちんと伝える


もうひとつ、この番組でびっくりしたのは、
本格的な報道番組・総力報道を目指した割には、オープニングでいきなり山下達郎の歌を使ったこと。
TBSは、山下達郎が好きですよね(かつての朝ワイド「ビックモーニング」を彷彿とさせる)
これじゃ、まるでワイドショーだ!!

ぜひ、いままでのニュース23を踏襲するような、本格的な報道番組を象徴するような、風格のある音楽と映像をオープニングにもってきてほしいところです


長い目で見て、これから改良していってほしい。
そうしないと、きっと、打倒「ニュースステーション」として立ち上げたが、コンセプトがあいまいで大惨敗となった、「ニュース22プライムタイム」の二の舞になる。

くしくも、「「総力報道!THE NEWS」は、打倒「NHKニュース7」(きょうの新聞テレビ欄にもまさにそのまま書かれていた)
その番組立ち上げの成り立ちや、おなじゴールデンタイムの報道ニュース番組ということで、よく似ている。



とにかく・・・


ワイドショーなら、ワイドショーに徹すればいいんです
総力報道なんて番組名を付けないで。

総力報道ならば、報道に徹するべきです。
[PR]
by broadcast-press | 2009-03-31 12:32 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

TBSの夕方は「サカスさん」
4月スタート、夕方5時台の生放送番組。
「サカスさん」
3月30日月曜 夕方4:53スタート
(月~金)夕方4:53~5:50

赤坂サカスに特設のサテライトスタジオを作り、ここから毎日生放送する。
ターゲットはなんと40~50才代女性。

内容は・・・
女性がうれしくなってしまうトピックやニュース、さらに素敵なプレゼントに至るまで。
曜日別に占いあり、カルチャーあり、経済あり、音楽・コンサートあり、旅行あり、料理ありと、『サカスさん』世代が喜ぶトレンドがここから発信

MCは・・・
月曜日・泉ピン子&森三中
火曜日・三村マサカズ(さまぁ~ず)
水曜日・名倉潤(ネプチューン)
木曜日・田中裕二(爆笑問題)
〔※金曜日・未定〕
日替わりで特集する分野の専門家もコメンテーターとして登場。
月~金の進行を久保田智子TBSアナウンサーが担当。
駒田健吾と高野貴裕TBSアナウンサーも曜日別で登場

だそうです。

さぁ、これをどう考える??
最初、TBS版の「笑っていいとも!」をスタートするのかと想った。
ただ、詳しく内容を読むと、主婦向けのワイドショー的な番組なんでしょうね。
これは、作り方をひとつ間違えると、大惨敗しそうな内容に思えてならない。

バラエティなのか、情報番組なのか、ワイドショーなのか。
中途半端にすると、なんだかわからないものになりそう。
このMCを見ても、なぜかコンビやトリオ芸人が、ピンでするし。

爆笑問題も、太田さんじゃなくて、田中さん!これはこれで新鮮だけれどね。


まぁ、ちと気にはなります。
夕方の他局は、ニュース三昧。そこにあえてバラエティ情報番組らしきものぶつけてきたのはおもしろいけれど。この番組、系列局は果たしてネットするのだろうか?

イブニングファイブの関係で、現在、多くのローカル局は、4時台にローカル生番組を編成しているところが多い。その枠を移動させずに、存続して、5時台の「サカスさん」に繋ぐという手もたしかにあるね

とにかk、TBSの編成は、NHKを分単位で意識していることが鮮明です。
(夕方のローカルニュース枠も、NHKより1分早くスタートするとか)
[PR]
by broadcast-press | 2009-02-24 05:12 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

TBS「NEWS23」4月以降も継続
4月から、夕方に「THE NEWS」がスタートするのに伴い、
「NEWS23」は移行する形で終了し、
夜は、30分の新しいストレートニュースがスタートする想われていたが


夜のニュースは、30分にはなるものの、
「NEWS23」の名称を継続することが決まった。
膳場キャスターがそのまま3代目のキャスターに就任する。

さすがに、歴史ある「NEWS23」の看板は下ろせなかったようです。
たしかに、もったいないですよね。


ただ、うがった見方すると、
「THE NEWS」が大コケした場合の保険なのかな?とも。

かつて、夜22時枠に放送した「ニュース22プライムタイム」が1年で打ち切られたとき、再び、長年放送していた看板ニュース番組「ニュースデスク」の名前が、同じ22時枠に再登板したような事態なったことがある。


「THE NEWS」が大コケしたとしても、、「NEWS23」が残っていれば、再びもとの放送時間に戻すだけでいい。新しい夜のニュース番組を立ち上げるリスクは回避できる。

そんな、保険の意味で、名前を残したのかな?と想うのです

そういえば、4月から、27年ぶりに「水曜劇場」が復活する(木曜21時ドラマが移動)
報道のTBS。ドラマのTBS。
かつての民放の雄といわれたころの原点回帰を狙っているのかもしれない。編成上においては
[PR]
by broadcast-press | 2009-02-20 05:07 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

TBS「総力報道!THE NEWS」は成功するのか疑問?
TBS、4月改編の目玉番組として、スタートさせる、民放初のゴールデンタイム大型報道番組「総力報道!THE NEWS」
私は成功するのは、かなり難しいと想っている。

TBSは、時々、タイムテーブルを全部ひっくり返して、番組をたくさん移動・終了させた上で、ゴールデンタイムに帯番組をぶち上げることがある。それがこどことく大失敗して、TBSはどんどん没落していった過去がある。

テレビ朝日「ニュースステーション」に対抗するため、夜10時に「ニュース22プライムタイム」をスタート。そのため、金曜ドラマを終了させるなど、築き上げた番組をことごとく終了・移動させた。しかし、ニュース22プライムタイムは大失敗に終わる。なにもかもが中途半端なニュースショーだった記憶がある。結局、その後番組の「ニュースデスク89」を含め、2年で撤退、金曜ドラマも再び復活した。

夜7時に「ムーブ」をスタートしたこともあった。
人気番組「クイズ100人に聞きました」など、視聴率のよかった番組を、当時の社長の独断で強制的に打ち切り、帯の番組を作ってしまった。しかし、企画力不足で、これまた大失敗。月曜日のフレンドパークのみ、改良を加えて、現在まで続く長寿番組になったものの、火曜日の三宅裕二さんの番組も、水曜日の島田紳助さんの「島田弁護協会」も、早々と終了して企画変更となった。夜7時台に新しいことをという気持ちはわかるが、あまりに企画がお粗末だった。


この4月、TBSは、総力報道!THE NEWSを放送するにあたって、番組を大幅に入れ替える。木曜の伝統のドラマ枠も水曜に移動する。フレンドパークも木曜日に移動することになる模様。

これは、ずっと視聴者が付いていた曜日・時間を、手放してしまうことになるし、視聴者も混乱するような気がします。

さて、総力報道!THE NEWS、成功するのでしょうか?
高橋尚子さんをスポーツキャスターに起用するなど、話題になってはいますが。
夜7時台にニュースはしんどい。でも、本格的な報道番組にするのならとことんやらないど、きっと大失敗する。中途半端に、ワイドショー的な情報とか、グルメとか、そんなものを入れたりしないで。(イブニングファイブみたいな内容)

2時間、本格的な報道番組。
それを貫けるか。そこですね。ポイントは。きっと夜7時って、主婦が主な視聴者層でしょ?お堅い報道番組では、数字は想うように稼げないと想う。でも、だからって、ワイドショーか、報道かわからないような番組に妥協してしまって、変に主婦ウケするようにしてしまったら、ますますだめだと想う。


先日、あるトーク番組で、フジテレビの名プロデューサーであった横澤さんが、このTBSの報道番組スタートのニュースについて、「バラエティを作る人材がいなくなったってことでしょうね」と論じていた。もう、TBSはバラエティをある意味あきらめてしまったってことかもしれない。ドラマも視聴率・そしてクオリティーも低迷している。あとは報道しか残っていないということでしょう。

「報道のTBS」を復活させる番組にしたければ、妥協しないで、本格的な報道番組に徹したほうがいいと想います。ステーションイメージを上げる意味は大きいから。


ひとつ、懸念しているのは、ローカル枠はどうなるのか?
ローカルニュースや、各系列局が独自に作っている夕方ワイドが、また振り回されることが気になる。それと、木曜7時台のローカルセールス枠(多くの系列局が、ここに自社製作番組を放送している)はどこに移動するのか。系列局も大変だ。

TBSの多くの番組が枠移動する・・・このことは、詳しく後日書きます
[PR]
by broadcast-press | 2009-02-09 22:10 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

筑紫哲也というジャーナリストを想う
筑紫哲也ニュース23がスタートしたのが、
私が高校生のころ。放送第1回も、リアルタイムで見ているんですね
「真夜中のニュースランド」ってキャッチコピーは印象的だったの覚えてる。

僕は、どちらかというと「ニュースステーション」派だったのですが、それでも、ニュース23も割りと見ていたほうで。(ただ、筑紫さんが「自分の書斎」といっていた第二部が無くなって、1時間になったあたりから、以前より見ることがなくなった気がしますが)

ニュース23は、やはり「新聞」「雑誌」そのもの
ニュースから、スポーツ、多事争論(新聞で言うところの社説)、異論反論オブジェクション(新聞で言うところの読者欄)それに対談、文化まで、本当に何でもありの幅広いニュースショーだったと思う。新聞記者から転進した筑紫さんらしいし、淡々と語る筑紫さんのコメントや、安心して見れた気がします。ジャーナリズムを変えた人ではある。いや、新聞・雑誌・テレビという世界すべてで、真のジャーナリストとして名を残した。日本を代表するキャスターだったことは確かです。

ニュースステーションは、やはり「ラジオ」そのもの
久米さんの長けた話術は、ニュースを親しみやすくし、人を引き込むし、中学生でもわかるニュース番組を目標にしただけあって、その巧みなトークはラジオ的で、視聴者目線ということを大切にされていたような気がします。ときに破天荒なことしてたのも、(丸坊主になったり、途中からスーツをやめてカジュアルな服でニュース伝えるようになったり、最終回はビール飲み干したり)毎日放送してるラジオ番組のテイストが強い気がします。TBSのアナウンサーからフリーになった久米さんらしい。ニュース番組を変えた人ではある。実際、久米さんは「わたしはキャスターではなく、司会者」と言っていた。


筑紫さんも、久米さんも
大のカープファンでしたね!そういえば

学生のころ、広告を学んでいたのもあって、年末のニュース23恒例のCMベスト10は、欠かさず毎年見ている。それを決定して発表していた、雑誌「広告批評」も、まもなく休刊となる・・・

筑紫さんが亡くなられた
なんだか、寂しい気持ちがいっぱいです。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-08 06:09 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧