メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ワールドビジネスサテライト、大浜さんが降板し、エンディング曲も変更
日ごろ見続けている、夜のニュース「ワールドビジネスサテライト」も、ずっとキャスターだった大浜さんが他の番組に移ってしまったし、エンディングのテーマソングも変わって。福山雅治さんの「群青-ultramarine」から、ASKAさん「UNI-VERSE」に。どちらも、すごくいい曲。エンディングで曲が流れるのは、ちょうど1日の終わりの時刻、「きょうもお疲れさま、あしたも頑張れそうだな・・・」って思わせてくれる。

10月、テレビって改編期なんですよねぇ。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-29 23:59 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ベストCM~マクセル「ずっとずっと」と資生堂インテグレート
ベストCM~マクセル「ずっとずっと」と資生堂インテグレート


資生堂「インテグレート」のCMに、妙にはまってしまった。
すごくインパクトのある、かっこいい映像だし。
真木よう子さんの印象がガラッと変わってしまった。
あれは、夏木マリさんの歌を当てているから、なおさらよいのでしょう。
真木さんの大きな瞳に、きっとたくさんの人が釘付けとなるだろうな。私もそのひとり。最近の資生堂のCMの中でも、インパクトと美しさで特筆できるかもね。


ことしの初め、この日記にて、マクセルのCM「ずっとずっと」をご紹介して、けっこう反響がありました。そう、休校になる山あいの小学校の、最後の7日間を追ったドキュメンタリーCM。私、何度見ても、号泣したんですよ。

そのマクセルの同じ「ずっとずっと」シリーズの、新しいドキュメンタリーCMが、ウエブにて公開されています。今年のCMは、実際放送された、奄美大島編の5本に加え、ウエブ限定の角館編の3本、正調弥三郎節編の2本。その中で、正調弥三郎節編は、月刊コマーシャルフォト10月号にも取り上げられていて、その記事で賞賛している。

この3編、どれも、ずっとずっと残さなくてはならない、日本の伝統、人と人、世代を超えた絆というものを、人間ドラマとして、丁寧にドキュメンタリーとして記録しCMとして伝えている。あえて、詳しい内容は書きません。
ぜひ、よかったら、全編見てみてください。
私、また泣いてしまいました。

http://dvd.maxell.co.jp/cm_cp/cm/index.html


ちなみに、2008年のACC・CMフェスティバルの受賞作品発表がきのうありました。テレビCMのグランプリは、ソフトバンクの白戸家のCMシリーズ。ふーむ。2007年のグランプリは、マクセルの「ずっとずっと」、ゴールドがソフトバンクの白戸家シリーズだったので、1年後、今度は最高の賞で受賞したんですね。ソフトバンクの好調は、このCMによるものも大きい気がする。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-23 22:32 | CM
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

TOKYO GIRLS COLLECTION



NHKのBS2で、昨夜、TOKYO GIRLS COLLECTIONをテレビで放送していて
たまたま少し見たのだけれど。やはり毎年、華やかですよね。
モデルの方たちも輝いてる(土屋アンナさんなんかは、違う意味で異彩を放っていたが)


今年、ユニクロが初参加したことでも話題になっていましたね
コラボレーションした「フードワンピース」を、山田優さんが着て、歩いていたことで。

やっぱり、このステージで、トップモデルが着用すると、とても3900円には見えない

スウェーデンのH&Mが、銀座に出店して、ユニクロとの競合として話題になっている。銀座で1号店を出すところが注目される。

もう、安いだけじゃなくて、デザインやブランド戦略など、高級ブランド並みのクオリティが求められているんだなって、ふと感じた。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-22 19:02 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

広島テレビ2008秋改編速報
テレビ新広島

「夜型人間」
新たに、あかぼし☆こぼしらが、レギュラーに加入。



広島ホームテレビ

「生です カッキン!」金9:55~が終了。5年間番組は続いた

後番組は、「榮屋松本堂」。榮アナ、小嶋アナが司会、松本裕見子さんがレポーターで、ほぼ、「生ですカッキン!」と同じ内容で放送



広島テレビ

枠縮小
情報ライブミヤネ屋
月~金、13:55~16:48

月~木、13:55~15:50
金、13:55~14:50

枠移動
いい旅夢気分 月 15:50~16:48(土曜昼から移動)
ポチたま 水 15:50~16:48(日曜12:30から移動)

ケンミンSHOW(再) 木 15:50~16:48
日本史サスペンス劇場(再) 金 15:50~16:48

新番組
ソロモン流(テレビ東京系) 火 15:50~16:48
るんるんCafe 金 14:55~15:50
(広島テレビのローカル情報生番組・「もっきんCafe」の枠移動・後継番組)

広島テレビニュース
月~日 20:54~21:58
(NNNニューススポットが終了のため、ローカルニュース枠に変更)

「旬感!テレビ派ッ」
馬場のぶえアナが、産休から復帰
木曜と金曜の司会を担当



RCCラジオ

新番組
あい MY ナイト
火曜日~金曜日 21:30~21:50
現役英語塾講師アイが、中高生とのやり取りなどを交えつつ、ティーン目線でトークを展開


道盛浩のバリシャキNOW!
月曜 15:00~19:00  火曜~金曜 17:47~19:00
ナイターオフシーズンの恒例帯生ワイド
道盛浩アナ、 月曜~木曜 藤田弘之 金曜 栗栖美和


サンデースタジアムGOGO!
日曜日 17:20~19:00
坂上俊次アナ、大本祐子、兼森一将


枠拡大
伊藤文のサンデー! Sunday!
日曜 9:30~11:00(30分拡大)
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-16 21:38 | 番組改編速報
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

RCCラジオ、2008秋の改編速報
新番組
あい MY ナイト
火曜日~金曜日 21:30~21:50
現役英語塾講師アイが、中高生とのやり取りなどを交えつつ、ティーン目線でトークを展開


道盛浩のバリシャキNOW!
月曜 15:00~19:00  火曜~金曜 17:47~19:00
ナイターオフシーズンの恒例帯生ワイド
道盛浩アナ、 月曜~木曜 藤田弘之 金曜 栗栖美和


サンデースタジアムGOGO!
日曜日 17:20~19:00
坂上俊次アナ、大本祐子、兼森一将


枠拡大
伊藤文のサンデー! Sunday!
日曜 9:30~11:00(30分拡大)
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-16 21:20 | 番組改編速報
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

Tommorowの最終回をみて、TBSドラマの低迷を実感
日曜劇場Tommorowの最終回

日曜劇場という、TBSの一番の看板ドラマ枠。
そのドラマとしては、完全に失敗作だと想う。

そもそも、地域医療というテーマでドラマを作るという当初の志はいいと想おう。
ただし、回が進むにつれ、尻しぼみになり、ストーリーの幼稚さや粗さが非常に目立ち。
最初の「地域医療」のテーマは、どこかへいって。

まぁ、最終回の終わり方の幼稚さは、小学生でも考えられそうだ。

菅野さん演じる主人公の看護婦さんが、事故にあい、生死をさまよう。それを、病院のスタッフが助ける。病院存続をみんなが願う。菅野さんは助かる。結局、単純にパッピーエンド。地域医療の問題にまったく切り込んでいない。社会派ドラマじゃなく、たんなる中途半端なドラマ(設定も無理がありすぎ。大きな病院で働いている人も多いはずなのに、主要キャストばかりしか出てこない。ご都合主義で作られている)

見ていて、この終わり方って、プロが作ったドラマなの?っていうくらい、ベタで単純で幼稚だ。正直ひどいと想った。

最近のTBSの連続ドラマの多くにいえるのが、尻しぼみというもの。最終回が、もっともつまらない。そんな作品が多い。気がする。

それもすべて、数字ばかり気にしすぎて、キャスティング主導、視聴率主導で、脚本が後回しになっているカラのような気がして。もっと、きちんとした脚本の、しっかりしたドラマをつくればいいのにl
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-09 04:28 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「小堺一機のすぅいんぐ人生」 羽田美智子さんのいう、色鉛筆に例えた生き方
BS朝日の「小堺一機のすぅいんぐ人生」に、羽田美智子さんがゲストで出演していた


そのときの言葉。


歳を重ねるごとに、内面の豊かさを身につけて、輝く人になりたい。

若いときの魅力って、色鉛筆で例えたら、

12色くらいしかなくて、でも原色ばかりでとても綺麗で。

それが、歳を重ねていくにつれて

24色になり、40色になり、象牙色とか、黄土色とか、

名前のわからないような中間色がたくさん増えていって

そういう色を増やしていって

ある年齢になったとき

わぁ、こんなに色が増えたんだ!という人になりたい

自分なりの色鉛筆が増えたと・・・


人生の深さを色鉛筆にたとえるところが、おもしろいし、なかなか深い意味を持っているなと。ふと感じました。

羽田さんって女優さんが好きで、いつもニコニコしてて、のんびりしてて、いい意味で、単純な雰囲気ですよね。20種類以上の趣味をこなす・・・いや、やめてしまったってエピソードも披露していました。自身のことを「思い込み人生」と評していたけれど、ここちよい生き方、ここちよい単純さにそれらがつながっているのだろうなと。そんな気がしました


その番組で、羽田さんは「休息」について語っていた

本当の休息・OFFとは、何もしないことだと。
何かを欲するまで、トイレすらいかない。水すらのまない
一箇所に座ったまま、すべての身体を休み
本当にたいくつになるまで。


それが、はじめて身体を休めたことになる。
行動をおこしたくなるまでやすませないと、
本当の休息にはならない。

休みだから、本を読まなくちゃとか、
友達と会わなくちゃとか、
病院いかなくちゃとか・・・
それは細胞という細胞まで休息したことにはならない

そういうことを、羽田さんは友人から教えられて、
実行して、ずいぶんラクになったそうです。

ふーむ。なるほどな。と、想いました。



と、いうことで、きょう日曜日、私はずーっと部屋にいました。
めずらしく閉じこもってみた。
ただ、あれこれ部屋の中でしたがるのはどうにもならないな。


ステレオの新しいケーブルを接続したり。
録画したハードディスク内の番組みたり。
本を読んだり。音楽聴いたり。掃除したり。観葉植物に水やったり。
窓からの写真を撮ったり。

しまいには、読む本を求めに、駅ビルの本屋まで出向いたりした。
文庫本を2冊買って。

こういう1日、本当に身体が休息しているのだろうかな?
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-07 06:56 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「カンブリア宮殿」成功者の失敗談
、「カンブリア宮殿」を見ていて、成功者の失敗談の特集をしていた
その中で、興味ふかかったのが、京セラの社長の言葉。

「失敗したことにクヨクヨ悩んでも、プラスになることはひとつもない。百害あって一利なし。失敗したら、ごめんなさいってあやまりさえすればいいんです」

なるほど。大切なのは、失敗した後。どう考えて、どう失敗を活かしていくかで、仕事も人生も、大きく変わっていくものなのかもしれません。


司会の村上龍さんは、こういう失敗について分析をしていた

「現代は、失敗に対する許容量がたりない世の中だ。チャレンジすることが、善にならないと、いけないと想う」

ふーむ。失敗することを認めてあげないと、失敗を恐れる人ばかりになって、挑戦しよう、チャレンジしてみようという気概を持たなくなる・・・たしかにそういわれたら、そうかもしれません。


私も失敗ばかりしています。落ち込みもします。人間として成長するためには、失敗したあと、どう考え動くかにかかっているのかもしれませんね。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-05 03:55 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「トップランナー」瑛太さんの言葉
「トップランナー」に、瑛太さんが出演していて
彼は、トークの中で、こんなことをいっていた


「俳優になる前には、自分はとてもダメな時期があった。
たとえ、ダメな時期があったとして、そのときは何もしなくていい。
ただ、それでも、自分に期待すること、いまの生活に期待することは大切だと想う。人間って、落ちてしまうのはとても簡単だから。だから、なにかに期待することができたら、きっとその先、希望につながる。」


瑛太さんは、常に間を取って、考えながら少しずつ言葉にしていく。
とてもクールで冷めているといえばそれまでだけれど、その分、しっかり人や物事を見て、考える・・・思慮深い人なのだろうなと想った。



番組の最後に、「これからどんな俳優さんになりたいか」という質問に、こんなことを語っていた。


「撮影いく途中で、困っているおばあさんがいるとしたら、立ち止まって、助けてあげられる。たとえ、それで撮影に遅刻しても、堂々としていられる役者でありたい」


ふーむ。こういう答えをするとは・・・
とても彼の言葉は、印象的に聞こえました。
役者である前に、人間であることを大切にしている人なのだなぁって。

大河ドラマ篤姫の「小松帯刀」のイメージと、佇まいはけっこう異なるけれど、芯にあるものは、似通っているのかなと。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-04 02:54 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

24時間テレビに違和感を持つ~苦言を少々
私、24時間テレビについて、ほんの少しだけ違和感持っていて。
「こころざし」がいまいち僕には見えない、「やらないよりはいいだろう」って感じがふとしてしまって。(個人的な、浅はかな感想として受け取ってくれれば・・・実際携わっている人の多くは、そんなことないと想って取り組まれていると想うので)

芸能人を走らせて、なにが残るのか、なにの意味があるのか?その裏には、なにもないのだろうか?障害をもたれている人を泳がせて、その先になにが残るのか・・・本当のドキュメントとは少し違うのかな?想うのです。少なくとも、過剰に演出された、ある部分において、感動を呼ぶようにと作られたものであることは確かで。

昔、ある放送作家さんの本にこんなことが書かれていた。
「24時間テレビをするのであれば、最低限、出演者全員、ギャラ0にして、CMも一切流しちゃだめなのです」たしかに、ぞうじゃないと、障害者の方たちを、見せ物にしてお金もうけているだけのテレビイベントにしかならない・・・という意味なのでしょう。

この言葉が的を得ているかどうかは、僕には、よくわからないけれど、僕個人として、このショーアップされた「テレビイベント」のこころざしって、ちょっぴりあいまいだなって・・・募金が集めることが大切なのだろうか?もし、そうでないというのであれば、もっと普段から、変な演出のない、ありのままを伝える、本当のドキュメンタリー番組をたくさん放送することのほうが大切なのじゃないでしょうか?伝えなくちゃいけないこと、眼を向けなくちゃいけないことって、たくさんたくさんあるはずです。
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-02 23:53 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧