メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK「トップランナー」ゲスト宮崎あおい
「トップランナー」に、宮崎あおいさんがゲストで出演していた。もちろん、いよいよクライマックスになる「篤姫」の話が盛り上がったわけですが、その中で、彼女はこんなことを話していた

「撮影中、私はもっとも長く現場にいるのだから、みんなを迎え入れて、送り出していくことも、一つの役割だと思って」

そうして、現場のみんなとの雰囲気つくりをすごく大切にされてきたんだってことがよくわかります。実際も、篤姫のような感じなのだなって。(堀北真希さんから手紙いただいて、「やさしく迎え入れてくれたことがとてもうれしかった」と書かれてたそうで、そのことを、あおいさんは、「自分のやってきたことは間違ってなかったし、そのことがとても幸せです」と語っていた)


すごく、印象的な言葉。「迎え入れて送り出すこと」
仕事でも、このホームページでも、仲間とのことでも
いまいちど、そうありたいものです。迎え入れて、最後はここちよい気持ちでお互いが送り出すことができたら。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-26 07:03 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

紅白出演者決定
紅白の出場者が決まりましたね
もう、そんな時期なんだ・・・
ミスチルって、初出場だったんだね。
水谷豊さんも出るんだね。
きっと、「右京さん」の応援で「亀山くん」も登場することでしょう
できれば、中継なんかしないで、NHKホールのステージでみんな歌ってほしいな。やっぱり紅白なんだから。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-25 22:00 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

風のガーデン

すごく考えさせられる。毎回。
命の最後を迎えるということ、どういう形がもっともいいのだろうか?
緒形拳さん演じる、おじいちゃんが医師としてとりくむ、終末医療の形(自宅で、家族と最後までいっしょに過ごすこと)は、おそらく自らがそういう立場になったとして、おなじことを望むような気がします。

ドラマ、毎回見るにつけ、どんどん拳さんがやせられていく。
病をおしてでも、最後まで、役者としてありつづけたい・・・その想いを痛切に感じる。
役と、ご本人そのもの。ほんとうに重なるものがある。

ドラマでは、断絶していた息子と対峙する
次回、その現実(縁を切っていた息子が余命わずかということ)を知ることになるが
病に冒された息子との残された時間を、どう受け止めていくか。とても気になる
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-24 23:58 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ALWAYS 続・三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日
やっぱり、大泣きしてしまった。

この前テレビで放送してたのを、録画で見ましたが。
やっぱり、泣いてしまうね・・・涙腺が本当に弱い。
ノスタルジックな映像だけでも、ついウルウル。
最近、映画ってまったくみないけれど、この映画だけは、見てしまった。うん。

映画が放送されたの翌日のラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を聴いていると、桑田さんが「きのうの映画みたく、小雪みたいな「いい女」が、あの時代の駄菓子やにいるわけない!」って言ってたのが妙に笑えた
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-24 23:57 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHKハイビジョン「サラリーマンNEOシーズン3一挙放送」
NHKハイビジョンで、「サラリーマンNEOシーズン3一挙放送」をやっていましたよね。朝7時から夜6時まで。出来ることなら、見たかったけれど、とりあえず、秋までの放送で見ること出来なかった回10本+蔵出し新作コントを絶対見たくて、録画して、夜遅く見だした。

昨年も書いたけれど、サラリーマンNEOは、コントの連続性の関係で、いっきに見たほうが、何倍も面白いと思う。
意外と、最後まで続かなかったコントもあったり、逆に後半からスタートしたコントもあったり。吉瀬さんの「変な感じの係長」のコントはけっこう笑えました!田口さん演じる「大河内透」さん、果たして、結婚できるんだろうか?その結末は、クリスマススペシャルにでも放送されるのだろうな・・・

セクスィー部長、紅白に出演するんだろうか?
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-23 23:55 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「渡辺篤史の建もの探訪」の魅力
水曜日、シルシルミシルって番組を見てて
「渡辺篤史の建もの探訪」の篤史さんの「褒め言葉」のお初は?
というのをやっていた。

建もの探訪、そもそも放送開始直後って、いまの狭小住宅のお宅拝見番組じゃなくて、日本の名建築をめぐる旅番組だったんですね・・・20年前の初回放送では沖縄の小学校を訪れていた。そこで、初回放送から、なんにでも褒めまくっていた(郷土の食べ物とか、学校の児童にとかにも)

シルシルミシルで「褒め言葉のファンタジスタ」って紹介されてた篤史さん。
これほど、褒め言葉を連発する、そして嫌味もまったくない人も、めずらしい。


「いやいやいや~」「いいねぇ~」
そんな篤史語録、僕でも、すぐ頭に浮かぶ。それ以上に、専門的なインテリア用語も、すぐ出てくるし。紹介するお家、ご家族、ペットまで。すべてにプラスの言葉がぽんぽん出てくる

僕も長いこと、「建もの探訪」って良く見てるけれど、モダンで機能的なお宅紹介以上に、篤史さんがやはり主役であり、見どころなんだろうな・・・改めてそう思えた。

(ちなみに、雑誌「月刊ダヴィンチ」には、作家万城目学氏が、篤史さんを考察した「今月の篤史」ってエッセイを連載されている。篤史ファンが多いってことだね)

自分がこころから感動したりして、自然と出る褒め言葉・・・褒めることって、すてきなことだし、そうあるためには、やはり感受性豊かで、人間的に穏やかで好奇心もっておきたいものです・・・



シルシルミシル、おもしろい番組だけれど、これは、「トリビアの泉」をベースとしてるね。きっと。よく似てるもの
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-14 05:53 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

筑紫哲也というジャーナリストを想う
筑紫哲也ニュース23がスタートしたのが、
私が高校生のころ。放送第1回も、リアルタイムで見ているんですね
「真夜中のニュースランド」ってキャッチコピーは印象的だったの覚えてる。

僕は、どちらかというと「ニュースステーション」派だったのですが、それでも、ニュース23も割りと見ていたほうで。(ただ、筑紫さんが「自分の書斎」といっていた第二部が無くなって、1時間になったあたりから、以前より見ることがなくなった気がしますが)

ニュース23は、やはり「新聞」「雑誌」そのもの
ニュースから、スポーツ、多事争論(新聞で言うところの社説)、異論反論オブジェクション(新聞で言うところの読者欄)それに対談、文化まで、本当に何でもありの幅広いニュースショーだったと思う。新聞記者から転進した筑紫さんらしいし、淡々と語る筑紫さんのコメントや、安心して見れた気がします。ジャーナリズムを変えた人ではある。いや、新聞・雑誌・テレビという世界すべてで、真のジャーナリストとして名を残した。日本を代表するキャスターだったことは確かです。

ニュースステーションは、やはり「ラジオ」そのもの
久米さんの長けた話術は、ニュースを親しみやすくし、人を引き込むし、中学生でもわかるニュース番組を目標にしただけあって、その巧みなトークはラジオ的で、視聴者目線ということを大切にされていたような気がします。ときに破天荒なことしてたのも、(丸坊主になったり、途中からスーツをやめてカジュアルな服でニュース伝えるようになったり、最終回はビール飲み干したり)毎日放送してるラジオ番組のテイストが強い気がします。TBSのアナウンサーからフリーになった久米さんらしい。ニュース番組を変えた人ではある。実際、久米さんは「わたしはキャスターではなく、司会者」と言っていた。


筑紫さんも、久米さんも
大のカープファンでしたね!そういえば

学生のころ、広告を学んでいたのもあって、年末のニュース23恒例のCMベスト10は、欠かさず毎年見ている。それを決定して発表していた、雑誌「広告批評」も、まもなく休刊となる・・・

筑紫さんが亡くなられた
なんだか、寂しい気持ちがいっぱいです。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-08 06:09 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

篤姫も佳境に
いよいよ、篤姫も佳境に入ってきました。

ここ数年、大河ドラマを1回も欠かさず見続けていますが、最初、篤姫を、あまり期待せず見ていたのに、いまでは入り込んでみている。

幕末モノって、当たらないという大河のジンクスを破って、特に女性に幅広く見られていて、視聴率も10数年ぶりに、全回20パーセント越えになりそうな勢い。

ひとえに、わかりやすさってあるんでしょうね。
「女の道は一本道」「まずは、相手の懐にはいって、話を聞いて、理解して、対峙していく」そんな篤姫の生き方に、あこがれる人が多いんでしょうね。



僕は、あまり日本史が好きではなく、高校でもあまり力入れて勉強していなかった。こと、江戸時代初期を過ぎると、授業もことさらっとスピード上げて進めていくから、幕末のことについて、なおさら詳しくない。実際、勝海舟、西郷隆盛、坂本竜馬・・・らが、実際ナニをしたのか?って、このドラマ見るまで、詳しく知らなかったもの。
すごくすごく、勉強になっているんです。

これから先、宮崎あおいさん見ると、篤姫にしかみえないだろうな。きっと。


あおいさんが出演してるあひるの保険のCMが、最近、篤姫の老女・幾島役の松坂慶子さんに代わっていたり、篤姫の母役の樋口可南子さんや、勝海舟役の北大路欣也(お父さん犬の声)さんが出演しているソフトバンクのCMにも、同じく松坂さんが出演したり。CMも、篤姫つながりで、効果を狙っているんだろうかな?
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-06 05:46 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

安佐南区にコミュニティFM局「fmハムスター」来年4月開局へ
県内5局目のコミュニティFM局。広島経済大学内のメディア情報センターのスタジオや機材をを利用し、新たにアンテナ設置。広島経済大学教職員らが作るNPO法人が立ち上げ。区役所と連携し、災害時の情報発信、留学生による外国語放送も。ハムスターは、広島・安佐・南のローマ字の頭文字のハムから
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-01 23:19 | ローカルラジオ局ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧