「ほっ」と。キャンペーン
メインホームページ
最新の記事
お気に入りブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
タグ:テレビ朝日 ( 35 ) タグの人気記事
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

報道ステーションSUNDAYの枠移動への影響と違和感
テレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」が、4月以降、10:00~11:45を、16:30~18:00へ枠移動することが明らかになった。
テレビ朝日、ここ1年で、大掛かりな枠移動が目立つ。徹子の部屋や、TVタックルなどが代表的ですが、必ずしも、成功したとは言い難い。徹子の部屋は、報道・ワイドショーをお昼休みに見たい視聴者層を失って、TBSひるおび独り勝ちにしてしまった。

報ステも、この枠移動が成功するのか微妙な気がします。昨年、一度、この時間に放送したことがあって、なんとなく、枠移動の試験的な放送だったのかなと思いましたが。

こと、広島では、この日曜16時台は、長年「開運なんでも鑑定団」を放送していて、視聴者層である高齢者層は、この時間、ホームに合わせるというのが習慣として定着している。このままでいったら、なんでも鑑定団は枠移動させられる。

また、日曜17時は、生放送のローカル番組「恋すぽ」が控えている。こちらも高視聴率番組。
日曜のカープデーゲームの模様をいち早く伝えられるベストな時間枠なのですが。
これも、移動せざるを得なくなる。

報ステを17:30以降のみネットし、他は、そのまま鑑定団を恋すぽを放送しつづけるのか。注目してしまいます。

でもまぁ、サンデープロジェクト→サンデーフロントライン→報ステSUNDAYと続く伝統枠を、あっさり捨ててしまうのはちともったいない。
もっと政治家を出演させて討論させる番組を再びすれば、裏番組と十分差別化できると思いますが。いまのテレビ朝日=朝日新聞では、無理なのかな?
[PR]
by broadcast-press | 2015-03-06 05:01 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

アメトーーク3時間スペシャル+4時間目
今夜の「アメトーーク」 3時間スペシャル+通常版1時間
プロ野球好き芸人、おもしろかったなぁ。まだまだ何時間でも作れそう。
と、いうか、流れてたVTRがとても懐かしい。いたいた、こんな選手、そうそう、こんな乱闘シーンあったよね・・・とか。

トーク中、ザキヤマさんの、いちいちくだらない言葉を入れるのが、やっぱり好きだなぁ。

(最近よく、ザキヤマさんが出てるトヨタのCMが流れてると、つい笑ってしまう。ザキヤマさんって、高田純次さんに通じる、テキトーさが、本当におもしろいよね。)

でも、それ以上に、4時間目にやっていた「梨大好き芸人」のような、マイナーな食べ物がテーマのくだらない回が、妙に好き。

いままで「油揚げ芸人」「ポテトサラダ芸人」と続いて、「梨芸人」
よく、こんなテーマで1時間、語りつくせるものだといつも感心する。
お決まりの安田美沙子さん出演のミニドラマも、ばかばかしくていいい。
[PR]
by broadcast-press | 2010-10-07 23:51 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ハガネの女
金曜の夜、新しくはじまったドラマ「ハガネの女」をたまたま見ました。
すごくテンポのよい内容だったし、たしかに面白かった。小学校4年生のあるクラスに、臨時採用で担任になった教師(吉瀬美智子)が、陰湿ないじめが、堂々とまかり通っているクラス(いままで担任2人を辞めさせたすごいクラス)の児童と対決するという物語。女の子が、男の子に怪我させるくらいの暴力振るってたり・・・それにしても、児童を演じているすべての子役さんの演技力がすごいなぁって。それぞれの児童に、それぞれの裏の顔とか事情とかあるだろうから、これからいろんなストーリーの展開が広がるだろうな。でも、深夜だから、同年代の子は、見ないだろうな。いや、みないほうがいいかもね。フィクションだけれど、現実にこういう学級崩壊ってあるわけだし、ノンフィクションっぽい部分も多分にあるのかもしれない。最近の子供って複雑なんだね。

よくテレビを見ていて、吉瀬さんの話題になると、タレントさんたちからも、みな本当の意味で「きれい」「美しい」と必ず口にする。僕の周りの人も、吉瀬さんって美人だよね・・・ということを言う人が多い。こんな女優さんって、他にいないなぁ。
[PR]
by broadcast-press | 2010-05-28 06:11 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

臨場 第2シリーズをレビュー
「臨場」の新しいシリーズが、スタートした。
僕は、横山秀夫さんの作品が大好きで、おそらくドラマ化されたものは、ほとんど見てると思います。

この「臨場」、昨年のシリーズは、忠実に横山さんの原作をドラマ化した。まさに横山ワールドを展開していて、すばらしいドラマだった。(特に、昨年の第1シリーズの中で、血液型が鍵になっていた回のお話は、秀逸だと想った)伊武さんとか、隆さんとか。横山秀夫さんのドラマではおなじみの渋いキャストが登場しているのも、それだけ本格的な大人のドラマを目指した志の高さのような気がして。
しかし、もう原作はすべて使ってしまったので、このシリーズからは、原作者の原作を離れて、ドラマオリジナル作品になる。横山さん以外の方が書かれたストーリー。

だから、どうなのだろう??と、少々不安な気持ちでみました。
あれ、映像の雰囲気が違う・・・龍馬伝と同じような、プログレッシブカメラで撮影してるのかな?映画っぽい映像に変わっていた。

クリーニングのおばちゃんとか、記者クラブの記者とかも、登場しなくなった。主人公の倉石のキャラクターも、ちょっぴり変わった??妙に刑事のように捜査しているように映ったけれど。

エンディングテーマも、テーマソングそのままでよかったのに。わざわざ、平原さんの新しい曲を使わなくてもいいような気もちょっとした。普通のテレビドラマになっちゃった気がして。


相棒の右京さん、臨場の倉石。
どちらの主人公も、定番のフレーズとか、しぐさってある。

右京さんは、特命係の部屋で、いつもティーポットを高いところから、カップに紅茶を注ぐ。
倉石は、いつも、現場へ訪れるとき、とれたてのきゅうりをかじっている。

右京さんも、定番のセリフっていろいろありますよね。
倉石で言えば、「おれのとは違うなぁ~」とかね。


キャラクターがしっかりしているドラマって、長く人気を博す。
その例かもしれない。臨場も、きっと長いシリーズになるのでしょう。もしかしたら、相棒のように、映画化されたりとかね。
[PR]
by broadcast-press | 2010-04-09 23:53 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「ドラマのテレビ朝日」と呼ばれるか・・・日曜23時に新ドラマ枠新設へ
かつては、TBSって、「ドラマのTBS」と呼ばれていた
常に、日本のテレビドラマをリードし、視聴率的にも、群を抜いていた。現在でも語り草になっている名作ドラマをたくさん生み出していたものです。昭和40年代後半から50年代にかけては、ほぼ毎日、ゴールデンタイムに連続ドラマ枠を設けていて、さまざまなドラマが放送されていた

時代劇から、刑事ドラマ、社会派ドラマ、金曜ドラマのような時代の先を行くようなドラマとか、大映ドラマが制作した、通称「大映ドラマ」、アイドル主演ドラマ、そして橋田さんなどのホームドラマ、時間ですよのようなコメディードラマまで。

ドラマって、いろんなドラマがあるべきです。
いまのTBSの問題の一つに、アイドル事務所主導だったりして、本来のドラマ枠の形を無視して、一貫性のないドラマの編成をしている。そのため、どうも軽いドラマばかり似たり寄ったり。もっと、社会派ドラマを放送する枠とか、刑事ドラマを放送する枠とか、幅広い種類のドラマを放送してみればと想う。


いま、テレビ朝日は、かつてのTBSに近いドラマ編成に思えている。
土曜ワイド劇場のようなサスペンス枠も大切にする
水曜刑事ドラマも変わることなく。
時代劇ドラマも、京都ミステリーとして形を変えて、存続している。
木曜ドラマにしても、できる限り、30~40歳くらいの女性をターゲットにした枠。かつてのTBS金曜ドラマのような・・・

金曜ナイトドラマは、深夜ドラマのさきがけとして、大成功した。若者向けに支持される枠として成長。

金曜9時ドラマと、木曜9時ドラマに関しては、
数字は確かに悪いけれど、題材は悪くない。「宿命」「エンゼルバンク」
要は、ただ数字を狙うだけの中身のないドラマではなく、他局がしないこういう題材・作品をドラマ化するという意思があることだけは理解できるのです。

作品重視で考えると、けっして数字にはならなくても、必ず評価はされるもの。


さて、日曜23時の新ドラマ枠、これは実験的ではある。
かなり落ち着いた内容のドラマがふさわしい気がします。
どういう方向に向けるのか、注目したい。

TBSは、21時に「日曜劇場」、WOWOWは22時に「連続ドラマW」、大河ドラマも含めると、22時まで連続ドラマがならんではいるけれど、23時台の連続ドラマって、あまり例がないのでは?

この不景気で、連続ドラマ枠を減らしている局が多いなか、テレビ朝日は逆に増やしている。
ドラマ制作に自信があるのだろうね。ここ10年で、かなり培ったものがあるのだろう。
[PR]
by broadcast-press | 2010-03-09 06:08 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「臨場」第2シリーズがスタート
テレビ朝日、4月からの水曜21時ドラマは、
「臨場」第2シリーズがスタートすることが発表された。

非常に大好きなドラマだったので、これはとてもうれしい。
このブログでも当時書いたのだが、この「臨場」、発表された、作品は、この第1シリーズですべてドラマ化されたため、続編は無いと思っていた。


しかし・・・第2シリーズは、
横山秀夫さんお単行本未発表の作品と原作をベースにしたオリジナル脚本で作られるそうです。

原作から離れるストーリーも出てくるのでしょう。
しかし、プロットはしっかりしているので、非常に楽しみなのです。
こういう、骨太で重厚な刑事ドラマは、昨今なかなかありませんから。
それでいて、視聴率もすごくよかった(平均15%あった)

内野聖陽さんの、代表作になりうるドラマ。
そして、相棒に続く、この枠の定番ドラマになりうるドラマ。

期待したい。
[PR]
by broadcast-press | 2010-02-09 21:39 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

M-1グランプリ2009を見て想う
M-1グランプリ、昨夜遅くから、録画で見ました。
決勝で審査員7人全員の満場一致でパンクブーブーが選ばれました。わたし、パンクブーブーって、きょうまでまったく知りませんでした。ほんと、無名のコンビが、優勝することが最近多いですよね。
サンドイッチマンが優勝したときのことを思い出した。
たしかに、パンクブーブーの、マンションの隣人のネタも、陶芸家に弟子入りさせてください!のネタも、非常にわかりやすくて、テンポよかったもの。決勝は、ノンスタイルのネタと、トントンかな?って思ったけれどね。まぁ、心情的に、2連覇よりも、無名に近いコンビに優勝を!というのはわかるけれどね。

笑い飯の最初のネタ「鳥人(とりじん)ネタ」は、ネタとしては、一番面白かった!なのにどうして、決勝では、あんな、ちょっぴり会場の客が引くようなネタやったのだろう??すごく疑問です。

ナイツに期待してたんだけれどね。
大阪の漫才コンビばかりに優勝させないで、東京の意地を!なんて思ったけれど。

M1グランプリは、ナイツのような「静」の漫才よりも、
大阪特有の、「動」の漫才のほうが、有利っていうのはあるかもしれませんね。

審査員の多くは大阪の芸人さんだしね。東京の芸人さんの芸は、地味に映るかもしれない
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-21 20:28 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

小宮・田原氏降板に見える、テレビ朝日とTBSの経費削減の差
テレビ朝日のスーパーJチャンネルのメインキャスターである小宮悦子さんが、来年3月で降板することになった。また、サンデープロジェクトのの田原総一朗氏も同じく降板することが決まった

小宮さんはスーパーJチャンネルに12年ですか。あれよあれよという間に。でも、低迷していた(低迷していた時期は、石田純一がキャスターだった、番組初期のころ)この番組をここまで安定する人気に押し上げたのは、この人の功績ではあるでしょうね。

田原さんは20年・・・サンデープロジェクトって、田原総一朗で持っていた番組って気もします。

どちらも、局の経費削減による改編(2人の高額なギャラを削減)なのだということは、誰しもわかることですが、しっかりしたフォーマットが出来上がっているので、この2人の代わりを局アナなり、別の政治ジャーナリストがやっても、さして変わらず支持は得られるだろうという判断なのでしょう。

久米さんから、古館さんに変わっても、視聴者はそのままスライドしているのと同じように。


田原さんって言う人は、良くも悪くもという言葉が当てはまるかもしれない。
ただ、サンデープロジェクトの討論コーナーでも、どこか自民党偏重というスタンスが見え隠れする人でもあった。こうした報道番組の中枢を成す人が、あからさまに自民党の議員の応援や演説会に出向くのは、ちと問題ではとも、思ったりして。

まぁ、この討論コーナーを仕切っているものの、人の意見を途中で打ち切ったりと(政党や人物によって、偏りがある)、かなり強引な司会ぶりではあるのですが。(朝まで生テレビは、引き続き田原氏が出演するので、まったくみられなくなるわけではない)


小宮さんが、今後、同局の他の番組に出演する・・・と記事に書かれていたので
もしかしたら、サンプロに小宮さんが移籍するのでは?なって思ったりもします。



テレビ朝日は、ここ1年で、経費削減にすごく力を入れていますが。
同じく、経営が苦しいTBSとの大きな違い・・・

テレビ朝日はきちんと考えて、新しいものを打ち出しつつ、伝統は守りつつ、うまくやっている印象はあります。そもそもの局が時間をかけて創り上げてきた各番組の強固たるフォーマットがしっかりしているので、少々出演者を局アナなどに変えたところで、番組の質が落ちないということだと思うし、制作の人材も育っているのでしょう。

深夜のネオバラ2を撤退して、ランキングの帯番組をスタートしましたが、それも、その新しさが、意外と好評だったり。

深夜に帯ドラマ枠(ネオドラマ)や、連続ドラマ枠(金曜ナイトドラマ)を、他局に先駆けて、早くから設定したのも、先見の明があった。
伝統あるワイドショー「トゥナイト2」を打ち切ってまでも、深夜のバラエティを開拓して、育てた上でゴールデン昇進というモデルを確立したのも、テレビ朝日が先駆けだったし。スーパーJチャンネルも、最初の夕方2時間ワイドニュースとして、その後の夕方ニュースワイド戦争として、他局が追随したわけですしね。

逆に、水曜21時や木曜20時の刑事ドラマは、ずっと、伝統を守り、丁寧に作って、枠はしっかり固定するものの、作品は常にマンネリにならないよう、手を加えていたり。そうやって、固定客を逃さず、高視聴率が長年維持できている。また、時折放送される、スペシャルドラマの質は、民放でも群を抜いているクオリティーがあり、局のステーションイメージを大きく上げている。

そうした、過去の積み重ねがあるから、いまのテレ朝の安定があるような気がします。
いまや、フジ・日テレ・テレ朝が視聴率3強と言われるほどになったわけですし。


TBSは、そうした先を見据えていなかったツケがいまでてるのかも。
テレ朝のような、積み重ねがないため、まったく一からフォーマットを作らなくちゃいけないし、どうしても、他局に追随する・マネするような番組が多くなってしまう。
そのため、経費削減があからさまに番組の質・局のイメージに顕著に出てしまう。それに焦っているのかしらないが、最近、取材や番組姿勢での問題・事故が続発しているような気がしてしまいます。


まずは先を見据えて、基本をしっかり固めないと・・・
いまのTBSは、経費削減すればするほど、視聴率の低迷は続くのではと想います。



個人的に・・・
サンプロの11時台の特集、かなり筆者は評価していて。
この特集コーナーを、ひとつのレギュラー番組にしてみればいいのにって思ったり。
「検証報道」というジャンルの番組って、必要なのでは?
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-11 06:25 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

アメトーーク「やっぱり上戸彩芸人」
昨夜、アメトークを見ていて、

久々にアメトークで大笑いしました。

「やっぱり上戸彩芸人」(関根さんや南キャンの山ちゃんや岩尾さんたち)

あまりのくだらなさに、あきれる人も多かったんじゃ?
(上戸彩さんが出演している、あらゆるCMの細かいことまで、語りつくしていた)

最後、本人がスタジオに登場してたけれど、正直本人は、複雑な心境だったんじゃ?



ところで、この番組にもでてた
アンタッチャブル・山崎さんってほんと面白いですよね。
この人が出てる番組だと、まぁ、笑ってばかりだわ
この人の適当さ、適当なトークが、調子良さが、
あきれるくらい面白い!
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-05 23:52 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

報道ステーションは、報道番組なの?という違和感
報道ステーションについて、疑問を持っているのだが、

先日、千葉の女子大生殺害事件でのニュースをたまたま見ていました。

その中で、被害者女性がカラオケで歌っている音声を、写真・映像とともに流していた。(テロップでは、その曲の曲名とアーティスト名まで表示していた)
おそらく、その時いっしょにいた友人が録音していたのだろう。


この報道の姿勢ひとつとっても、ますます嫌悪感を感じてしまって。


報道番組としての姿勢をはるかに越えている演出になっているのでは?って。
演出頼りになっている・・・
報道ステーションは、そういうのが非常に目に付く番組ではある。


古館キャスターの、過度に不安をあおる伝え方、なんとなく知ったかぶりのコメントも、
違和感をずーっと感じているのですが、
いま一度、報道番組とはなにか?を考えてみたらと想うのです。


報道ステーションは、「報道の皮をかぶったワイドショー」
正統な報道番組としているものの、そのコメントや演出方法は、きょう伝えるべきニュースをワイドショー的な手法で伝えている部分が目に付くところがあって。

今回のことでも、被害者女性のカラオケの歌なんて、まったく必要ない。
どういうセンスをもたれているのか知らないけれど、理解しがたい。
単なる過度な演出でしかなくて、低俗なワイドショーと何ら変わらないのでは?と、想ってしまうのです。


前身のニュースステーションの場合、ニュースのワイドショー化の代表的な番組といわれたけれど
そのニュース自体を、ワイドショー的に伝えるのではなく、番組内で、ゲストとのトークとか、時にはアーティストが歌を歌ったりとか、久米さんのバラエティー的な言動、企画とか。そういうものを番組の中に取り入れたということだと想うんです。(たしかにダイオキシン問題とか、問題点もありましたが)

そこが、ニュースステーションと報道ステーションの大きな違いなのでは?って想います。

(あくまで筆者であるわたしが、ずっと感じていたことです。きっと報道ステーションのファンの方は、まったくちがう視点で見られていると想いますよ)


「報道ステーション」「総力報道!THE NEWS」「真相報道バンキシャ」
報道と名のつく番組がむしろ、本来の報道のあり方から、離れてて、ワイドショー的な、視聴者へ過度にあおる報道姿勢、演出頼りの番組内容という気がちょっぴりするんですよね。報道ならば、淡々と、きょう起きたことを伝えて、伝えなくちゃいけないことをしっかり客観的に伝えることが、まず最初に求められているのでは?
[PR]
by broadcast-press | 2009-12-03 23:19 | 報道・ニュース
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧