メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:ドラマ ( 74 ) タグの人気記事
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

救命病棟24時
「救命病棟24時」
最終回2時間10分スペシャルを見終わって・・・
なんとも不完全な終わり方をするなぁって思っていたら、

「この冬にスペシャル放送決定」のお知らせが。

年末まで、話をひっぱるのかい!!
と、ちと突っ込みいれたくなったけれどね。


僕は、いままでのすべてのシリーズを見ています。
前シリーズの、震災編は別として、今回のシリーズは、全体的にシンプルで、淡々としてたなぁって印象があります。放送回数が少なかったのもあるのかもしれない。


ところで、今回のシリーズで、思うこと。

進藤先生(江口洋介)のような、現在の救命医療の中で、過重労働でも、労働環境がシビアでも、休むことなく、医者として、平等に患者を診ていく、「すくえる命を見棄てるのは犯罪だ」という主義・姿勢。けっきょく、周りの救命医たちは、自らや家族を犠牲にして、限界はピークを超えて、結果的に、思い詰めてビルから転落する救命医までてしまう。(最初のシリーズだったか、渡辺いっけい演じる救命医が、過労死してしまったが、このシリーズで、またしても・・・)


澤井先生(ユースケサンタマリア)のように、現実主義・合理主義で、救命医にも限界があるし、救命医の犠牲者をこれ以上出さないためにも、緊急搬送の患者の拒否もいとわない。救命医療の崩壊を食い止めなくちゃいけないことがまず大事という主義・姿勢。けっきょく、患者はたらいまわしになることもある。


どちらが、正しいか??

今回のドラマを通して、僕は不思議と、進藤先生よりも、澤井先生に感情移入することが多かった気がします。

プロ意識というのは、仕事上絶対必要ではあります。
医療という世界ではなおさら、失敗は許されない厳しい世界。
ただ、誰もが進藤先生の水準までこなせるわけではない。
理想は大切だけれど、それで、医師がへたってしまったら、もともこうもないわけで。

最終回から、次のスペシャルにおいて、
どう、いまの救命医療崩壊を、組織的に改善していくのか。
救命改革機構の理事になった、澤井先生の活躍の可否かが、おそらく大きなテーマになるんだろうね。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-24 23:08 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「救命病棟24時」凝縮しすぎて物足りない
江口洋介さんのバイク事故の影響で、放送開始が1ヶ月遅れた「救命病棟24時」
おそらく、放送回数は少なくなったのだろう
いいドラマだけに、凝縮しすぎて、展開が慌しく、どうも物足りない。
もっと、話数を増やして、2クールくらいで、じっくりと描いてほしかった。
ドラマが取り上げているテーマ「救急医療での医師不足と過重労働」はいいのだから。
各登場人物が、救命救急になじんでいくまでの、あらすじを描いていたらそのままラストにたどり着く・・・そんな慌しさ。

それときになったのが、江口演じる進藤医師の影が薄い回が何回か見受けられること。

「おまえ、それでも医者か?」

進藤先生のこの定番セリフ(かな?)も、もっと聞きたいような気がした。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-16 06:46 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK土曜ドラマ 再生の町
再生の町
NHK土曜ドラマの最新作。全5回。

デパートの店員だった駿馬(筒井道隆)。デパートの閉店で、失意の中、実家のある街に戻り、亡き父と同じ、市役所の職員になる。波風立てず、静かに働きたいと思っていたが、転職後すぐ、市の財政破綻が発覚、 駿馬は財政再建プロジェクトチームに任命されてしまう。予算削減という命題の中、プロジェクトチームのメンバー(南果歩、岸部一徳、段田安則ら)と、時に反発しながらすすめていく。住民への情も、非情にならなくてはいけない。(老朽化した団地で不便しいられている高齢者にも、建て替え計画中止を決断しなくてはいけない・・・)

しかし、自分の利権を守るために、メンバーと対立する、市議会議長の権藤(近藤正臣)が、最大の敵として立ちはだかる。財政破綻しても、市民が困ろうとも、大規模ニュータウン建設を推し進めようとしている。駿馬の父とはかつて、対立した因縁がある。

その2つの間で板ばさみになり苦悩する市長(吉田栄作)


そんな構図のドラマ。
実際、ありそうな、いや、あるだろうストーリーでしょうね。
これから、すごく熾烈な戦いが繰り広げられる、まさに重厚なドラマ。
市役所、行政を描くというのは、新鮮でもある。


つい、見入ってしまいました。
こういう、地味でまじめなドラマも、派遣のオスカルのようなテンポよいコメディも、職場を描いたドラマも、NHKらしいなって感じました。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-02 23:43 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて
NHK金曜ドラマの最新作。全6回。
漫画「ベルサイユのばら」にハマっている派遣社員の勝子(田中麗奈)は、正社員にいじめられ、仕事をよこどりされ・・・格差を感じながら、仕事している。そんある日、会社に社長ジュニア(徳井義実)が、乗り込んできて、とことんコストカットしていく。派遣切りで、勝子の信頼していたシングルママの同僚が、まっさきに切られ・・・勝子は、堪忍袋の尾が切れて、こころに「オスカル」が宿り、ベルサイユのばらの世界といまの自分が、混同して、オスカルになりきってしまい、ひとり、大革命を起こすべく、社長室に乗り込んでいく!画面も、ドラマそのものと、漫画「ベルサイユのばら」の実写的な画像が交互に映し出される

そんなオフィスコメディー的な、ドラマ。NHKの金曜ドラマらしい=かつての「よるドラ」らしい。
とても見やすく、たしかにいまの社会情勢をタイムリーに描いている。

ひとつ気になったのは、このドラマ、とにかくカット割り・・・場面がコロコロ変わる。本当に、ストーリーがぐんぐんすすむ。ドラマ自体が、とても漫画的である。これは制作者があえて意識しているのだろうかな?

とにかく、これからも、田中麗奈は、たびたび「オスカル」にヘンシンしていくのでしょうね。

徳井さんとやりあっているとき、ついオスカルそのままのセリフがでてしまって、「何ゆうてんねん!」と徳井さんに突っ込まれる。それはなかなかおもしろかった。
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-29 18:30 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

コールセンターの恋人はレガッタの低視聴率記録を破るか?
テレビ朝日金曜21時枠のドラマ。
ABCとの共同制作枠としてのドラマが多いこの枠、今回も両局の共同制作であろう。

この枠、先枠の「必殺仕事人2009」、先々枠の「ギラギラ」でなんとかひと息ついたものの、それ以外の歴代の、どのドラマも低視聴率であえいでいる魔のドラマ枠となっている。


この枠の、ある意味伝説的なドラマ「レガッタ」は
平均5.4%、最低視聴率4.3%。早々と打ち切られた。

コールセンターの恋人が、この最低視聴率の記録、破るかもしれないと、個人的にふと感じている。ちなみに第3話で、5.6%に・・・


ドラマの出来がいいのかどうかは、あえて言いませんが、
低視聴率だからか、第4話の番組のテレビコマーシャルに、「このドラマを見ると豪華プレゼントがあたります」というようなテロップが付けられて、なんだかドラマの安売りセールになってるのが、悲しくなってくる。テレビ局の都合とはいえ、小泉くんやミムラさんをはじめ、出演者も、情けなくならないだろうか?


内容もぶれている。タイトルを見れば、ラブストーリーのようだが、第4話の予告では、通販のサスペンスというような紹介の仕方。回ごとに、ドラマのコンセプトがガラガラと変わっていってる。


かつての、悪しきテレ朝ドラマを彷彿とさせる、なにやら安っぽいドラマ。
最近のテレ朝がこういう作品を作るとは考えにくいので、
きっと、ABCがいけないのだろうなぁ。経費削減で、ムーブを打ち切ったりしたくらいですから。無理してドラマ作っている感が否めないのです。
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-29 06:49 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー
ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー
7月からのフジテレビ月9ドラマ。1話と今夜の2話、見ました。はい。
とっても「ベタ」な(いい意味で)月9の王道を行く恋愛ドラマ。社会人バスケットボールチームが舞台。
山下くんと北川景子さんっていう2人は、僕の中では、他のドラマでの印象が希薄だからだろうか、純粋にこの役に2人ともハマっている感覚で見れている。
新鮮なのは、相武紗季さんが、表と裏のある女性・菜月を演じてること。彼氏の山下くん演じる直輝の前での、やさしい彼女(女の子)の顔と、タバコ吸ったり、他の男と遊びで一夜を過ごしたり、山下のことを陰で悪口言っている裏の顔がある。この菜月の存在があるから、ドラマがごく平凡で単純な恋愛ドラマになっていないのかもしれないな・・・

直輝のチームのバスケット試合中、偶然知り合った直輝の試合を見に訪れた北川演じる莉子が、大声で「しっかりしろ!」と直輝に向って叫びっまくって、試合を止めてしまうくらい・・・それで、発奮して直輝がシュート決める。ほんとにベタな展開だなぁって。

ところで、バスケットって、そんなに女性に人気あるスポーツなのかな?ちょっとだけマイナーだから、かえってドラマの素材としていいのかもしれない。月9で以前、キムタク主演で放送してた「プライド」ってドラマを思い出してしまった。それも、「アイスホッケー」っていう、どちらかといえば、マイナーなスポーツが舞台だったもの
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-22 07:07 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

水曜劇場・橋田壽賀子ドラマ・となりの芝生はライバル多すぎ
木曜9時枠を、水曜劇場として水曜9時枠に移動したことは、やはり無理があります。
裏のテレビ朝日は、このクールに「新・警視庁捜査一課9係」。定番の人気シリーズ。コンスタントに10~15パーセントの視聴率を取っている。
裏のテレビ東京は、水曜ミステリー9の流れを汲んだ「水曜シアター9」今月はサスペンスの新作を集中放送。

たとえ、橋田壽賀子ドラマであっても、視聴率は一桁台と苦戦中。
今後も回復は見込めないだろうな。

ドラマを見ていて、やはりこの設定、この言葉遣いに、若い人はもちろん、それ以外の人でも違和感を感じる人が多いはず。橋田先生自体が、「日本の美しい言葉・敬語を大切にしたいから」と、あえて、ドラマの登場人物の多くが「敬語」を話させている。そのポリシーはポリシーで、かまわないけれど、このドラマについていける視聴者は、どうしても限られるだろう。

主人公の瀬戸朝香演じる若い主婦、その出来たばかりのマイホームに、いびりまくる姑(泉ピン子)が転がってくる。

小さいこども2人が、テレビを見ていたら、「ニュースに変えなさい」と、強引に怒り出す。
子供が、「ちゃんと約束して時間をきちんと守ってみているのに、なんであとから強引に・・・」と反抗して。孫と姑が喧嘩になる。孫2人は、姑に反発しまくる・・・

その間で、瀬戸朝香は板ばさみ。夫は非協力的で・・・

ホームドラマというのは、ある意味老若男女が、すんなり入っていけるものがいいのでは?と思いますが。
これは、さすがにハイっていけません。ストレスが溜まりそうだ。
泉ピン子だからこそ、リアリティがあるのか(笑)

このとなりの芝生で、数字がまったく取れなかったら、渡る世間は鬼ばかりの新シリーズも、不安が出てくるだろうなぁ。少なくとも、枠を木曜日に戻すことも考えるかも?
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-09 06:06 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

日曜劇場「官僚たちの夏」
TBS日曜劇場「官僚たちの夏」

なんだか、プロジェクトXの連続ドラマ版みたい・・・って印象だったけれど。昭和30年前後、こういうまっとうな官僚の人たちがいたんですね・・・それにしても、出演者が豪華。ロケやセットも、かなりお金をかけて、当時の時代の街並みや建物を再現していた。ほとんど番宣やCMを見かけなかったので、正直、こんなスケールの大きいドラマだったのかって、驚きもあった。

きょうの初回は、国民車構想のストーリーだった。「あけぼの自動車」が、必死で開発した国民車。でも、アメリカとの関係で、その計画を押しつぶそうとする力もある中で、開発を進めていく・・・

佐藤浩市演じる官房総務課長を中心に、堺雅人、高橋克実、船越英一郎、高橋克典らが演じる官僚が、新しい日本を作り上げていくというストーリー。

自動車会社の社長役が、蟹江さんだったでしょ。蟹江さんがナレーションされている「ガイアの夜明け」と、どうしてもイメージを重ねてしまった。

もうひとつ、思ったのが、克典・克実というW高橋が競演してたのが、妙に気になったけれど(笑)

きっと、団塊の世代の人にとっては、気になるドラマなんだろうな。
(ただ、こういう作品を作っても、昨今のTBSって、枠のコンセプトの統一性がまったくないから、きっとこのドラマが終わったら、まったく枠の共通性のない、アイドルとかが主演の薄っぺらいドラマに繋がるんだろうな。このドラマの枠の前ドラマ「ぼくの妹」のような。

せっかくこの時間、この枠で定着した視聴者を、離しちゃうんだろうなって気がする。ずっと、大人向けの社会派のドラマを、この時間続けていけばいいのにね。本来の「日曜劇場」は、40歳代以上の人の視聴に耐えうる、社会派ドラマ・ホームドラマを放送してきた枠だと思うから。地方局が持ち回りで制作してた単発ドラマだった時代から)

こういうきちんとしたドラマが、次に続かないところが、TBSテレビのコンセプトや理念が大きくブレまくっていることを物語っている。「ドラマのTBS」復活は、そこなんです。枠のコンセプトを統一すること。


いま、官僚って、「天下り」という言葉とセットになって、耳にすることが多いですが、このドラマのような熱いハートを持っている官僚が、いまの官僚すべてがそうだったら、もっといまの日本がいい国になっているだろうに。


しつこいくらい番宣しなくても、いいものは数字がついてくる。むしろしないほうが、ドラマの世界を保つことができる。


逆に、しつこいくらい番線するドラマは、内容がさっぱりだからってものが多いし、ドラマのイメージを逆に壊しかねない。キムタクのドラマは、そういう点でマイナスになったと思う。
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-07 06:21 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~ テレビ朝日のドラマクオリティーとは?
、「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~」を、ぐーっと見入ってしまった。これこそ、作りに作りこんだ作品でしょうね。各事件の表現は弱めで、あくまで、捜査の過程と、関わる人々の人間ドラマ、人間の裏側にいたるまでを、丹念に深く描いていた。

これほど、大物俳優が、たくさん出演している豪華なドラマとなると、どうしても、「この大物が、こんな端役を・・・」という違和感を感じることも多いのだけれど、このドラマに至っては、すべての人物設定がしっかりして、俳優さんが、適材適所に配されていたので、違和感がなかった。ただ、これだけみんなが熱演してた中で、端役で鳥越俊太郎さんが出演してたのだけが、どうしても違和感があった。ドラマの最初と最後に、主要の出演者が、八兵衛はどういう人だったかをインタビュー形式で語るという、変わった構成でもありました。

主演を演じた渡辺謙さんや、相棒の高橋克実さんの演技ももちろんだけれど、殺人を、嘘のアリバイでごまかし否認し続け、最後の最後に油断して発した一言でアリバイが崩れ、落ちた容疑者を演じていた萩原聖人さんの、取調室での迫真の演技はちと驚いたくらい。この人、こんなに演技力のある俳優さんだったっけ?ってふと思った。

三億円事件に入ってから、八兵衛が退職し亡くなるまでが、いくぶん間延びした感じだったのがちょっとだけ残念だったけれど。こういう重厚かつ、映画並みのスケール感の広いドラマ、テレビ朝日って本当に上手ですよね!きっと、ずっと、記憶にも、記録にも残る作品になるでしょう。テレ朝のドラマクオリティーといいましょうか?ここ数年、大型のスペシャルドラマを積み重ねて、きちんと確立してきたということでしょう。ステーションイメージを大幅に上げることにも成功している。

視聴率も、第2夜は20パーセント越えの高視聴率。
きちんとドラマを作れば、大人のドラマも、きちんと数字を取れることを証明している。

最近のTBSとは、対照的な気がします。
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-23 06:42 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

こち亀のドラマ版キャスティングはこれでいいの?
香取くんは両さんにあらず!?


公私ともに、非常に忙しく
とりあえず、きょうの日記は短く。
近況などは、また週末落ち着いたら書きます。


7月から、TBSでテレビドラマ化される「こち亀」
両さん役が香取慎吾、中川がもこみち、麗子さんが香里奈、大原部長は伊武雅刀・・・

みなさん、どう思います?作品の世界をぶち壊さないでほしい気が強いんだけれど。かなりこのキャスト、微妙だわ。変にイメージや設定を変えるくらいなら実写化しないほうが・・・


僕は率直に思う。

両さんは、ラサール石井でいいじゃない。麗子さんは森尾由美でいいじゃない。寺井さんは、林家正蔵さんでいいじゃない。アニメ版の声優だった人をそのまま実写で出演させたほうが、まさにこち亀の世界をストレートに表現できる気がする。ちなみに、中川くんは、どう考えても、京本政樹しか考えられないや。声優じゃないけれど(笑)


ラサール石井は、両さんの父親役で出演するそうだ。うーん。

香取くん、本当に角刈りにするのかな?しないとだめじゃない?
中途半端な髪型じゃ、両さんのイメージぶち壊しだし。
角刈りのカツラなんかにするんなら、スマスマのコントみたくなるしね。

後日、ラサール石井さんがインタビューで、「原作者から主演のオファーがあったものの、辞退した」と語っていた。私がゴールデンタイムの主演なんて・・・というのが理由だそうです。うーん、忠実に原作を実写するのであれば、石井さんが適任なんだけれどな。作品のクオリティーをとるか、目先の視聴率や広告収入を取るか。テレビ局の見識が問われるところだと思うんだけれどな。
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-20 07:05 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧