メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:フジテレビ ( 38 ) タグの人気記事
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

救命病棟24時
「救命病棟24時」
最終回2時間10分スペシャルを見終わって・・・
なんとも不完全な終わり方をするなぁって思っていたら、

「この冬にスペシャル放送決定」のお知らせが。

年末まで、話をひっぱるのかい!!
と、ちと突っ込みいれたくなったけれどね。


僕は、いままでのすべてのシリーズを見ています。
前シリーズの、震災編は別として、今回のシリーズは、全体的にシンプルで、淡々としてたなぁって印象があります。放送回数が少なかったのもあるのかもしれない。


ところで、今回のシリーズで、思うこと。

進藤先生(江口洋介)のような、現在の救命医療の中で、過重労働でも、労働環境がシビアでも、休むことなく、医者として、平等に患者を診ていく、「すくえる命を見棄てるのは犯罪だ」という主義・姿勢。けっきょく、周りの救命医たちは、自らや家族を犠牲にして、限界はピークを超えて、結果的に、思い詰めてビルから転落する救命医までてしまう。(最初のシリーズだったか、渡辺いっけい演じる救命医が、過労死してしまったが、このシリーズで、またしても・・・)


澤井先生(ユースケサンタマリア)のように、現実主義・合理主義で、救命医にも限界があるし、救命医の犠牲者をこれ以上出さないためにも、緊急搬送の患者の拒否もいとわない。救命医療の崩壊を食い止めなくちゃいけないことがまず大事という主義・姿勢。けっきょく、患者はたらいまわしになることもある。


どちらが、正しいか??

今回のドラマを通して、僕は不思議と、進藤先生よりも、澤井先生に感情移入することが多かった気がします。

プロ意識というのは、仕事上絶対必要ではあります。
医療という世界ではなおさら、失敗は許されない厳しい世界。
ただ、誰もが進藤先生の水準までこなせるわけではない。
理想は大切だけれど、それで、医師がへたってしまったら、もともこうもないわけで。

最終回から、次のスペシャルにおいて、
どう、いまの救命医療崩壊を、組織的に改善していくのか。
救命改革機構の理事になった、澤井先生の活躍の可否かが、おそらく大きなテーマになるんだろうね。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-24 23:08 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「救命病棟24時」凝縮しすぎて物足りない
江口洋介さんのバイク事故の影響で、放送開始が1ヶ月遅れた「救命病棟24時」
おそらく、放送回数は少なくなったのだろう
いいドラマだけに、凝縮しすぎて、展開が慌しく、どうも物足りない。
もっと、話数を増やして、2クールくらいで、じっくりと描いてほしかった。
ドラマが取り上げているテーマ「救急医療での医師不足と過重労働」はいいのだから。
各登場人物が、救命救急になじんでいくまでの、あらすじを描いていたらそのままラストにたどり着く・・・そんな慌しさ。

それときになったのが、江口演じる進藤医師の影が薄い回が何回か見受けられること。

「おまえ、それでも医者か?」

進藤先生のこの定番セリフ(かな?)も、もっと聞きたいような気がした。
[PR]
by broadcast-press | 2009-09-16 06:46 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

桑田佳祐の音楽寅さん「声に出して歌いたい日本文学」
今夜の「桑田佳祐の音楽寅さん」

とても印象的な30分でした。

テーマは、「声に出して歌いたい日本文学」

文豪の代表的な作品・・・文学の言葉の美しさを
桑田佳祐風にアレンジして、曲にして歌ってしまった!
曲もさることながら、映像も、よく出来てたなぁ。

「智恵子抄」「人間失格」「我輩は猫である」「たけくらべ」「蟹工船」などなど。それを、ロックだったり、バラードだったり。詩(文章)はそのままに、よく上手に曲をつけて、桑田さんのものに出来たなぁって。

なかなか面白い企画でした。

と、いうのと同時に、そうした作品を、僕が以前読みふけってたときにね、その文章に曲をつけて歌ったら、おもしろいだろうな・・・って思ってたんです。

それが、現実になったってことが、さらに面白くて。


個人的には、「智恵子抄」の切ないメロディーがいいなぁって思いました。
もちろん、以前、「東京に空がないという・・・」って文章に、自然と曲をつけて、メロディーにしてたなぁって思い出した。

桑田さんは、そうした日本の文豪たちへのオマージュを、十分果たしてるんだなぁって、ふと感じました。



きょうのこの曲、すべてCD化したらいいのにね。
きっと、もう、この文学作品は、権利も切れてるだろうから、可能のような気がします。
[PR]
by broadcast-press | 2009-08-03 23:45 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー
ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー
7月からのフジテレビ月9ドラマ。1話と今夜の2話、見ました。はい。
とっても「ベタ」な(いい意味で)月9の王道を行く恋愛ドラマ。社会人バスケットボールチームが舞台。
山下くんと北川景子さんっていう2人は、僕の中では、他のドラマでの印象が希薄だからだろうか、純粋にこの役に2人ともハマっている感覚で見れている。
新鮮なのは、相武紗季さんが、表と裏のある女性・菜月を演じてること。彼氏の山下くん演じる直輝の前での、やさしい彼女(女の子)の顔と、タバコ吸ったり、他の男と遊びで一夜を過ごしたり、山下のことを陰で悪口言っている裏の顔がある。この菜月の存在があるから、ドラマがごく平凡で単純な恋愛ドラマになっていないのかもしれないな・・・

直輝のチームのバスケット試合中、偶然知り合った直輝の試合を見に訪れた北川演じる莉子が、大声で「しっかりしろ!」と直輝に向って叫びっまくって、試合を止めてしまうくらい・・・それで、発奮して直輝がシュート決める。ほんとにベタな展開だなぁって。

ところで、バスケットって、そんなに女性に人気あるスポーツなのかな?ちょっとだけマイナーだから、かえってドラマの素材としていいのかもしれない。月9で以前、キムタク主演で放送してた「プライド」ってドラマを思い出してしまった。それも、「アイスホッケー」っていう、どちらかといえば、マイナーなスポーツが舞台だったもの
[PR]
by broadcast-press | 2009-07-22 07:07 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ~いい加減紳助頼りはやめるべき。
日本ルー列島!の低視聴率で、時間帯を再び20時に戻し、企画リニューアルしたのが

「ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ」(フジテレビ系)

司会は、相変わらず島田紳助と、ネプチューンの名倉潤。これにお天気お姉さんだった皆藤愛子さん。
内容は・・・

本音の殿堂芸能人達は、島田紳助は、日本国民の本音(ホンネ)の気持ちをどれほどわかっているのか? 今、世間を賑わせているさまざまな事象をテーマに国民アンケートを実施し、各世代を代表した今旬な芸能人たち総勢15〜20名が、国民のホンネ(本音)を予想していきます。その答えをきっかけに、島田紳助が、芸能人のホンネ、日本国民のホンネを掘り出し、暴き、斬りまくり、番組内で最もみんなの心に響いた、爆笑!感銘!の一言をホンネの“殿堂入り”させていきます!
日本国民のホンネから今のニッポンの意外な姿が見えてくる爆笑トークバトルバラエティ。


だそうでうす。正直見る気にもならない。あまりに平凡な企画。
今週においては、なんと「ヘキサゴンファミリー総出演」だとか
もう、ナニがなんだかわからない。

いっそのこと、ヘキサゴン番外編とか、別冊ヘキサゴンというタイトルにでもしたほうが、いさぎよいのでは?

筆者は、島田紳助という司会者を、あまり評価していない。
たしかに、ゲストをいじる手腕は秀でている。
でも、あまりに氾濫しすぎて、どれもいっしょ。
なおかつ、あまりに島田紳助の出演者いじりで、本来の番組の趣旨がほとんどなくなってしまう。
行列のできる法律相談所なんて、最近、ほとんど相談してないし。ヘキサゴンだって、もうクイズなんかどうでもよくなっている。正解を答えることを競うのではなくて、いかにおもしろいおばか回答し紳助にいじられるか・・・これじゃ、クイズじゃないしね。おばかを競う番組です。まったく違う趣旨の企画が目立つ。本来の内容じゃなくて、紳助のゲストいじりが、ほとんどを占めてしまっている・・・

もういい加減、島田紳助に頼るのはやめたらいい。テレビ局も。
どれも、似たり寄ったり。これじゃ、視聴者は食傷ぎみで、どれも共倒れする。いつかは。
本筋の内容がおざなりだと、きっとあきられるのも早いはず。
ただ、島田紳助って人はそれもよく変わっているから、すぐに手を変え品を変えて、なにかプロデュースしたりして、次々、新企画を出していくのだろうが。

そういうあざとさが、筆者の島田紳助嫌いに繋がるのかもしれません。

ただ、番組の趣旨をきちんと放送し続けてる「開運!なんでも鑑定団」だけは、見ていますが。
[PR]
by broadcast-press | 2009-05-15 21:24 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「恋めし」のパスタ、ゆり子さんと吉瀬さん、どちらが食べたい?
石田ゆり子さんの「納豆ブルーチーズパスタ」
吉瀬美智子さんの「ジンジャーバスタ」

「5LDK」って番組内の「恋めし」(恋人に作ってあげる勝負メニュー)ってコーナーの、先週と今週。偶然、パスタが続いたわけだけれど。

うーん、美味しいのかなぁ。
ゆり子さんのパスタ、味の想像がつかないや。TOKIOの国分くんが食べていたけれど、けっこう微妙な感じの顔してたような・・・あくまで僕が思うに。

パスタの世界は奥が深いね。


2人それぞれのお部屋の写真を紹介してたけれど、なるほど、それぞれらしいなぁって想った。ゆり子さんは、本好きなので、白い作りつけのかわいい書棚を最近、壁に作ってもらったそうで、ぎっしり本が並んでいた。

吉瀬さんは、屋上に「カフェミチコ」を作って、テーブルとチェアーに青いクッションを置いて、気持ちよいオープンカフェにしてた。



余談だけれど、「サラリーマンNEO」シーズン4も、毎週楽しみに見ていますが、吉瀬さんは、出演されないのかな?シーズン3で吉瀬さんが演じてた「変な感じの係長」のコント、毎回すごく好きだったのにな。ドラマでのキャラクターとは正反対だし(笑)
[PR]
by broadcast-press | 2009-05-01 21:18 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

フジテレビ・木曜劇場「BOSS」
ドラマ「BOSS」
ずーっとね、天海さんと竹野内さんの組み合わせ、どっかでみたことあるよなぁ・・・っていうのが気になって。想い出せなくて。ドラマの終盤で思い出した。そうだ、トーヨータイヤのCMでいっしょだったっけ・・・これですっきりした。(どうでもいいことなんだけれど)犯人役の武田鉄矢さんと、天海さんとの、取調室でのやりとり、(時計の時間を変えて、爆破時刻をだましたっていうの)どこかのドラマでも見たことあるような筋書きだなぁってちょっぴり想った。それにしても、出演者みんな、ぴったりキャストとはまっている。配役が上手い。

なかなかおしゃれで、テンポのよいドラマ。天海さんの魅力を十分に引き出していると想います。
[PR]
by broadcast-press | 2009-04-17 06:14 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

2008年のドラマを振り返って
テレビドラマの1年
ことし、きちんと見続けたドラマ
「篤姫」
やはりナンバー1。とてもとても面白かった!大満足でした。いままでの大河ドラマの中でも、完成度が高いし、視聴者層が幅広い大河も、最近にしては特筆すべきかも!幕末の歴史の勉強にもなりました。
「風のガーデン」
いろいろ考えさせられた作品。こういう大人のドラマを作ったことが評価できる。倉本ドラマのファンというわけではないので、またも富良野が舞台なんだなぁ・・・って感じはしたけれど。緒形さんの存在感が大きかった。主人公の中井貴一さんを完全に食ってしまってた
「Around40~注文の多いオンナたち」
軽いラブコメディーとして、素直におもしろいドラマでした。
「ゴンゾウ」
刑事ドラマとして、斬新な切り口。主人公のゴンゾウ、メンタル面で病を抱えている設定からして新鮮。つい最終回まで見続けた。続編もあるのだろうか?内野さん、もっとこれからもいろんなドラマで活躍してほしいな。「風林火山」効果だけじゃなくて。これからも
「小児救命」
ふーむ。こういうテーマを取り上げたのはすばらしいけれど、やはり雑な作りがちょっとだけ目立った気がした。特に最終回に近づくにつれ、いかにも!っていうストーリーになってしまった(テレビ局が病院に押しかけるくだりとか)
「ラストフレンド」
登場人物それぞれのキャラクターが明確だったので、わかりやすいドラマだった。錦戸くんの演技が印象的だったし、DV受けてもまだ、彼のところに戻ってしまう長澤まさみさんの役に、ちとイライラしたけれどね。
「ハチワンダイバー」
なんとなく、見ていた気がするな・・・
「ジュデーム・私はけもの」
芦名星さんの、どこかエキゾチックな佇まいの雰囲気と、コールガールの役がよく会っていた。大人のドラマとして面白かったです。BSデジタルのドラマ(BSフジのオリジナル連続ドラマ)だけれど、とてもクオリティーが高かったと想います
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-30 22:20 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

全日本フィギュア選手権とボクシングWBCフライ級タイトルマッチ
全日本フィギュアスケート選手権、みなさんご覧になった?
私、毎年必ず真剣に見る人なので、年末の大きな楽しみ。

日本選手の技術の高さには、目を見張ります。


ショートで1位だった中野選手。普段、もっとも安定した演技をされる人でも、やはりフリーではガチガチに緊張して、ミスを続けてしまう・・・つくづく、フィギュアスケートって、技術以上に、精神面によるものが大きいのだなぁって、改めて想いました。

こと、1位の浅田真央選手、安藤選手、村主選手、中野選手、武田選手、鈴木選手。上位の選手と、それ以外の選手との差がとてもあるんだなぁってことも、とても感じましたね。浅田選手3連覇。やはり浅田選手の本当のライバルは、日本にはいなくて、お隣の国にいるということが、改めて想わされた。真央ちゃんは、すごいわ。

安藤選手、練習のときに村主選手とぶつかったことがとても残念。4回転ジャンプ見たかったな・・・美しくも激しい戦い。その2つの局面があるからこそ、人々はつい注目してしまうのでしょうね。


金曜日のWBCフライ級タイトルマッチボクシング中継。
とても面白かったです。あんなに撃合いのボクシングタイトルマッチ、久々にみた気がします。(クインチが少なかった)見ていてすがすがしい気持ちになる試合。チャンピオンも挑戦者山口真吾選手も、正々堂々と戦っていた。

そして、勝利して防衛したチャンピオンの内藤大助選手の、あの腰の低い、低姿勢な態度。勝利者インタビューで「だめだぁ~オレ」僕は思わず笑ってしまった。でもきちんと相手選手に駆け寄り、丁寧に挨拶したり。そんなとにかく謙虚であり、ファンを大切にして、相手の選手も称える姿勢は、見ていてここちいい。

この試合見ていると、数年前の亀田フィーバーは、いったいなんだったのだろう?って想った。やっぱり、人間性がダメならば、どんなに強くてもダメです。あのころ、僕はそう想ったもの。


五輪の柔道見ていて、あまりに外国人選手がポイント稼ぐだけの柔道に徹していて、一本投げのような試合が少ないのが、どうもすっきりしないでしょ?ボクシングも、きちんと撃合って、柔道もきちんと投げて。そんな試合、見ている分にはきもちいいですよね
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-28 22:19 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「風のガーデン」最終回
風のガーデンの最終回まで見終えて、
いろいろ考えさせられることもありました。

最終回、貞美の死をどのように描くのだろうか?と感心を持っていましたが、直接的に亡くなるシーンは描かなかった。

このドラマは、貞美のガン告知から死に至るまでの葛藤を中心に描きたかったのではなくて、その周りの人々の人間味とか優しさとか、そういう純粋なやさしさ、そして、倉本氏の大好きな富良野の街やガーデンの花々を絡ませて描きたかったのだなってことを、僕は感じたりした


最近のドラマとは違い、抑揚のない、本当に普通のごく普通の中にある、人々の姿、感情を、淡々と描いた。

こういうドラマ、やはり本当はもっともっと求められているのだと想います。(視聴率も高かったし)


ある番組で、山田太一氏が、昨今の連続ドラマに対して苦言を行っていた。
昨今の視聴者は、ドラマで「うっぷん晴らし」したい。それができるドラマしか造らない・・・たしかにそうですよね。うん。

風のガーデンの枠、次はその山田太一さんの脚本「ありふれた奇跡」がスタートする。続けて、偉大なドラマの脚本家の方たちの作品が見れるのはうれしい。(それがフジテレビというのが、不思議だけれど。本来はTBSがそんなドラマを作ってきたようなきがするんだけれどな)

僕は、倉本さんの作品よりも、山田さんの作品のほうを、いままで熱心に見てきた気がします。岸辺のアルバム(もちろん、再放送で)とか、ふぞろいの林檎たちとか。
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-18 23:11 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧