メインホームページ
最新の記事
フォロー中のブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:BS朝日 ( 7 ) タグの人気記事
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

BS朝日「うたの旅人」~池上線~
朝日新聞「be」に連載されている「うたの旅人」がBS朝日で、テレビ化された。
今月スタートの新番組「うたの旅人」
1時間、ひとつの「歌」の誕生のドラマ、歌詞の世界を辿り、旅をする1時間。

第2回は、「池上線」。

東京大田区、東急池上線沿線を、1975年に歌い大ヒットした西島三重子さんが旅する。
当時の雰囲気を残す沿線や駅を訪ね、列車に乗り、当時の思い出やこの歌の真実を紐解いていく。

この曲は、純愛の曲か、不倫の曲か、歌詞で登場する駅はどこの駅か?この曲のファンの間で、
ずっとずっとあれこれ語られてきた。

それを、番組では明らかにしてしまった。(作詞をした佐藤さんを、山形に訪ね、インタビューで明かしていた。当時付き合っていた彼女が池上線沿いに住んでいた。その彼女との別れの時も、池上線にのって。これは、西島さん自身も、この詩の裏側を知らなかった)


とても切ない曲ですよね。池上線。
もう、あなたと池上線に乗ることは無いのね・・・そんな若い2人の別れの曲
沿線のノスタルジックな情緒を挟んで、詩の世界はどんどん広がっていった。


番組は1時間。うた1曲の世界を描くにしては、ちと長いかな?と思ったりもしたが、
旅番組としての要素として、当時走っていた電車の、現在の行き先とかも取材。
また、作詞した佐藤さんの「詩の真実のドラマ」を、並行して伝える手法で、意外と1時間うまくまとめていたと思います。


曲のセレクトにもよるでしょう。
この池上線のような、70年代の歌謡・フォークソングなんかは、なかなか面白いのでは?
青春時代の思い出を馳せる団塊の世代の人向けがいいのでは?

逆に、第一回の「千の風になって」、次回の「かあさんの歌」
ちと優等生っぽい曲のセレクトは、入り込めない人もいるかもしれない。

ちなみに、ナレーターは渡辺美里さんです!
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-21 07:37 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「しあわせロハス」サイクリングの楽しさ提案
きのうの「しあわせロハス」(BS朝日)
http://www.bs-asahi.co.jp/lohas/index.html
をみていて、ふっと自分にそれを問いかけてしまった。と、いうのも、今回は「サイクリング」がテーマだったから。SHIHOさんが、自転車を趣味にしている女優の北川えりさんといっしょに、青山や表参道あたりをサイクリングしていた。まずは、おしゃれな自転車屋さんで、SHIHOさんの自転車を選んで、乗り方をレクチャー、そして2人で街乗り。インテリアショップやカフェが並ぶ青山の裏通りを走りつつ、みつけた日本茶のカフェに寄り道。カメラで写真を撮りつつサイクリングは続く・・・という内容。自転車を楽しむこと、ロハスであり、身体にもいい。そんな自転車ライフを提案してたのですが、見ている僕も、すごく楽しんでしまって。おしゃれな高級自転車ほしくなったもの(北川えりさんの愛車は、めっちゃかっこよかった。チェーンもピンクのシルバーで)


もっと自転車でおしゃれをして、風をきって走る。
やはり身体とこころをすっきりさせるいい運動でもあるし、街をもっと好きになる方法でもあるし、好奇心を掻き立てるアイテムとなるのが自転車って気がします。

僕も、自転車は休日によく乗ります。平日も都心を仕事場の自転車乗って走ることがあります。
休日のとき、けっこう遠出もしますが、自転車を楽しむという意識はあまりしていない。ただ、目的地へ向うことだけしかなくて。だから、自分の愛車のメンテナンスもほとんどしていない。もうちょっと自転車に乗っているんだぞ!っていうことを意識したら、違った楽しみ方できそう。季節のいいときは、極力車には頼らないような暮らしにしたいものだわ。


広島の都心は、比較的自転車にやさしい街のような気がします。川が多いのを逆手にとって、サイクリングが楽しめる専用アンダーパスを比較的整備しているので、信号待ちせず、南北へ移動できたりする。ただし、駐輪場が少ないから、SHIHOさんのように気軽にカフェを見つけたからといって、すぐ止められることは案外難しいかもしれない。

春は、「自転車+カフェ」を実行してみるぞ!SHIHOさんのように

僕の場合、まずは、先週パンクしてしまったわが自転車の修理に出すことが先決なのだが(笑)ブレーキパッドも変えなくちゃ。気が付いて、よーく自転車見てみると、あれこれ気になることが出てきた。でも、自転車屋さんまで、遠い・・・


自転車は、こころにも、身体にも、自然にも、やさしい。
まさに、ロハスな乗り物なのかもしれないね♪
[PR]
by broadcast-press | 2009-02-02 23:46 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「渡辺篤史の建もの探訪」の魅力
水曜日、シルシルミシルって番組を見てて
「渡辺篤史の建もの探訪」の篤史さんの「褒め言葉」のお初は?
というのをやっていた。

建もの探訪、そもそも放送開始直後って、いまの狭小住宅のお宅拝見番組じゃなくて、日本の名建築をめぐる旅番組だったんですね・・・20年前の初回放送では沖縄の小学校を訪れていた。そこで、初回放送から、なんにでも褒めまくっていた(郷土の食べ物とか、学校の児童にとかにも)

シルシルミシルで「褒め言葉のファンタジスタ」って紹介されてた篤史さん。
これほど、褒め言葉を連発する、そして嫌味もまったくない人も、めずらしい。


「いやいやいや~」「いいねぇ~」
そんな篤史語録、僕でも、すぐ頭に浮かぶ。それ以上に、専門的なインテリア用語も、すぐ出てくるし。紹介するお家、ご家族、ペットまで。すべてにプラスの言葉がぽんぽん出てくる

僕も長いこと、「建もの探訪」って良く見てるけれど、モダンで機能的なお宅紹介以上に、篤史さんがやはり主役であり、見どころなんだろうな・・・改めてそう思えた。

(ちなみに、雑誌「月刊ダヴィンチ」には、作家万城目学氏が、篤史さんを考察した「今月の篤史」ってエッセイを連載されている。篤史ファンが多いってことだね)

自分がこころから感動したりして、自然と出る褒め言葉・・・褒めることって、すてきなことだし、そうあるためには、やはり感受性豊かで、人間的に穏やかで好奇心もっておきたいものです・・・



シルシルミシル、おもしろい番組だけれど、これは、「トリビアの泉」をベースとしてるね。きっと。よく似てるもの
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-14 05:53 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

「小堺一機のすぅいんぐ人生」 羽田美智子さんのいう、色鉛筆に例えた生き方
BS朝日の「小堺一機のすぅいんぐ人生」に、羽田美智子さんがゲストで出演していた


そのときの言葉。


歳を重ねるごとに、内面の豊かさを身につけて、輝く人になりたい。

若いときの魅力って、色鉛筆で例えたら、

12色くらいしかなくて、でも原色ばかりでとても綺麗で。

それが、歳を重ねていくにつれて

24色になり、40色になり、象牙色とか、黄土色とか、

名前のわからないような中間色がたくさん増えていって

そういう色を増やしていって

ある年齢になったとき

わぁ、こんなに色が増えたんだ!という人になりたい

自分なりの色鉛筆が増えたと・・・


人生の深さを色鉛筆にたとえるところが、おもしろいし、なかなか深い意味を持っているなと。ふと感じました。

羽田さんって女優さんが好きで、いつもニコニコしてて、のんびりしてて、いい意味で、単純な雰囲気ですよね。20種類以上の趣味をこなす・・・いや、やめてしまったってエピソードも披露していました。自身のことを「思い込み人生」と評していたけれど、ここちよい生き方、ここちよい単純さにそれらがつながっているのだろうなと。そんな気がしました


その番組で、羽田さんは「休息」について語っていた

本当の休息・OFFとは、何もしないことだと。
何かを欲するまで、トイレすらいかない。水すらのまない
一箇所に座ったまま、すべての身体を休み
本当にたいくつになるまで。


それが、はじめて身体を休めたことになる。
行動をおこしたくなるまでやすませないと、
本当の休息にはならない。

休みだから、本を読まなくちゃとか、
友達と会わなくちゃとか、
病院いかなくちゃとか・・・
それは細胞という細胞まで休息したことにはならない

そういうことを、羽田さんは友人から教えられて、
実行して、ずいぶんラクになったそうです。

ふーむ。なるほどな。と、想いました。



と、いうことで、きょう日曜日、私はずーっと部屋にいました。
めずらしく閉じこもってみた。
ただ、あれこれ部屋の中でしたがるのはどうにもならないな。


ステレオの新しいケーブルを接続したり。
録画したハードディスク内の番組みたり。
本を読んだり。音楽聴いたり。掃除したり。観葉植物に水やったり。
窓からの写真を撮ったり。

しまいには、読む本を求めに、駅ビルの本屋まで出向いたりした。
文庫本を2冊買って。

こういう1日、本当に身体が休息しているのだろうかな?
[PR]
by broadcast-press | 2008-09-07 06:56 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

しあわせドキュメント・結婚までの1週間
BS朝日の新番組「しあわせドキュメント・結婚までの一週間」を、偶然見ました。花嫁さんと花婿さん、そしてお互いの両親たちの結婚式までの1週間を密着取材するというもの。高橋克実さんがナレーションしている。人の結婚式なのに・・・つい私までもらいなきしてしまった。だめですね。こういう類の番組って。ま、僕は誰の結婚式に出席しても、涙ぐんでしまう性分なんだけれどね。(花嫁さんの婚礼衣装のこと、結婚式の費用のことなんかもわりと紹介してたから、きっと、これから結婚式をあげたい人の参考にもなる番組ですね)

花嫁のお父さんは、ずっと8ミリカメラで娘の成長を撮りつづけていた。結婚式や番組内でも、その映像が流されていた。いいですよねー。僕がもし親ならば、きっとビデオカメラでたくさん撮り続けるでしょう。お父さんの気持ちって判る気がする。花嫁さんは、花婿さんのことを、お父さんと似ていたから・・・といってた。そういうものなのでしょうね・・・

しあわせドキュメント・結婚までの1週間
http://www.bs-asahi.co.jp/wedding/index.html
毎週木曜21:30~22:00。日曜18:00~再放送
BS朝日
[PR]
by broadcast-press | 2008-04-08 05:57 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

トウキョウリラックス 「トウキョウカフェ白書2008」
こんばんわ。きょうも1日おつかれさまでした。
午前中、病院に行くために時間を空けて。意外と早く終わったので、いつも行っている、デパートの中の理髪店へ。かなり髪を伸ばしていたのですが、あすから3月、春らしくとおもって、思い切って短髪にしました。かなりイメージも変わったでしょうね。前髪を上げると、なんだかいいことがありそうな・・・昔から、そういうジンクスを持っている
午前の分、午後は忙しい時間になったけれどね。


昨夜、僕が毎回欠かさず見ているBSの番組
「トウキョウリラックス」(BS朝日)
http://www.bs-asahi.co.jp/tokyo/index.html

今回は、「トウキョウカフェ白書2008」という特集をされていた

トウキョウのカフェの最新トレンドをあれこれ紹介。

部屋×Cafe 
「アストラルランプ」(渋谷)

6つの部屋のあるカフェ。書斎、和室、寝室、子供部屋・・・おもいおもいに、この6つの世界でゆるりと過ごす。どれも面白い!ハンドメードフードも興味ある



漬物×Cafe 
「昼行灯 ろびん」(神楽坂)

都会の中の古い家を使ったカフェ。出てくるのは、スイーツではなく、なんと漬物。10種のお漬物と番茶で過ごすカフェ。もちろんケーキも「奈良漬チーズケーキ」ちなみに、夜は赤提灯ろびんに変身


豆 ×Cafe 
「カフェ バッハ」(台東)

本格的なカフェ。お湯の温度は82℃、注ぐお湯の太さは3センチくらい。それより大きかったら、薄く、細かったら濃く。僕もそれを意識して作って見よう


そして、日本のカフェの元祖

「カフェパウリスタ」(銀座)

芥川龍之介やジョンレノンらも訪れていた名門カフェ。創業100年を越えた、風格あるカフェ

そうしたカフェを紹介していました。
どれも、とてもとても興味深い。

カフェって。奥行きの広いというか間口が広い業種です。いろんなことが出来る。可能性がある。おもしろい世界なんですよね。この番組みてて、もっとそう思えるようになった


この番組で、最もすきなコーナーが「トウキョウタイムレスデザイン」というコーナー。コモエスタ八重樫さんが、ポラロイドカメラを片手に、時間を越えてもモダンで美しいトウキョウの建築物を訪れて、その魅力を発見していく。今回は、あの「カフェアマンド霞町店」へ。まだ、あの印象的なピンクの装飾をされたお店が残っていたんですね!!ちょっとびっくり。八重樫さんは、夢中で、ポラロイドで店内の写真をパシャリ。ぜひ、今度東京行くときに、訪れたいものだわ

毎回、八重樫さんが撮影したポラロイドの写真を、MCのいとうせいこうさんと、水野美紀さんと、雑誌ブルータスの編集長が見ながらトークしていく。

なんだか、僕と感性が近い世界を追究してるところが好きなんですよね。このコーナー。いや、この番組。


きょうもありがとうございました。
3月も、みなさんにとって、やさしい時間が流れていきますように
やさしいこころで、笑顔で、そしてここちよく

それでは、おやすみなさい
[PR]
by broadcast-press | 2008-02-29 23:10 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

しあわせロハス
「しあわせロハス」という番組で、自由が丘を紹介していた。司会をしているモデルのSHIHOさんと、ゲストの田中律子さんが、ぶらり自由が丘を歩いてて。そこで、モデルの雅姫さんのお店にも訪れていた。1階は、シンプルな服や雑貨、2階は子供服。まさにロハス的な佇まい。自然な空気が流れていた。季節ごとに、美しい花柄の包み紙をオリジナルで作って、それを、商品を入れるラッピングボックスにも使っている。花柄のやさしいハコが、白いアンティークな医療棚にたくさん綺麗に並んでいた。雅姫さんいわく、「箱から商品を出した後も、ずっと箱を使ってもらえるように・・・」そんな心配りが、このショップの人気を支えているのでしょうね。「自分の家に招く感じで、片意地はらないで訪れてもらえるお店」をテーマにしているそうだ。だから、自宅で使っているアンティークでシンプルな雑貨や、花などが、店内にレイアウトされていた。雅姫さんの、ここちいい生活が、そのままストレートに感じられる場所ですね・・・(その後訪れた、フェアトレードのお店、その理念に同感してしまいました。最後に訪れた和カフェも、行ってみたい!)

僕は、「ソトコト」って雑誌を、時々買うのだが、実をいうと、その雑誌くらい、「エコ」「環境」「ロハス」にやさしい生活をしなさい!活動しなさい!と力いれてやることはないと想っている。僕が出来るのは、そんな理念じゃなく、ただただ、シンプルで、着飾らず、やさしい生活。服も、食事も、インテリアも、雑貨も、そしてなにより、生き方も、シンプルで無駄なく、それでいて凛としている。誰もがここちよい生活。だから、わたしの部屋も、白い壁、フローリングの茶。植物の緑。本とテレビとテーブルがおいてある。そんなものです。観葉植物を季節で植え替えて、花も季節によって変えて。(写真は私の部屋のスナップ。こんな感じ)



自由が丘って、雑貨や、輸入文具や、家具の街というイメージだったが、ほんと、ロハスな街にも、なってるんですね。一度いって見なくちゃね。

番組の内容はこちらで
http://www.bs-asahi.co.jp/lohas/lohas.html
[PR]
by broadcast-press | 2008-01-22 21:57 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧