人気ブログランキング |
NHK紅白歌合戦をレビューする
ずいぶん新しい形にしたいと、この3年で、いい意味で、しっかり改良が加えられたような気がします。

もちろん、構成や演出でね。

こども紅白、紅白のテーマソング、そして、サプライズ。
過去にあった、応援合戦のような、時代にあわない無駄なものごとを、排除して、歌の力を全面に押し出したことが、成功していると想います。


すくなくとも、紅白の質は、向上していると想います。

ただし・・・

出場歌手の選考は、もうすこし考えたらいいのに。

あの、メンバーが仲間割れしてる「東方なんとか」、礼すらせず、さっさと引き上げたメンバーもいて、ものすごく態度悪かったですよね。ああいう人を選ぶべきじゃないし、本人たちも辞退すべきでした。

どうしてこの人が選ばれるのか・・・
わからないアーティストが多すぎる気がしましたよ。


矢沢のエイちゃんが登場しましたね。
僕の予想通りでした。

2曲を歌って、気持ちいいコメントを残し、颯爽と去っていきました。
ふと、この人の登場をみて、昔、紅白に長渕剛が出演して、他の歌手の3倍以上の時間をつかって、延々と歌い続けて、他の歌手が痛烈に批判してたことがありました。それがちと頭をよぎったけれど、やはり矢沢さんは矢沢さん。そういうことがなくて、見てて気持ちよかったですよね。こういう大物ゲストにありがちな、他の場所で歌うのではなく、きちんとNHKホールで歌っていたし。きちんと紅白歌合戦に敬意を表したコメントも良かった気がします。


それにしても、そりゃ、白組強いですよ。
エイちゃんに、今年の大河ドラマの主役、清四郎くん・・・
ちと、連敗がつづく、赤組の司会・仲間さんが気の毒です。


録画していた、紅白の裏番組の、「絶対に笑ってはいけないホテル24時」を、これから見るのが楽しみです。
by broadcast-press | 2010-01-01 06:28 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< 箱根駅伝症候群 輝く日本レコード大賞をレビューする >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧