人気ブログランキング |
絶対に笑ってはいけないホテルマン24時
シリーズ7作目(大晦日~元日の放送は4作目)となる、絶対に笑ってはいけないシリーズ。

今作「絶対に笑ってはいけないホテルマン24時」は、シリーズ最長となる6時間となった。

まぁ、これだけ時間が長くなると、全体的に、中盤からは間延びした印象が強かったけれど。こんな人が、こう扮装してこういう役で出てくるのか!というのが、この番組のもっとも笑える部分なのだが、最初、ホテルに向うバスでの道中で、かなりそれが出て、笑いのピークにきてしまったかな?と感じた。

特に、大地真央扮する「林家マー子」と、デビュー当時に扮した森昌子には、びっくり。
大地さん、ほんとうによく似ていた。あの笑い方もふくめて。

映し出されるテレビでも、ジミー大西と、政治・社会について対談してたのが、あの大谷昭宏氏。
この人がバラエティー番組に出るのは最初で最後じゃ?なんて想ったりする。ただ、ジミーさんが出てた2つの場面、あまり笑えなかったなぁ。

5人は、仕事らしい仕事はせず、待機する部屋にいる時間が長すぎたように想います。


ミュージカルでは、お決まりの「梅宮夫妻」

そして、楳図かずお、蝶野正洋さんなどなど、笑ってはいけないシリーズの定番のキャストも。

私、この番組を6時間見ていて、なんだかスーパーマリオブラザースを連想させられた。

いろんな仕掛け、いろんなキャストが、ダウンタウンら5人を笑いで仕掛けて、5人のお尻をたたかせようとする。ホテルの地下だったり、宴会場だったり、バス路線だったり、いろんなステージを進んでいって。

さて、視聴率も16パーセント前後をとったのですから

きっと、今年の大晦日も、おなじフォーマットで作られることでしょうね。
ただ、苦情電話は、きっとまたたくさん鳴るのだろうな。
少なくとも、森三中・大島さんが出てる以上は(ホテルのサウナで、上半身裸で登場してた)
by broadcast-press | 2010-01-11 23:19 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< ルビコンの決断「前代未聞の商店... ドラマ「筆談ホステス」 >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧