サラリーマンNEOの見方
勤労感謝の日に、「サラリーマンNEO シーズン2」を朝から夜まで10時間半ぶっ続け放送という特別番組をやっていた。NEOファンには、たまらない1日になったでしょうけれど、私は仕事でしたので、見ることが出来ず、録画していたのですが、この前の週末、どうも疲れすぎて眠れなかったので、夜明けまで6時間ぶっ続けて見たんです。
その感想といえば・・・
やはり「サラリーマンNEO」は、ぶっ続けで見たほうが、おもしろいなぁってこと。ほら、シリーズモノのコントの連続性がよーくわかるから、なおさら面白さが増す。「セクスィー部長」や「アンジェラアキのパロディ」のコント、「大河内透の恋愛ブログ」は、初期と後期でこまかいところで変化があったってことがわかるし、おもしろさが倍増する。10時間放送の、最後の30分は、お蔵入りしたたくさんのコントのうち、数本を初公開の放送
その初公開コントの後、「なぜ、放送しなかったのか」を、わざわざ説明するナレーションが入っていた。「コント中、主人公の2人が、定食屋で食べたお代を払わずに店を出たのが、引っかかった」とか、「細かいセリフがスタッフの手違いで、間違えていたから」「食品偽装を風刺したコントだったのに、編集してたら、あっという間に時代遅れになってしまった」とかとか。まさに、NHKらしい理由です。ここまで徹底してたとは。とはいえ、きょう放送したけれど。この未公開コント版の30分間の前後に、案内役で登場した、「コントを読む」(NHK「きょうを読む」のパロディ)でおなじみ、初老の解説委員役キャラに扮した沢村一樹さんが、「僕の出演していたコントで、お蔵入りになった作品が3本もあるのに、今回1本も放送されなかった!」と、最後はスタッフに切れてしまったのが非常におかしかったけれど(笑)


先週の金曜日、ミュージックステーションに「東京事変」が出演していた。「閃光少女」を歌っていたのだが。林檎嬢、テレビで見るたび、印象がころころかわる。きょうは、グラビアアイドルみたいに、かわいい装いだったですね。「閃光少女」シングルとして発売はされない(DVDかネット配信で発売)ので、けっこうこうしてテレビで見れるのは貴重なのです
[PR]
by broadcast-press | 2007-11-30 23:39 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

<< エフエムななみの予定、きょう開... きょうで放送休止・FMななみ >>

テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧