タグ:NHK ( 47 ) タグの人気記事
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK「あなたが主役 50ボイス」はコロンブスの卵のような番組
4月にスタートした、NHK総合テレビの毎週木曜日の午後11:00~11:30の番組。

「最近した一番の贅沢は?」
「思わず泣いてしまったことは?」
「一番うれしかったことは?」
「いま一番食べたいものは?」
などなど、シンプルな質問を1つ、50人にひたすらぶつけてみるという、シンプルな番組

今夜の放送は、
前半の25人は・・・結婚式場にて。ドレスや婚礼衣装を着た花嫁さんに質問したのは

「いまきがかりなことは?」

25人(組)の花嫁、いや新婚さんも、さまざま。アラフォー同士の新婚さんや、職場にナイショで結婚した2人とか。不安など、さまざまな本音が次々でてきて。それらをとなりや後ろで聞いている新郎の複雑そうな表情もおもしろい。

後半の25人は・・・東京駅の長距離バス停で夜、バスを待っている人に質問したのは

「ガマンしていること」

さまざまな年代の方たちの、ちょっとした悩み、苦労、人生のドラマが垣間見える。海外から実家に帰る途中の人、現在ご病気している人、派遣切りに合った人などなど。短い時間だけれど、それぞれの人へのインタビューで、その人たちのドラマがそれぞれ展開する。

バラエティーじゃなくて、これはドキュメンタリーといえる気がします。


それらのVTRを、MCの春風亭昇太さん(笑点の大喜利でおなじみ)と、小池栄子さん。
この2人が、VTRをじゃましない、ちょうといいバランスで、コメントする。(声だけのときと、小さいワイプで顔だけ登場するとき、VTRが終わったとき、和室に座る2人の画面と、3パターンがある)
しんみりしたときは、しんみりしたコメント、突っ込み入れたい人のときは、適度に突っ込み入れる。
この2人のVTR中の50人へのコメント、なかなかいいと思います。


この番組、ある意味、コロンブスの卵みたい。
定点で、人にインタビューするだけのシンプルな番組
だれしも、考えそうだけれど、1つの番組として作ることはなかった。

所さんの「笑ってコラえて」が
似た番組かもしれないけれど、こちらは、無駄に多いゲストのトークも長いし
かなりあれこれバラエティー用に装飾してしまっている。


シンプルで無駄のない構成だからこそ、
本当の人間のドラマが見えるもの。

番組の一番のコンセプトは何か?
それをしっかりわかってて、
それ以外の無駄なものをくっつけないから、
いい番組ができる。

そのいい例ですね!
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-11 23:58 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK金曜ドラマ「ツレがうつになりまして。」
その昔、よく見ていたNHK「よるドラ」(月~木曜の夜放送してた夜の連続ドラマ・大人の女性向けのいい作品を放送してた)の流れを汲んだ枠

典子(てんさん)を演じる藤原紀香さんと、 明(ツレ)を演じる原田泰造さんの夫婦。不思議と、このドラマの紀香さんは、とてもかわいらしい感じですね。素の紀香さんらしい、自然体っぽくって。うつにかかったツレを励まそうと、おどけて歌を歌ったり・・・

丁寧に作られてるドラマだと思います。(原作のコミックは、さらっと読んだくらいだけれど)放送回数が3回と、短いけれどね。こういう夫婦の形というのも、いいのではないかな?そして、うつというものは、誰しもかかるものである、身近なものだということを、改めて思わされた。


紀香さんと泰造さんの夫婦役、なかなかはまってていいですよね。
どことなく紀香さんが強くて、泰造さんはまじめで弱くて。
そのバランスがいいと思うのでしょう。

以前、紀香さんとぐっさんが夫婦役で、引越し会社が舞台の連続ドラマを見てて、あぁ、紀香さんとぐっさんは、すごくお似合いの夫婦だなぁって、感じたの思い出した。このドラマでも、紀香さんが夫をひっぱっていて、夫はこころやさしくて。紀香さん、芸人と結婚するのならば、泰造さんとか、ぐっさんのような人ならよかったのに・・・と、ふと思った。
[PR]
by broadcast-press | 2009-06-07 23:15 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

大河ドラマ「天地人」第1回
大河ドラマ「天地人」のこと、書きそびれたので、ここで書きます。
視聴率、篤姫の初回視聴率を上回ったそうです。
でも、きっとこれは、篤姫効果。篤姫を楽しみに見つづけていた女性層が、次の大河はどんなものだろう・・・という感じで見た人が多かっただけのような気がします。

ただ、篤姫とはちがう。戦国時代の戦いや男の生き様というようなストーリーが基本ですし。おそらく、第2回は、そうした篤姫視聴者層の多くが離れてしまうかな?いや、月9ドラマが何本も作れそうな、イケメン揃いだから、それで人気引っ張れるかも?

個人的には、なかなかおもしろかったですよ。最初から、妻夫木くんたちが登場する必要はあったのかどうかは、ちと疑問だけど。あの秀吉を見てしまうと・・・兼続を演じた子役の子の演技力もなかなか。直江兼続って、さすがに詳しく知っている人も限られているだろうから(僕は、「愛」という文字のついた兜を被った武将っていう知識しかなかった)、ストーリー・結末がまったくわからないのが、プラスに働いていくでしょう。篤姫といっしょで。兼続が終生仕える景勝との絆が、やはり、このドラマのメインになるのでしょうね。

愛を重んじ、義を貫く

まさにいまの現代に忘れかけていること。このテーマの大河、ぴったりかもしれない

ひとつ思ったのは、やはり篤姫でつかんだ視聴者層を、引き続き逃さないように・・・と思えるような点がいくつかあった。大河ドラマなんだけれど、若い人とか女性が見やすいように、いくつかの点でマイルドにしようとしてる。

ドラマが終わった後の予告も、来週の予告だけじゃなく、ずーっと先の展開まで追って見せていた。こんなにいま大人気の俳優が、これから続々でますよ!とPRしてるとしか思えない(笑)特に女性の視聴者に向けて。
[PR]
by broadcast-press | 2009-01-05 07:00 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

大晦日のテレビ「NHK紅白歌合戦」「東急ジルベスターコンサート」
大晦日は・・・

夜はやっとおちつけたので
紅白歌合戦をみて、のんびり。
(紅白がはじまる前までは、リビングのテレビは「年忘れにっぽんの歌」が流れていた)
紅白の時間は、仕事とかなかったら、なにもせず、じっとテレビの前で過ごすことにしているので。ケータイ審査員にもなっていましたし。

ふーむ、ずいぶんシンプルな紅白になったな。ことしは特に。
じっくり歌を聴かせる紅白のテーマ通りでした。

ミスチルはどこで歌うのだろうか?もしかして北京五輪のスタジアム?などと思ったりしてたけれど。予想は外れました。「おふくろさん」無事歌うことできましたね。はるな愛・イッコーの応援、美川さん、うっとうしくなかったのかなぁ・・・とか、あれこれ思いながら見てたかな?楽屋裏の様子を中継したりしてたのは斬新だったけれどね。セクスィー部長も、やっぱり登場。そして、きちんと、氷川くんが歌っているときに、携帯で投票しました。ゲストもいろいろ出演してましたね。他局のアナウンサーとか。ただ、「篤姫」あおいさんは、出演しなかったね・・・


そのあと、東急ジルベスターコンサートの生中継を見ながら、年を越しました。今年は、小曽根真さんのピアノでしたね。この番組が、もっとも2009年になった瞬間(きちんと演奏していた曲が0時0分に終わるよう、計算して生演奏しているのがすごい)が華やかで、新しい年を迎えたなぁって気持ちになるから。アカルイ気持ちになるし。番組内では、荒川静香さんがステーティングしてたりしてた。いい番組だわ。
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-31 23:50 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

2008年のドラマを振り返って
テレビドラマの1年
ことし、きちんと見続けたドラマ
「篤姫」
やはりナンバー1。とてもとても面白かった!大満足でした。いままでの大河ドラマの中でも、完成度が高いし、視聴者層が幅広い大河も、最近にしては特筆すべきかも!幕末の歴史の勉強にもなりました。
「風のガーデン」
いろいろ考えさせられた作品。こういう大人のドラマを作ったことが評価できる。倉本ドラマのファンというわけではないので、またも富良野が舞台なんだなぁ・・・って感じはしたけれど。緒形さんの存在感が大きかった。主人公の中井貴一さんを完全に食ってしまってた
「Around40~注文の多いオンナたち」
軽いラブコメディーとして、素直におもしろいドラマでした。
「ゴンゾウ」
刑事ドラマとして、斬新な切り口。主人公のゴンゾウ、メンタル面で病を抱えている設定からして新鮮。つい最終回まで見続けた。続編もあるのだろうか?内野さん、もっとこれからもいろんなドラマで活躍してほしいな。「風林火山」効果だけじゃなくて。これからも
「小児救命」
ふーむ。こういうテーマを取り上げたのはすばらしいけれど、やはり雑な作りがちょっとだけ目立った気がした。特に最終回に近づくにつれ、いかにも!っていうストーリーになってしまった(テレビ局が病院に押しかけるくだりとか)
「ラストフレンド」
登場人物それぞれのキャラクターが明確だったので、わかりやすいドラマだった。錦戸くんの演技が印象的だったし、DV受けてもまだ、彼のところに戻ってしまう長澤まさみさんの役に、ちとイライラしたけれどね。
「ハチワンダイバー」
なんとなく、見ていた気がするな・・・
「ジュデーム・私はけもの」
芦名星さんの、どこかエキゾチックな佇まいの雰囲気と、コールガールの役がよく会っていた。大人のドラマとして面白かったです。BSデジタルのドラマ(BSフジのオリジナル連続ドラマ)だけれど、とてもクオリティーが高かったと想います
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-30 22:20 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

大河ドラマ「篤姫」最終回
人のしあわせとは、地位や名誉、まして財産などではなく
気の置けぬ、友や家族とともに過ごす
おだやかな日々の中にこそあるのだと思っておる。

この世とは、むなしいこと、つまらぬことなど一つとしてない
誰もが天命・果たすべき何かを持って
生まれてくるのだから


大河ドラマ「篤姫」が最終回を迎えました。
もちろん、私も見ました。はい。
泣きました。ウルウルでした。

上の言葉、最終回のラストシーン近くで、篤姫こと天章院が、勝海舟に語った言葉。ドラマでの、最後の篤姫のセリフ。

なかなか印象的で、うなずける言葉ですね。



まさに、ちょうど1年前、大河ドラマ「風林火山」の最終回の時も、このように日記にまとめの感想を書いて、次の「篤姫」への期待を綴った。ただ、これほどまでに、高視聴率をとって、全国的にブームになるとは予想していませんでした。

僕は、大河ドラマって、いままで武将モノを好んで見ていたので、こうして幕末モノ、そして女性が主役のドラマは、正直特に期待していなかったのですが、やはり宮崎あおいさんの演技力がすばらしかった。そして、すべてにおいて、適度に収めたバランスのよいドラマだったなって思います。だから、若い女性から年配の方まで、幅広く見られたのでしょう。篤姫と小松帯刀との関係も、過度なラブストーリーにしなかった、すがすがしいものにしたのもよかったし、大奥での女の戦いのようなものも、適度に、ある種心地よくキリッと描いてたから。無血開城・その後の明治に入ってからの篤姫も、もっと見たい気がしたけれど、やはりドラマのクライマックスは「無血開城」となるので、そこを最後のピークにするのもしかたないかな。

思いのほか、若い女性にも人気で、篤姫みたいな女性になりたいと思う人が多かったそうです

1年前の日記では、篤姫よりも、むしろ、その次の「天地人」の方を楽しみに期待していた。(ある意味、「天地人」は、「風林火山」の続きのストーリーとなるドラマ)

篤姫で、これだけ高視聴率を出されると、次の天地人の妻夫木くんはプレッシャーになるかもしれないけれど、期待しています!

風林火山では、ガクトが謙信だったけれど、天地人では阿部寛が謙信。
やっぱり、2人にイメージの差があるなぁ・・・(笑)
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-14 23:39 | ドラマ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK紅白歌合戦のケータイ審査員に登録
NHK紅白歌合戦のケータイ審査員に登録しました。(テレビに電話線を繋いでいないので、データ放送のデジタルTV審査員はできない)きっと、12月31日は、「紅白歌合戦」を見ているだろうから。
「年忘れにっぽんの歌」「格闘技」「ダウンタウンのガキ使」「ドラえもん」・・・いろいろ裏番組もあるけれど、やっぱり紅白になっちゃうかな。
[PR]
by broadcast-press | 2008-12-01 23:03 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHK「トップランナー」ゲスト宮崎あおい
「トップランナー」に、宮崎あおいさんがゲストで出演していた。もちろん、いよいよクライマックスになる「篤姫」の話が盛り上がったわけですが、その中で、彼女はこんなことを話していた

「撮影中、私はもっとも長く現場にいるのだから、みんなを迎え入れて、送り出していくことも、一つの役割だと思って」

そうして、現場のみんなとの雰囲気つくりをすごく大切にされてきたんだってことがよくわかります。実際も、篤姫のような感じなのだなって。(堀北真希さんから手紙いただいて、「やさしく迎え入れてくれたことがとてもうれしかった」と書かれてたそうで、そのことを、あおいさんは、「自分のやってきたことは間違ってなかったし、そのことがとても幸せです」と語っていた)


すごく、印象的な言葉。「迎え入れて送り出すこと」
仕事でも、このホームページでも、仲間とのことでも
いまいちど、そうありたいものです。迎え入れて、最後はここちよい気持ちでお互いが送り出すことができたら。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-26 07:03 | バラエティ
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

紅白出演者決定
紅白の出場者が決まりましたね
もう、そんな時期なんだ・・・
ミスチルって、初出場だったんだね。
水谷豊さんも出るんだね。
きっと、「右京さん」の応援で「亀山くん」も登場することでしょう
できれば、中継なんかしないで、NHKホールのステージでみんな歌ってほしいな。やっぱり紅白なんだから。
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-25 22:00 | 紅白・年末年始特番
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ

NHKハイビジョン「サラリーマンNEOシーズン3一挙放送」
NHKハイビジョンで、「サラリーマンNEOシーズン3一挙放送」をやっていましたよね。朝7時から夜6時まで。出来ることなら、見たかったけれど、とりあえず、秋までの放送で見ること出来なかった回10本+蔵出し新作コントを絶対見たくて、録画して、夜遅く見だした。

昨年も書いたけれど、サラリーマンNEOは、コントの連続性の関係で、いっきに見たほうが、何倍も面白いと思う。
意外と、最後まで続かなかったコントもあったり、逆に後半からスタートしたコントもあったり。吉瀬さんの「変な感じの係長」のコントはけっこう笑えました!田口さん演じる「大河内透」さん、果たして、結婚できるんだろうか?その結末は、クリスマススペシャルにでも放送されるのだろうな・・・

セクスィー部長、紅白に出演するんだろうか?
[PR]
by broadcast-press | 2008-11-23 23:55 | BSデジタル
★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック。ぜひ投票お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ 広島ブログ


テレビ(地上・BS)、広島の放送局・番組改編、広島の街コラム
by broadcast-press
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧